腰部脊柱管狭窄症ってどんな病気?症状や原因について

腰部脊柱管狭窄症ってどんな病気?症状や原因について画像

出典元:www.pakutaso.com

腰部脊柱管狭窄症と聞いて、どんな病気だと思いますか? 今回は腰部脊柱管狭窄症の症状や原因についてまとめたので予防に役立ててください。

saki_co0111 296 views 2019年4月16日

■腰部脊柱管狭窄症とは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、腰部脊柱管狭窄症について見ていきましょう。

腰部脊柱管狭窄症ってなに?

加齢と共に椎体や椎間板、靭帯などが変形すると、脊柱管が狭くなり、中を通っている神経の束を圧迫します。

この病気を「腰部脊柱管狭窄症」と言います。 引用元:脊柱管狭窄症の基礎知識|せぼねと健康.com

安静にしている時は症状がほとんどない

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。 引用元:「腰部脊柱管狭窄症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

腰部脊柱管狭窄症の予防とは

日常生活で姿勢を正しく保つ事が必要です。
神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになるとやわらぎますので、歩く時には杖をついたり、シルバーカーを押して腰を少しかがめるようにしましょう。そうすると楽に歩けます。 引用元:「腰部脊柱管狭窄症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

このように、腰部脊柱管狭窄症はつらい症状などがあるのですが安静にしていれば症状をほとんど感じないという特徴も持っているようです。

■腰部脊柱管狭窄症の症状

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、腰部脊柱管狭窄症の症状について見ていきましょう。

腰部脊柱管狭窄症の症状

歪みが進み、腰椎の圧迫が大きくなると、しびれや痛みが増して、そのうち数メートル歩くのがやっとという状態になってしまいます。ただ、この症状は継続せず、しばらく休むと収まります。 引用元:腰部脊柱管狭窄症の全てがわかるサイト

歩行障害・排尿障害などもある

症状は腰痛、歩行障害、足のしびれ、筋力低下、排尿・排便障害などです。また、神経の圧迫が強くなって、急激に症状が悪くなることがあります。これを急性馬尾症候群といい、痛みの増悪、足の麻痺と感覚障害の進行、排尿・排便障害を呈します。 引用元:腰部脊柱管狭窄症 脊髄・脊椎の病気について 患者のみなさまへ 【秋田県立循環器・脳脊髄センタ

腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴

「姿勢を変えると楽になる」「自転車には乗り続けられる」というのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です。 引用元:腰部脊柱管狭窄症 脊髄・脊椎の病気について 患者のみなさまへ 【秋田県立循環器・脳脊髄センタ

このように休めば症状が軽減される場合と歩行障害・排尿障害に繋がるものもあるようです。

■腰部脊柱管狭窄症の原因

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、腰部脊柱管狭窄症の原因について見ていきましょう。

腰椎椎間板ヘルニア

 上下の背骨の間にある椎間板という組織が壊れ、中身が外に飛び出した状態になります。脊柱管の方向に飛び出すと、脊柱管の狭窄をきたします。 引用元:腰部脊柱管狭窄症の原因 健康長寿ネット

腰椎分離症

 若い頃の運動などにより、腰椎の後方部分に亀裂が入り、分離します。5%程度の人に分離があるとの報告があります。成人になってから症状が出る方もいますが、症状が出ないままの人も多くいます。分離部が広がると、上下の腰椎がずれて「分離すべり」の状態になります。該当箇所では神経が圧迫を受けやすくなります。 引用元:腰部脊柱管狭窄症の原因 健康長寿ネット

腰椎すべり症

 上下の背骨の間がずれた状態のことを「すべり症」といいます。とくに女性では第4腰椎と第5腰椎の間がずれやすく、ずれが大きくなると、その部分で脊柱管が圧迫されて神経症状を呈します。 引用元:腰部脊柱管狭窄症の原因 健康長寿ネット

このように、さまざまな腰の病気や怪我が原因となっていることが多いようです。

■腰に負担がかかる仕事をしている人は一度専門医に診てもらおう

出典元:www.pakutaso.com

美容師やショップ店員など腰に負担がかかる仕事をしている人は、専門医に診てもらうことをおすすめします。自分では気づいていなくても、確実に腰に負担がかかって悪化への道を積み重ねている場合があるからです。

まとめ

腰部脊柱管狭窄症は発症してからでは、治療が大変な人もいます。そのため、事前にしっかりと検査をして悪化しないように治療しなくてはいけないのです。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING