太ももの脂肪吸引の効果とリスク

太ももの脂肪吸引の効果とリスク画像

体重は減っても太ももが痩せにくいと感じているなら、太ももの脂肪吸引がいいかもしれません。しかし、脂肪吸引にはリスクもあるので、不安を持つ方も少なくないでしょう。太ももの痩せ方と、脂肪吸引がおすすめの場合を紹介します。

airin0215 20 views 2019年5月15日

太ももが痩せにくい理由

ダイエットに成功しても、太ももは痩せにくいと感じている方は少なくありません。
まずは、なぜ太ももは痩せにくいのか、その原因から見ていきましょう。

もしかすると、知らない間に潜んでいる“セルライト”が原因かも…。実は、セルライトがある状態ではどんなダイエット方法を試しても効果が出にくいのだとか。 引用元:太もも・お尻が痩せない原因は“蓄積●●“だった。

■セルライトはなぜできるのか?

心臓から遠い部分は血流が悪くなりやすくセルライトもできやすい。だから、太ももやお尻につきやすいんですよね。 引用元:太もも・お尻が痩せない原因は“蓄積●●“だった。

ホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え、年齢による代謝の低下などにより血行不良が起こり、老廃物がたまりはじめる 引用元:セルライトができる原因 [セルライト対策] All About

肥大化した脂肪細胞により、さらに血管が圧迫され血行が悪化 引用元:セルライトができる原因 [セルライト対策] All About

セルライトができやすい体質があると、セルライトにより血行不良になって悪循環になりやすいです。
だからこそ、太ももは痩せにくくなってしまうのです。

■筋肉が少ない原因も

現代社会において車だったりデスクワークだったりとスポーツ以外では

足の筋力の重要性はかなり失われました。



そしてヒールという特殊な形をした靴や、裸足の生活は減り、

正しい足の動きも失われました。 引用元:内ももが痩せないって?当然だ!内側のダイエットトレーニング! 

内ももはその中でも極めて使う事が少ない場所なのです。 引用元:内ももが痩せないって?当然だ!内側のダイエットトレーニング! 

足を使うことが減っている現代人は、足の筋肉量が減りやすいです。
足の筋肉量が減れば代謝が落ちやすいため、たるみやすく、セルライトもできやすいでしょう。

太もも痩せするおすすめの方法

太ももがなかなか痩せないと感じている方は、次のような対策がおすすめです。

■スクワット

太ももの筋肉に負荷をかけて鍛えるスクワット。シンプルな動きで、気軽にできるエクササイズです。他の部位と比べて筋肉が大きいので、1回やるだけでも「太ももに効く!」と実感できます。 引用元:【太ももやせメソッド】太ももやせに効果的なエクササイズで誰かに見せたい脚になる!‐コナミメソッドまとめ

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=c-Tu8lAna2g

■太くしない食生活

むくみを予防するには余分な塩分を排出してくれるカリウムの摂取が欠かせないですね。 引用元:【太ももダイエット】簡単な運動から座ったままOKな方法まで | 女性の美学

ダイエットに食事制限はつきものですが、食べることが大好き!我慢できない!という人は、低GI値の食材を選んで食べるようにすれば、脂肪がたまりにくくなります。 引用元:【太ももダイエット】簡単な運動から座ったままOKな方法まで | 女性の美学

普段食べている高カロリーのものを、低カロリーのものに少し変えることがオススメです!

例えば、パスタならクリームソースではなくトマトソースを選ぶだけで、同じ量でもカロリーを抑えられます。 引用元:太ももを痩せたい人必見!本物の太もも痩せダイエット&筋トレ

太ももを痩せたいと思うなら、食事管理は基本です。
毎日の食生活を見直すだけで、足が細くなる方もいます。

普通体型が太ももで吸引できる脂肪量

足やせ対策をしても改善できない場合は、脂肪吸引の方法も検討してみましょう。
では、脂肪吸引で除去できる脂肪の量はどのくらいなのでしょうか?

一度の脂肪吸引でとれる脂肪の量は体重の3~5%までとされています。 引用元:脂肪吸引Q&A | 脂肪吸引なら城本クリニック

そのことを考えると、とれる範囲は3ヶ所(例・太腿、下腹、腕)まででしょう。4ヶ所以上ですと、2回に分けて吸引した方がいいと考えています。 引用元:脂肪吸引Q&A | 脂肪吸引なら城本クリニック

■量だけで考えると失敗することも

6~10mmといった太いカニューレを使うドクターはたくさんいますが、太いカニューレを使用する場合、1回に吸引できる脂肪の量が多いため、手術時間が短くてすみます。 引用元:美容整形クリニック~美しいプロポーションをつくる脂肪吸引~ _ 美容整形なら、口コミで評判の美容外科

しかし脂肪吸引の手術は、時間が短ければいいというものでは決してありません。

また、太いカニューレを使用すれば、出血も多いし、全身麻酔使用により入院が必要という状態が通常で、さらに、大きなトンネル状態だと、創収縮(皮フが縮まる現象)の際、表面がデコボコになりがちというデメリットも 引用元:美容整形クリニック~美しいプロポーションをつくる脂肪吸引~ _ 美容整形なら、口コミで評判の美容外科

太ももの脂肪吸引のリスク

脂肪吸引でできる傷口は1cm弱と小さいのですが、手術でできた傷跡が消えてなくなるということはなく、傷跡はかならず残ります。はじめの1ヶ月は赤い線、次の数ヶ月間はピンク色の線、最終的には白い線になっておちつきます。 引用元:うける前に必ず確認!脂肪吸引のリスク全27項目と対策

脂肪吸引をうけて10日くらい経過すると、脂肪吸引を受けた範囲がかたくなり、つっぱり感が出てきます。この症状をこう縮といいます。こう縮は脂肪吸引を受ければ必ず起きる症状で、時間がたてば必ずなくなります。 引用元:うける前に必ず確認!脂肪吸引のリスク全27項目と対策

リスクを把握した上で太ももの脂肪吸引にチャレンジしよう

ダイエットをしても太ももが痩せないなら、脂肪吸引を選ぶといいかもしれません。
脂肪吸引にもリスクがあるので、きちんと把握してからチャレンジするようにしましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING