肌に優しい化粧品に含まれている成分について

肌に優しい化粧品に含まれている成分について画像

お肌にやさしい化粧品に含まれている成分は、どのようなものなのでしょうか。またお肌が弱い人はどのような化粧品を使えばいいのか、気になりますよね。さまざまな種類の化粧品が販売されおり、どのような化粧品がやさしいのか、見極めるのが難しいです。ここではお肌にやさしい化粧品を使い方のために、化粧品や成分についてご紹介していくことにします。

miyu1010 150 views 2019年6月4日

化粧品で肌荒れを起こす人が多い?

化粧品で肌荒れを起こす人の声を聞いてみました。

十年以上、無添加の、ある化粧品を使用していました。
それいらい肌はかなり調子が良く「肌がきれい」とほめら
れることも多くなりました。
でも最近ものすごく肌があれて、かゆくて、化粧水もしみる
し、最悪なんです。 引用元:長年愛用のコスメで肌荒れ?? - OZmall

引用元:https://twitter.com/yue110/status/1134094031850356737

引用元:https://twitter.com/seeyou_ta/status/1135350255774343168

引用元:https://twitter.com/gothic__rose__/status/1134816680062771203

引用元:https://twitter.com/7Lsuy/status/1135207666777698304

肌が荒れたり、赤みやぶつぶつができる理由としてさまざまなことが考えられますが、「最近、化粧品を新しいものに変えた」という場合は化粧品かぶれの可能性があります。 引用元:化粧品で肌にかぶれが!顔湿疹・炎症の対処と予防方法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

現在ではこのように化粧品でかぶれや肌荒れを引き起こす人が多くいます。

肌に優しい成分

では肌にやさしい成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

グルコシルヘスペリジンとは、柑橘系の外果皮から作られた美肌成分のことです。浸透性が高いので、美肌・美白効果のある化粧品によく使われる存在。そのメカニズムや性質を詳しく説明します。 引用元:本当に「肌に優しい化粧品」について化粧品開発研究員がレクチャーするサイト

最近人気を集めているオーガニックコスメなどの自然派化粧品や、鉱物油や石油系界面活性剤不使用の無添加コスメ。できるだけ肌の負担を少なくしたいと願う女性が増えているのがわかりますね。 引用元:株式会社サンリッジ _ 肌に優しい美肌成分!和漢植物エキスの種類と効果のまとめ.html

オーガニック化粧品はお肌へのやさしさで定番となりつつあります。

無添加化粧品の良い点は、肌への負担が少なくターンオーバーを妨げず、お肌がもともと持っている機能(自然治癒力)を高めてくれること。

引用元:安全でお肌に優しい「無添加化粧品」のメリット_ 自然派化粧品 潤い肌のモーニュ.html

無添加化粧品もお肌へのやさしさで定評があります。

一般的にはこれらが肌にやさしい化粧品と言われています。しかしこれらすべてが肌にやさしいのではありません。

ただしオーガニックコスメは、自然が本来持つ有効成分を、なるべく手を加えない状態で使用しています。そのため、植物の持つパワフルな成分がダイレクトに肌に働きかけるので、人によっては刺激と感じたり、成分が肌に合わなかったりすることも。 引用元:【今さら聞けない】オーガニックコスメって何? 何が良いの? オーガニックコスメの選び方を教えてもらっ

良い方向に働けば肌にやさしい成分となりますが、パワフルすぎてしまうと逆効果になりかねないということを心得ておかなければなりません。

添加物とは、商品の安全性や防腐性を高めるために、配合される成分です。
化粧品の場合、防腐剤、香料、着色料、界面活性剤などです。 引用元:天然100%無添加化粧品とは?コスメ認定アドバイザーが教える正しい選び方

このような添加物が一切配合されず、美容成分だけで作られた化粧品を無添加化粧品だと思っている人がいますが、これは大間違いです。
添加物が一切配合されていない化粧品は存在しません。 引用元:天然100%無添加化粧品とは?コスメ認定アドバイザーが教える正しい選び方

無添加だから100%お肌にやさしいとは言えないんですね。

肌が弱い人はどんな化粧品を使えばいい?

まずは上のような化粧品が肌にやさしいと言えます。

保湿の薬であるワセリン。
皮膚科医から処方される有名なお薬でも有ります。ワセリンは石油資源から作られる鉱物油です。 引用元:ワセリン|アクセーヌ公式 - 皮膚生理学に基づいた敏感肌の化粧品.html

市販の化粧品が肌にダメージを与えてしまう場合は、皮膚科でワセリン処方され、シンプルスキンケアを勧められることもあります。

人によって合う化粧品は違うので、まずは試してみることが大切でしょう。

化粧品は自分の肌質に合わせて選ぼう

化粧品選びで大切なのは、無添加や植物性という肌へのやさしさをうたったものではありません。あくまでも選ぶ指標ではありますが、自分に合うものでなければ無意味だということを心得ておきましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING