東京でインプラントをしたい場合にかかる費用を分析

東京でインプラントをしたい場合にかかる費用を分析画像

東京でインプラントをする場合かかる費用を把握することが大事。

reonnna 27 views 2019年6月13日

インプラント費用の内訳

インプラントの費用を把握する上で欠かせないのが内訳。

■埋め込む場所で費用が違う

インプラント治療は埋め込む場所により難易度が異なり、難易度が高ければ費用(インプラント診断費)も高くなってきます。特に上の前歯にインプラントを埋め込む場合は審美的な要求が高くなり、二回手術法が推奨されることが多いため、費用も高くなってきます。 引用元:インプラントの”費用”に関して真剣に考えてみよう。 | インプラント | 診断メニュー | KU歯科クリニック

埋め込む場所によっては2回施術をするため高くになります。

■治療費用の相違

低価格に設定している歯科院を選びがちですが、インプラント治療はとても難易度が高い治療法であり、その分、技術費用とも言うべき治療費用はどうしてもある程度は高くなってしまいます。
歯は毎日使うものであり、クオリティ・オブ・ライフに直接関係するものですから、必ずカウンセリングを受けて、セカンドオピニオンなども含めて実際に治療する医師と話して、過去の症例実績や治療方針などを聞きながら、自分自身が納得できる医師に治療してもらうことが大切 引用元:インプラントの”費用”に関して真剣に考えてみよう。 | インプラント | 診断メニュー | KU歯科クリニック

それぞれのクリニックで行う施術料金で違いが出る。

■インプラントシステムで費用に違いが出る

インプラントシステムは、国内外のメーカーを合わせると100種類以上あります。中でも時間をかけて研究・開発された製品は、安全性が高いぶん価格も高くなります。逆にコピーメーカーの製品は研究・開発費にお金をかけていないので安価です。

しかし、インプラントは身体の中に埋め込み、その後、長期間にわたって使用します。だからこそ信頼性が高く、安全なインプラントシステムを選びたいもの。そこで、当院では多少高価であっても、一流メーカーのインプラントをおすすめしています。 引用元:【インプラント】インプラントの治療費の違い|【公式】京都市北区の歯医者「まつもと歯科クリニック」

インプラントを実施するシステムは各クリニックで違うので費用を把握する上で欠かせません。

インプラントクリニックの選び方を紹介

インプラントを費用で選ぶうえでさらにクリニックの選び方を把握するとさらに後悔をしません。

■保証期間が長い

インプラント治療が完了しても、歯周病や細菌など口腔トラブルの可能性もあるので、その後のケアが重要です。そのため、長い保証期間がつくインプラント治療なら、万が一のことがあってもすぐフォローしてもらえます。 引用元:インプラント費用の相場- 納得できるクリニック&費用相場Navi【東京編】

保証期間が長いとメンテンナスに関して安心できます。

■信頼できる医者がいる

インプラント治療を行う医師で信頼できる人はどんな人でしょうか。最初にチェックするのは指導医の資格を持っているかどうかです。インプラントの指導医は、インプラントの学会がインプラント治療の知識や技術力が高いと見られる医師を認定する資格の中で、最高峰の資格と言われています。

国際的に一番長い歴史を持つ「ICOI」と日本で一番会員数が多い「日本口腔インプラント学会」の指導医なら、比較的高い技術と知識を持っていると言えるでしょう。 引用元:信頼できるインプラント医師の見分け方について

ICOIを取得している医者が在住していると治療が安心できる。

■費用のイメージができる

インプラント治療にかかる料金は、保険診療対象外です。そのため各クリニックによって料金が異なります。インプラントの料金はインプラント本体・アパットメント・上部構造・手術費用で構成さていることがほとんど。

口腔内の状態によってはオプションも使用することも考慮しなければいけません。インプラント治療を検討している場合、インプラント本体・アパットメント・上部構造・手術費用・オプションの総額を記載しているクリニックを選ぶようにしましょう。 引用元:インプラントの料金イメージについて

費用のイメージがしやすいように料金帯が明確に表示してある所を選ぶことが大事です。

インプラントにかかる費用を保険で対応

インプラントは基本自由診療で全額自己負担ですが条件より保険を適用出来て費用を安くできます。

■顎の骨が一定以上ない

先天的に顎骨の1/3以上が連続して無い場合
上顎の1/3以上が連続して無い、また、鼻腔や副鼻腔へ繋がっているという診断がされた場合
下顎の1/3以上が連続して無く、また、病気などによって切除が望ましい場合 引用元:インプラントは保険が利く?気になる諸費用の内訳に迫る!

先天性になるのですが条件を満たすと保険を適用可能です。

■個人で加入している保険を適用

保険適用になるケースは極まれと言ってもいいです。ただし、もし健康保険の適用内でなくとも、自主的に入っている生命保険等で一部負担してもらえる可能性もあります。詳しくは保険会社や歯医者さんに尋ねてみるといいでしょう。
最近ではインプラント治療に対応した保険を販売する保険会社が増えているので、これから生命保険等に加入する予定のある方は、保険会社の方に詳しく聞いておくといいかもしれませんね。 引用元:インプラントは保険が利く?気になる諸費用の内訳に迫る!

個人で入っている保険の内訳にはインプラントも適用している所があります。

■病院の設備が条件を満たしている

インプラント治療が保険適用されるためには、歯科または歯科口腔外科の病院であり、歯科または歯科口腔外科に5年以上の経験がある、もしくは3年以上のインプラント治療の経験のある常勤の歯科医師が2名以上いることや、宿直医や日直医などの当直体制が整っていること、病床の数が20以上を完備している病院であることや、医療機器や医薬品の保管や安全性確保のための体制が整っていることが、施設の必要条件となります。 引用元:インプラントは保険が適用される?|大分県別府市の新港イトセ歯科

施術を受ける病院の体制により保険の適用が可能か決まります。

インプラントは費用が高いので内訳も把握しながら保険を適用できる条件であれば適用して安くしましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING