肌に優しい化粧品の選び方について

肌に優しい化粧品の選び方について画像

毎日のスキンケアで肌荒れしやすいと感じているなら、肌に優しい化粧品がおすすめです。肌に優しい化粧品といっても幅広い商品があるので、商品の特徴と選び方をまとめてみました。

airin0215 520 views 2019年6月2日

肌に優しい化粧品が選ばれる理由

肌に優しい化粧品は、次のような理由から多くの方に選ばれています。

■安心して使える

界面活性剤などの石油系のコスメは、お肌に負担が大きかったり、敏感肌に刺激があったりなどして決してお肌に優しいとは言えません。その点、天然の物で使用されているオーガニックコスメは安心して使えると思います。 引用元:人気の理由 _ オーガニックde無添加化粧品

■肌への刺激が少ない

コスメを使うと肌がヒリヒリしてしまうことがありますが、自然界にあるものだけを使った天然のコスメは支障が少ないていいです。 引用元:人気の理由 _ オーガニックde無添加化粧品

敏感肌やアレルギーを持っている方など自然派志向の方から支持されています。 引用元:なぜ肌にいいの?オーガニックコスメで無添加美人 | ナースときどき女子

■肌本来の力を引き出すために使える

自然から生まれ育った植物が原料なので、肌本来の力を取り戻す効果が期待できます 引用元:なぜ肌にいいの?オーガニックコスメで無添加美人 | ナースときどき女子

肌に優しい化粧品の選び方

自分には肌に優しい化粧品があっていると感じたら、次は選び方です。

化粧水を保湿目的で使用するというコスメもありますが、本来はそのあとにつける美容液や乳液の浸透を高めるためにお肌の基礎体力を向上させる重要な役割を担っています。水の種類も「精製水」「イオン水」「機能水」などいろいろありますが、ここではあなたの肌質に合う化粧水を選ぶために必要な基礎知識を学んでいきましょう 引用元:本当に「肌に優しい化粧品」について化粧品開発研究員がレクチャーするサイト

■配合成分がシンプルなものを選ぶ

化粧品の中に配合されている添加物や有効成分が多ければ多いほど、どの成分が自分の肌に悪さをしているのか特定が難しくなってしまいます。 引用元:敏感肌化粧品の選び方・見分け方-ドクターシーラボ公式通販

まずはスキンケアの成分表示を確認し、できるだけシンプルな配合で作られているものを選ぶのがベターです。 引用元:敏感肌化粧品の選び方・見分け方-ドクターシーラボ公式通販

■肌のバリア機能サポート成分入りを選ぶ

敏感肌はさまざまな内的要因や外的要因によって、皮膚のバリア機能が低下し、お肌が乾燥し乾燥肌になっています。角層の中に水分をたくわえるセラミドやNMFが少なくなり角層の中の水分が減少することでお肌が乾燥してしまうのです。 引用元:敏感肌・乾燥肌のスキンケアで大切なこと|ノブ公式ブランドサイト

バリア機能の3因子をおぎなうセラミドやスクワラン、アミノ酸などの成分が配合されている保湿剤がおすすめです。 引用元:敏感肌・乾燥肌のスキンケアで大切なこと|ノブ公式ブランドサイト

■添加物の少ないものを選ぶ

強い刺激を持つ成分はご法度。香料や着色料、アルコールなどの添加物が少ない、できるだけ低刺激の化粧水を選ぶようにしましょう。 引用元:【美容皮膚科医が教える】敏感肌の人におすすめの化粧水人気ランキング10選【ヒリヒリしない!】 | mybest

肌の負担になる代表的な成分が、化粧品に含まれる添加物です。

■天然成分でも合わないものは避ける

「天然成分」や「オーガニック」と表記されているからといって刺激が少ないわけではないということです。天然の成分の中にも、刺激の強いものや人によって合わないものがあります。 引用元:【美容皮膚科医が教える】敏感肌の人におすすめの化粧水人気ランキング10選【ヒリヒリしない!】 | mybest

■重度の敏感肌ならワセリンがおすすめ

水を付けただけでもヒリヒリするような重度の敏感肌の場合は、ワセリンのみの塗布にとどめることをおすすめします。 引用元:スキンケア大学

医薬品として石油から精製した軟膏状の物質です。刺激性がほとんどなく、動物性油脂や植物性油脂よりも安定性に優れています。
通常、軟膏などの皮膚外用剤の材料として、または単独で皮膚保護剤として使います。 引用元:くすりのしおり | 検索結果詳細

肌トラブルに悩まされている人こそ肌に優しいものを使おう

そもそもなぜ肌トラブルがおきるのか知っていますか?

皮膚トラブルの原因は、体の「外側」からの原因と、「内側」からの原因に分けられます。「外側」からの原因としては紫外線を始めとして、気温、そしてエアコンなどで乾燥した空気、さらには環境の汚染、化粧品によるトラブルなどが挙げられます。 引用元:肌のトラブルの原因 症状別対策BOOK | タケダ健康サイト

■洗いすぎも見直したい

過度な洗浄や肌質にあわない洗浄成分が配合されている場合、汚れや皮脂膜だけでなく、
バリア機能をすこやかに保つために欠かせない天然保湿因子(NMF)やセラミドなどの
保湿成分まで洗い流してしまいます。 引用元:「洗う」ことを乾燥の原因にしないために|ミノン

乾燥の原因になるから、
なるべく洗浄料は使わない方がよいのでしょうか?
いいえ、肌表面の汚れが付着したままだと正常な表皮のターンオーバーが阻害されやすく、汚れ自体が外部刺激になってしまいます。 引用元:「洗う」ことを乾燥の原因にしないために|ミノン

■肌の乾燥を防ぐことが大切

現在の肌悩みについて聞いたところ、かさつきや毛穴の目立ち、シミ、ハリのなさなどに悩んでいる人ほど「肌がうるおっていない」と感じているという結果が! 肌がうるおっていないほど肌悩みがある...解決するためには、「肌のうるおい」が鍵になりそうですよね。 引用元:肌トラブルの原因は○○だった!肌悩みをなかったことにする「アミノ酸美容」って!? | 美容の情報 | ワタシプラス/資生堂

まずは肌に優しい成分について学ぼう

肌に優しい化粧品を選びたいと思ったら、化粧品の配合成分を学ぶことをおすすめします。
敏感肌対策ができる成分をチェックしてみましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING