在宅透析とは?在宅透析のメリットや注意するポイント

在宅透析とは?在宅透析のメリットや注意するポイント画像

腎疾患の人にとって透析は欠かせないものです。
そのために時間を作り病院に通う必要があります。
ですが、その時間を軽減するための放ほとして在宅透析があります。
在宅透析のメリットと注意点についてまとめました。

qplaea4awa25 7 views 2019年4月16日

在宅透析とは?

透析は腎疾患を持つ人にとっては欠かせないものです。
病院に通って行う透析と在宅透析はどう違うのか見ていきましょう。

腎不全が進行し、腎機能が正常の10%未満まで低下した場合、一般的には病院や診療所で血液透析治療が行われています。しかし、週3回の通院は身体的・精神的負担や時間的拘束によって、大きな負担となっています。 引用元:茨城県立中央病院 | 在宅血液透析とは

在宅血液透析(HHD:home hemodialysis)は、医師の管理の元、患者さん御自身が自宅で血液透析を行う治療方法です。自宅で好きな時に十分な量の透析を行うことができ、生活の質の向上と予後の改善が期待できます。 引用元:在宅血液透析について|診療案内|品川ガーデンクリニック 通院透析在宅血液透析内科泌尿器科訪問診療

通常の透析は週3回、病院に通院して1回4時間(最低基準)行います。
働き盛りの人がこれだけ身体的にも時間的にも拘束されるのは大変です。
その負担を減らす方法が在宅透析と言えます。
病院で行う場合は医師の管理のもと行われますが、在宅透析は患者本人もしくは介助者が専用の機器を扱って透析をします。

医療技術の進歩により、自宅で血液透析を行う在宅血液透析(以下HHD)が可能となり、近年は全国的に普及が進み、自分のライフスタイルに合わせて治療が出来ることから,QOL(生活の質)の向上が図れるようになりました。 引用元:茨城県立中央病院 | 在宅血液透析とは

実は、この治療法は伝統のある治療法です。約30年以上前から、多くの患者さん、医師をはじめとした医療従事者の方々の努力で育まれてきた治療法です。 引用元:在宅血液透析について|診療案内|品川ガーデンクリニック 通院透析在宅血液透析内科泌尿器科訪問診療

30年以上も前からあった方法ですが、ライフスタイルの多様化やQOL(生活の質)を向上させるためなどの理由から普及するようになってきました。

在宅透析の大きなメリット

では在宅透析のメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
時間や身体の拘束がなくなる以外にもあるのか見ていきましょう。

■生活リズムに合わせて透析ができる

自分の生活スタイルに合わせ、自由に透析スケジュールを組むことができる。
・時間的制約がないため、社会復帰(就業・家事・育児・趣味)は容易である。  (透析可能な時間帯については相談) 引用元:在宅透析|透析について|医療法人社団 にれの杜クリニック

在宅透析を導入することで、正社員としてフルタイムの仕事に復帰できたというケースも。家族と過ごす時間やプライベートの時間を確保しやすくなるでしょう。 引用元:在宅透析の導入を検討されている方へ|治療のメリットやデメリット、クリニックの選び方とは?

先ほども触れましたが、時間を確保して病院へ行く必要がなくなります。
そのため、プライベートや仕事との折り合いがつけやすく、働き盛りの年代には特に大きいメリットといえるでしょう。

■食事制限を緩めることができる

「毎日透析していることで食欲が上がり、食事制限も必要でなくなりました。以前はタンパク制限があったので、食事前にはリン吸着剤を飲み、肉類を減らし、低タンパクの特殊食を使っていました。今では、家族と同じメニューを食べています」 引用元:在宅透析のご案内 | 社会医療法人財団 石心会 さやま腎クリニック

「以前は、制限内でタンパクを摂るなら唐揚げや肉類を食べたかったので、大豆製品とか納豆を食べる機会がありませんでした。でも今は、朝食に『卵かけご飯に納豆』なんてチョイスも出来る。これまでの数十年を振り返ったら、超贅沢な食生活です! 完全な普通食になり、食事が楽しみになりました。でも気が緩むと限界がなくなるので、プチ贅沢を楽しんでいます」 引用元:在宅透析のご案内 | 社会医療法人財団 石心会 さやま腎クリニック

腎臓は体の中でろ過装置的な役割を果たしています。
そのため、食事に制限をかけざるをえないのです。
それを緩めることができ、好きな物を食べやすくなるというのは精神的にもとても楽になります。

■透析の回数や時間を調整しやすくなる

最大のメリットは、十分な量の透析を行えるので予後の改善が期待できることです。透析は十分な時間をかけ、「緩徐」かつ「しっかり」と行う必要があります。

自宅では自由な時間に透析ができるので、より十分な透析を行い易いといえます。 引用元:在宅血液透析入門|在宅血液透析について|診療案内|品川ガーデンクリニック 通院透析在宅血液透析内科泌尿器科訪問診療

週3回、1回4時間というのは最低限必要な回数と時間です。
人によってはもっと必要になりますし、時間が確保できず最低限までとなってしまうことも考えられます。
その点、時間も回数も確保できれば体調を安定させやすくなるのです。

初めて在宅透析をする際の注意点

メリットの多い在宅透析ですが、医療行為であるため注意すべき点があります。
どのような点に注意が必要なのかまとめました。

■医師の指導と管理のもとで行う必要がある

在宅血液透析は医療機関の指導・管理のもとで受けなければなりません。希望する場合は、指導・管理を提供している医療機関における面談で、透析を受けている本人と介助者の意思が確認されます。 引用元:うみ:在宅血液透析(HDD)ってどうすればできるんですか?

■始めるにあたって教育・トレーニングを受けなくてはならない

導入前の教育・トレーニングでは、集中して1ヵ月、日常の透析時間を利用すると3 〜 5 ヵ月かけて、手順や機器の操作方法、緊急時の対応、医療機関への連絡方法などをマスターします。同様な訓練は介助者も受けなければなりません。 引用元:うみ:在宅血液透析(HDD)ってどうすればできるんですか?

在宅である以上は医師や医療従事者がつきっきりというわけではありません。
扱い方を間違えてしまえば本人の命に関わってしまいます。
こうしたハードルも在宅透析のためには越えなくてはなりません。

在宅透析で時間を有効活用しよう

在宅透析の大きなメリットは時間をプライベートや仕事に割けるようになることです。
バリバリと仕事をこなすもよし、家族との時間を増やすもよしです。
身体のことが第一ですが、心も健康でなければ病気の悪化につながる可能性もあります。
全ての人ができるというわけではありませんが、医師と相談して在宅透析を検討してみてもよいかもしれません。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING