クマはなぜできる?クマ対策美容液でアンチエイジング対策

クマはなぜできる?クマ対策美容液でアンチエイジング対策画像

目の下のクマは疲れた印象を与えたり、老け顔の大きな原因になります。
クマ予防、またはできてしまったクマ対策には今話題のクマ専用美容液がおすすめです。
クマができる原因と人気のクマ対策美容液を紹介します。

tochigi 83 views 2019年5月15日

クマができる原因

目の下のクマには3種類あり、それぞれに原因が異なります。

■茶クマができる原因

茶クマはメラニンや色素沈着、また角質肥厚が原因と前述しましたが、紫外線対策を怠ったり、クレンジングや洗顔をする際に目の周りを強くこすることで肌が刺激を受けメラニンが多く生成されてしまうために、メラニンを排出させる機能のターンオーバーが追いつけず、目の周りで色素沈着や角質肥厚を引き起こし、茶クマができてしまいます。 引用元:目の下にクマができる原因と解消方法 /HADAEMI

茶クマは紫外線や洗顔の時にゴシゴシこするなどダメージを受けることで刺激を受けメラニン色素が生成され色素沈着や角質肥厚になって引き起こります。

■黒クマができる原因

目の下のたるみによって黒い影ができ、色が変わって見える状態が黒クマです。黒クマはハリや弾力が低下し、たるみができることが原因と前述しましたが、加齢に伴い下まぶたの皮膚がさらに薄く弱くなり、たるみがでることで前に出てくる状態です。 引用元:目の下にクマができる原因と解消方法 /HADAEMI

目の下のたるみによる影によって見えるのが黒クマです。
黒クマは加齢によって目の回りの筋力が低下しへこみができることで引き起こります。

■青クマができる原因

目元の青クマは体内の血行が鈍くなることで、血液中に酸素が足りなくなったために引き起こされます。
血液中の鉄分と酸素が結合することによって血液の色は赤く鮮やかになりますが、睡眠不足や疲労によって血行がにぶると、酸素を運ぶ力が弱まって血液の色が黒ずんでしまうのです。 引用元:老け顔に注意! 青クマができる原因と効果的な解消方法って?│エスコス─大阪の老舗フェイシャルエステで一流のハンドテクニッ...

青クマは目の回りの血行不良や眼精疲労、睡眠不足などによって引き起こります。
血行不良の毛細血管は青く見えるために皮膚が薄い目の下が青クマになってしまいます。

おすすめのクマ対策美容液

クマ改善に効果あると評判のおすすめクマ対策美容液を紹介します。

■ロート製薬「エピステーム アイコンセントレイトクリームa」

「コラーゲンEX」や、血行を促進する「ラナクリス」、肌の糖化を防ぐ「AGディープクリアコンプレックス」など、肌のハリ・弾力アップに効果的な成分を配合。目元のゆるみを解消して凹凸をなめらかにし、黒クマを目立たなくさせる。 引用元:クマ対策美容液を比較!目元クリア度ガイド集

ロート製薬「エピステーム アイコンセントレイトクリームa」は、コラーゲンEXやラナクリスなど肌の弾力を高める美容成分配合、黒クマや青クマに効果を発揮します。

■ビーグレン「トータルリペアアイセラム」

目の下のたるみ、まぶたのくぼみ、くま、乾燥などなど、目まわりのお悩みを1本でケアできると口コミで話題になっているのが「ビーグレン トータルリペア アイセラム」です。 引用元:「ビーグレン トータルリペア アイセラム」でたるみ、クマなど目元悩みが丸ごと解決できるって本当?| キニナルコスメ

ビーグレン「トータルリペアアイセラム」は日本人に合わせて開発されたまぶたのたるみやゆるみ改善に特化したクマ対策美容液です。

■タカミクリニック「タカミスキンクリームプラス」

年齢を重ねることで現れる肌表面の乾燥や
ハリ不足による年齢サインに向き合う機能性美容クリーム。
美容皮膚の現場でも活用されているレチノール※1をはじめ、
複数の贅沢な美容成分を角質層全体へ積極的に届けます。
塗り重ねるごとに、乾燥やハリ不足による
年齢サインをケアし、透明感※2のある肌へ導きます。 引用元:製品 | タカミスキンクリームプラス[機能性美容クリーム] | タカミ化粧品 公式通販(TAKAMI)

タカミクリニック「タカミスキンクリームプラス」はレチノールや贅沢な美容成分が複数配合された、まぶたの乾燥やハリ不足を改善するクリームです。

今すぐ目の下のクマを消したい時は?

寝不足でクマができてしまった時、大切なデートの時にすぐ消したいクマ対策とは?

■メイクで速攻クマ対策

寝不足などによる青クマには、オレンジのコンシーラーでカバーするのがおすすめ。青黒さをコンシーラーの赤味で隠しつつ、目元をパッと明るく見せてくれます。 引用元:クマ対策総まとめ!クマに効く化粧品から血流がアップする美容法まで | 美的.com

寝不足でできてしまった青クマをどうしても消したい時は、赤みのあるオレンジのコンシーラーがおすすめです。

クマの種類に合わせて目元ケアをしよう

クマには3つの種類があり、それぞれ対策法が異なるということを理解していただけましたか?それぞれに合わせた対策法を正しく行えば、クマ悩みを解消することだって期待できるのです。また、メイクでも簡単に隠すこともできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 引用元:目の下のクマ消しにおすすめ!原因・タイプ別対策とは | 大人のスキンケア教室

茶クマ、黒クマ、青クマはそれぞれ原因や対策が異なりますので、美容液を取り入れながらそれぞれに合うクマ対策をすることがポイントです。

■目元専用を使うことがコツ

たるみによる黒クマはたるみやハリケアができるアイクリーム、色素沈着による茶クマには、美白効果のあるアイケアクリームなど、それぞれ専用のアイケアコスメでケアしましょう。

目元は皮膚が薄くてデリケートなので、必ず目元専用、もしくは目元にも使用できると謳っている化粧品を使うようにしてくださいね。 引用元:クマ対策総まとめ!クマに効く化粧品から血流がアップする美容法まで | 美的.com

目元は皮膚が薄くデリケートな部分です。
目の下のクマ対策にはアイケア専用の化粧品を使うようにしましょう。

目の下のクマは3種類あり、それぞれ色素沈着やたるみ、血行不良など原因や対策が異なります。
メイクでもカバーできますが、根本的に解決するには目元専用のクマ対策美容液でしっかり目元ケアをしてあげることが大切です。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING