月と体にまつわる神秘 ヨーロッパで話題のムーンダイエットのすべて

月と体にまつわる神秘 ヨーロッパで話題のムーンダイエットのすべて画像

出典元:cell-public.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

月の満ち欠けに合わせて行うダイエット方法としてヨーロッパで話題になっているムーンダイエットについてまとめました。

なゆ 1785 views 2016年11月14日

ムーンダイエットってなあに?

「ムーンダイエット」とは、月の満ち欠けを最大限に利用した、全く新しい解毒ダイエット法です。
即効性のあるものから、ある程度の期間続けることで成果を出すものの二種類の方法があります。

出典元:www.life-rhythm.net

ドイツの美容専門家
“ガブリエラ・ユストさん”
が提唱しており、ヨーロッパでは話題のダイエット法です。 引用元:月のサイクルを利用したムーンダイエットで美しく痩せボディへ | 誰でもできる!1日5分マッサージ

美意識の高いヨーロッパで話題になっているとのことで効果も期待できそう。

月のサイクルは29.5日。女性の生理のリズムとほぼ一緒です。
このことから、昔から月の周期と同じ29.5日という周期で生理のある女性は月からの影響を受けやすいと言われています。 引用元:新月前のムーンダイエット!新月満月リズムで効果が上がる? | 新月の願い事 ~ カナエルWORDS~

月は広大な海の満ち欠けにも影響を与えるのですから、身体もなにかしらの影響を受けていると考えても不思議ではありませんよね。

ムーンダイエットの実践例その1

満月・新月が起こる瞬間から24時間の間に食事制限によるデトックスを行うことで、平均的に3kgの減量ができる即効性のあるダイエット方法です。

出典元:www.womenjapan.com

「ムーン・ダイエット」の期間中、固形の食べ物は一切口にできません。基本的に、飲み物のみ口にすることが許されています。期間中は月の影響をさらに強く受けることができるように、できるだけ沢山の水を飲むようにしてください。飲む量は個人差がありますが、 3~4Lが目安です。水だけでなく、お茶・スムージー・フレッシュジュースも飲む事が可能。しかし、砂糖・アルコール・牛乳はNGです。 引用元:月の満ち欠けを利用して、心と体を解毒する神秘のムーン・ダイエットとは? | ベルタカフェ

断食を伴うので、結構ストイックなダイエット方法と言えます。
健康状態が気になる方は予め医師に相談しておくことをおススメします。
また、胎児や乳児に影響が出る可能性があるため、妊娠中や授乳中の方は控えておきましょう。

ムーンダイエットの実践例その2

月の満ち欠け周期に合わせて、新月と新月の翌日から満月に向かって満ちていく「満月チャージ期」、満月、そして満月の翌日から新月に向かって欠けていく「新月デトックス期」に分け、それぞれの時期に合ったメニューを摂取するという長期的なダイエット方法です。
「毎食しっかり食べても1ヶ月で5キロ減!」「リバウンドのない究極のメソッド」とも言われています。

出典元:www.womenjapan.com

新月期

新月の時期の身体は、解毒作用や浄化作用が最も大きくなります。
よりデトックス効果の高い食材を摂ったり、プチ断食をするのに最適な時期です。

出典元:uranaime.com

おススメ食材:
ごぼう、さといも、ひじき、れんこん、切干だいこん など


プチ断食するなら:
タンポポ茶、グリーンティーなどのデトックス効果のあるお茶を飲んだり、フルーツジュース(キウイ、バナナ、リンゴ、桃、パイナップル、ブルーベリーなどの果物にミネラルウォーターや豆乳、牛乳などを加えたもの)で食事を置き換えるのがおススメ。

満月チャージ期

満月に向かって月が満ちていく「満月チャージ期」の身体は、脂肪や糖分を吸収して、太りやすくなります。
その一方で、ビタミンやミネラルも吸収しやすい時期ですので、脂肪・糖分を控え、ビタミン、ミネラルが豊富な食材を摂るのが良いとされています。

出典元:art4.photozou.jp

おススメ食材:わかめ、にら、ほうれんそう、にんじん、春菊、アボカド、カリフラワー など

満月期

フルムーンのこの時期の身体は、エネルギーの吸収力が最大になるため、意識的に栄養バランスを考えつつも低カロリーな食事を心がける必要があります。

出典元:farm2.static.flickr.com

オススメ食材:
きくらげ、マッシュルーム、しいたけ、しめじ、こんにゃく、おかひじき など

新月デトックス期

新月に向かって月が欠けていく「新月デトックス期」の身体は解毒や浄化、発散作用などが活発になる時期とされています。
デトックス効果のある食材や、栄養と水分が多く含まれる食材、多めの水分(一日2リットル程度)を摂ったり、ウォーキングや水泳などの有酸素運動をするのが効果的です。

出典元:blogs.c.yimg.jp

おススメ食材:
お米、じゃがいも、アスパラガス、なす、レタス、白菜、きゅうり、とうがん、
大豆、かぼちゃ、パセリ、しょうが、たまねぎ など 。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING