永久脱毛ができる「医療脱毛」の気になるダウンタイムの長さ

永久脱毛ができる「医療脱毛」の気になるダウンタイムの長さ画像

出典元:www.rot-wein.net

永久脱毛を謳うことが唯一許されている「医療脱毛」。
とは言ってもやっぱり気になるのは「どれくらいのダウンタイムがあるのか」ということ。
そこで今回は、医療脱毛の種類別のダウンタイムについてまとめてみました。

なゆ 2795 views 2016年12月26日

医療脱毛ってなあに?

医療機関で行われる脱毛のことで、その施術方法によって絶縁針脱毛と医療レーザー脱毛の二種類に分けることができます。
なお、永久脱毛(脱毛終了後、1ヵ月経った時点で毛の再生率が20%以下である)が可能なのは医療脱毛のみです。 引用元:医療脱毛 - 美容クリニック・エステwiki

永久脱毛を謳えるのは本来は医療脱毛のみなんですね。

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、施術後に生じた赤味や腫れ、痛み、内出血などが回復して施術前と同様の社会生活に戻れるまでの期間を言います。

施術方法別のダウンタイムについて

絶縁針脱毛の場合

出典元:www.epi.gr.jp

従来の電気脱毛との違いは、皮膚表面に直接触れる部分に電気を通さない絶縁素材でコーティングが施されている点にあります。
皮膚に直接針が触れないため、やけどや色素沈着を起こしにくくなっています。 引用元:医療脱毛 - 美容クリニック・エステwiki

もし、やけどをしてしまうと完治するまで時間がかかるため、ダウンタイムが長くなる要因になりかねません。

施術後、若干腫れたり赤みがでる場合がありますが、ほとんどわからない程度で1日~1週間で治まります。 引用元:針脱毛|神田美容外科形成外科医院|コラーゲン注入 シワ取り治療 タトゥー(イレズミ)除去

やけどのリスクがほとんどないからこそ、「毛穴に針を刺すという施術にも拘わらず、ここまでダウンタイムを短くできた」というわけなんです。

医療レーザー脱毛

出典元:image02w.seesaawiki.jp

医療レーザー脱毛は毛根を刺激するため、術後に赤みが出ることがあります。赤みは、約2~3日で解消されます。 引用元:医療レーザー脱毛は傷みやダウンタイムがあるの?

絆創膏をつけるような大きな傷にはなりませんのでご安心ください。肌に生じる赤みは乾燥により悪化する可能性がありますので、術後は特に保湿をしっかりとして乾燥させないことが大事です。
ダウンタイムの期間としては短めですので、週末の金曜の夜に施術すれば週明けにはほぼ普段通りの社会生活が送れると考えて差し支えありません。

「永久脱毛」が可能な唯一無二な脱毛法として、日々の無駄毛処理の煩雑さに悩む多くの女性から大人気の「医療脱毛」の口コミ...

詳細:「無駄毛の根元に直接アプローチできるレーザー脱毛は、エステ脱毛より効果が高いのわかってはいるんだけど、その分エステ脱毛より痛いと聞くので怖い・・・」そんな先入観が邪魔をして、医療レーザー脱毛へ通うのに二の足を踏んでしまっていませんか?今回は、そんな間違った先入観を打ち崩し、一人でも多くの女性に医療脱毛の素晴らしさをわかっていただきたく、「医療脱毛」を体験した先輩方の生の声を集めてみました。

医療(レーザー)脱毛を実際に受けた人の声をまとめました。

終わりに

いかがでしたか。永久脱毛ができる唯一無二の脱毛法である医療脱毛。
エステで行うエステ脱毛や自宅で行うセルフ脱毛に比べて脱毛する力が強い分、肌へのダメージも気になるかと思いますが、実際の施術では医師のきちんとした安全管理の元で施術されるため、他のどの脱毛方法よりも安全に確実に脱毛することができるんです。
永久脱毛を安全に確実に行いたいなら、ぜひ、医療脱毛を選択肢の一つとして頭の隅においておいてくださいね。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING