頸椎椎間板ヘルニアとは?名医が持つ特徴について

頸椎椎間板ヘルニアとは?名医が持つ特徴について画像

頸椎椎間板ヘルニアは首や肩などに痛みが生じるものです。それらからさまざまな症状に繋がります。そのため、症状が出始めたらすぐに治療をしなければいけません。今回は頸椎椎間板ヘルニアのことだけではなく、名医が持つ特徴についてまとめました。

saki_co0111 214 views 2019年5月14日

■頸椎椎間板ヘルニアについて

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは頸椎椎間板ヘルニアについて見ていきましょう。

頸椎椎間板ヘルニアってなに?

背骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板が主に加齢変化により後方に飛び出すことによって起こります。30~50歳代に多く、しばしば誘因なく発症します。 引用元:「頚椎椎間板ヘルニア」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

どんな風に見分ける?

頸椎を後方や斜め後方へそらせると腕や手に痛み、しびれが出現(増強)します。
その他、手足の感覚や力が弱いこと、手足の腱反射の異常などで診断します。 引用元:「頚椎椎間板ヘルニア」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

手術の安全性

脊髄に対する圧迫を取り除き、頚椎を固定することが目的となります。手術の大部分は手術用顕微鏡を用い、明るい術野のもとに、神経や血管などの色々なものを大きく拡大しつつ慎重に行いますので、手術用顕微鏡を使用しない場合と比べて安全です 引用元:頚椎椎間板ヘルニア|日本脊髄外科学会

手術後は?

手術後は、頚椎カラーを装着する事もありますが、術翌日には起床して歩行器を用いての歩行を開始します。通常では術後10-14日目に退院となります。しかし、術前から歩行障害などが見られる場合には、術後のリハビリテーションが数週間から数ヶ月必要となります。 引用元:頚椎椎間板ヘルニア|日本脊髄外科学会

このように頸椎椎間板ヘルニアは手術をすることで完治を目指すものです。合併症についても比較的安全と言われていますが、絶対に起こらないわけではないので医師の説明をしっかり聞いておきましょう。

■頸椎椎間板ヘルニアの症状

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは頸椎椎間板ヘルニアの症状について見ていきましょう。

神経障害

頚椎の骨と骨の間には椎間板とよばれる組織があり、髄核とよばれる中心部の弾力をもった組織と、線維輪とよばれる周囲で髄核を閉じ込める強力な線維組織からなります。線維輪に亀裂ができて中の髄核が押し出されることを椎間板ヘルニアといいます。飛び出した髄核(椎間板)が脊髄や神経根を圧迫すると神経の障害が出現します。 引用元:病気の治療 徳洲会グループ

しびれなども起こる

後外側に飛び出すと頚部痛や片側の肩や腕、手の一部にしびれや痛み、筋力低下などの症状が出現します。後方正中に飛び出して脊髄の本体を圧迫すると、上肢のしびれや疼痛だけでなく、両足のしびれや運動障害、排尿障害などが出ることもあります。頚椎症と症状は類似しますが、比較的急激に症状が出現することが頚椎症との違いです。 引用元:病気の治療 徳洲会グループ

激しい痛みに悩まされることも?

一つは、一側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや放散痛が生じるタイプです。
この場合には数日間、首の寝違いとよく似た鈍痛・違和感などの後頸部症状がまずみられ、これに引き続き手や肩への激しい放散痛が生じることが一般的です。
この痛みは激烈なものですが、ほぼ2~3週間でピークを越え、あとには鈍い痛みやしびれが残り、これが数週間から数ヶ月で軽快するという経過をとることが多いものです。 引用元:頸椎椎間板ヘルニア 専門センター 藤枝平成記念病院

こまかい作業ができなくなる

もう一つのタイプとしては、両手のしびれがみられたり、両手を使って行う細かい動作(箸を使う動作・ボタンをかける動作・ページをめくる動作など:巧緻運動)が徐々に出来にくくなり、それと時期を同じくして両足が足先から段々としびれてきたり、歩行がなんとなく不自由になるなどの症状が数日から数週間の経過で急速に進行するものです。 引用元:頸椎椎間板ヘルニア 専門センター 藤枝平成記念病院

このように痛みだけの場合やしびれや作業ができなくなるなど、日常生活に大きな影響が出るものもあります。

■頸椎椎間板ヘルニアの名医について

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは頸椎椎間板ヘルニアの名医について見ていきましょう。

治療効果の高さが魔法のよう

1ミリ程度と傷が小さいうえに日帰りが可能なPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)の第一人者で、これまでの実績は6,000症例以上。PLDDにおける治癒実績は95%を超えています。その手術の効果の高さから「魔法のよう」と驚く方も少なくなく、実際、伊東先生の治療を受けに全国から患者さんが来院しているほどです。 引用元:このドクターにかかれば安心!頚椎椎間板ヘルニアの名医大百科

患者の身体への負担が最低限

MEDに準じた内視鏡を使用し、頚椎ヘルニアや頚椎症性脊髄症を治療する新しい手術です。高度な技術を要し、特定の病院でしか受けれらない手術です。皮膚切開はわずか18mmの低侵襲手術で、従来法では術後の頚椎の変形が長期的に生じる可能性がありますが、内視鏡下手術では切開範囲が小さいため可能性が低くなります。また、1週間程度の早期退院が可能です。 引用元:MECD:首の内視鏡下手術|岩井整形外科内科病院

すべてを手術治療するわけではない

手術を回避できそうかどうか、十分に保存療法を行います。手術が必要な場合には早期の手術を組むこともできます。即入院対応でき、手術が必要な場合にも待機期間は短いです。卓越した止血技術を裏打ちとする高精度の手術を提供しています。 引用元:医療最前線 頸椎椎間板ヘルニア 社会福祉法人 三井記念病院 ともに生きる

手術は患者の身体に大きな負担がかかります。だからこそ、保存治療ができないかどうかをしっかり調べてくれる医師も名医と言えるのではないでしょうか。

■症状が悪化する前に名医に診てもらおう!

出典元:www.pakutaso.com

人間は意外と我慢強い生き物です。そのため、自分で我慢できる痛みでは病院に通おうとしない人もいます。しかし症状が重篤化する前にしっかり検査を受けるようにしてください。

まとめ

頸椎椎間板ヘルニアは日常生活にも大きな影響を与えるだけではなく、症状が悪化すれば治療にも時間がかかります。早期治療を目指して、なるべく早めに完治できるように自分自身でも心がけましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING