イボをキレイに治療するためには?

イボをキレイに治療するためには?画像

一度できてしまうつい気になってしまうイボ。吹き出物より完治が難しいので悩んでいる人もいるのでは?そんなイボの治療についてまとめました。

hiro3mi 102 views 2019年6月11日

イボの原因

イボができてしまう原因とは、一体何でしょうか。

■ウイルスによる感染

イボの原因は、主にウイルスによる感染です。ウイルスは皮膚や粘膜の傷から侵入するので、元々皮膚の免疫力が落ちているアトピー性皮膚炎の人や、汗をよくかく人、湿疹のある人にできやすい傾向にあります。ウイルス感染によるイボは、潰すと液体中のウイルスで感染が広がりイボが増えてしまうので、なるべく潰さないようにしましょう。 引用元:イボの原因 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

■加齢による老化現象

加齢とともに、皮膚に褐色や黒色をしたイボができることがあります。これは皮膚の老化現象の一つで、紫外線や遺伝などが影響していると考えられています。大きさは数mm~2、3cmほどで、表面はザラザラしていることが多く、汚れた毛穴のような黒点が多数みられることがあります。 引用元:イボの原因 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

イボの種類

イボには原因によって種類があります。
代表的なものを紹介します。

■ウイルス性いぼ

一般的に皮膚科で診察されるイボは、「ウイルス性イボ」であることがほとんどです。
主に手や指、足の裏などにできた小さな傷から「ヒト乳頭腫ウイルス(人パピローマウイルス/HPD)」と呼ばれるウイルスが皮膚に入り込み、イボができます。
外傷を受けることが多い手足や、外陰部にできやすいイボですが、手あれや髭剃り後などに、目には見えない傷ができてウイルスが侵入することもあります。
引用元:イボとは? イボの原因・症状と治療方法

■老人性いぼ

「老人性いぼ」は別名「脂漏性角化症」ともいいます。年と共にできるウィルス性ではないいぼです。顔面など日光の当たるところに多発します。
首やわきの下に生じる、ぶら下がったような形にもなる茶色い皮疹はスキンタッグやアクロコルドンと呼ばれますが、脂漏性角化症と同じ病態です。
引用元:老人性いぼ | たまつくりクリニック|内科・循環器内科・皮膚科・アレルギー科

■水いぼ

水イボは「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」とも呼ばれ、幼少児によく見られるイボです。「ポックスウイルス」というウイルス感染が原因で発症します。
伝染力が強く、小さな傷口や皮膚が乾燥している箇所からウイルスが入り込み、特にプールや浴場での接触感染が多いといわれています。
引用元:イボとは? イボの原因・症状と治療方法

いぼができる部位によっても種類があるようです。

■尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

最もポピュラーなイボ。ヒトパピローマウイルス(HPV)によるもので、ウイルスに対する免疫力が関係する。子どもから若年成人によく発症する。 引用元:もしかしたら腫瘍かも? イボの原因や種類を医師が解説 | マイナビニュース

■扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

平たいイボ。尋常性疣贅と同じくHPVによるものだが、顔や腕にできやすい。性器や子宮頸部にできることもあるが、その場合は尖圭コンジローマや子宮頸がんの原因になるので要注意。 引用元:もしかしたら腫瘍かも? イボの原因や種類を医師が解説 | マイナビニュース

また、一見いぼに見えてもどんどん大きくなるものは、皮膚がんの腫瘍である可能性もあります。
処置が早いほど完治しやすいので、見つけたらすぐに病院で診察を受けましょう。

イボの治療方法

いぼは、セルフでできる治療方法から病院で行う治療まで様々あります。
主な治療法を調べました。

■市販薬

サリチル酸の角質軟化溶解作用で角質をはがす、または乳酸で溶かして軟化させるタイプと、イボをやわらかくするヨクイニンの服用タイプが主流。効きめや強さならサリチル酸、乳酸のものが高いながら、なかには強すぎて皮ふにダメージがあるものもあります。 引用元:自分・病院でイボを治療する方法~種類を解説!【イボ治療百科】

■杏仁オイルやハトムギエキス

顔や首回りに出来る事が多い「角質粒」に効果的とされているのが、「ヨクイニン」に代表される「ハトムギエキス」。

また、お肌の硬化を緩めてくれる「杏仁オイル」も有名ですね。最近では、マイルドピーリングに配合される事も多く、角質除去に役立つと注目されています。
引用元:原因別に選ぶ「いぼ」の治し方とは?(美BEAUTE) - goo ニュース

■病院での治療

「老人性イボ」と呼ばれる脂漏性角化症は、紫外線や加齢が原因。褐色や黒色でボタンのような形が特徴だ。液体窒素の凍結療法で治療する。
中高年になって首や襟元などにできる褐色のポツポツ、スキンタッグ(軟性線維腫の一つ)を美容面から気にする人も多い。「皮膚科医がハサミで切り取ると、痕が残りにくい」

引用元:顔・手足のイボ、増えたり広がったりしたら|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

市販薬などで効果が見られない場合は医療機関を受診しよう

同じ箇所に何度も出来る・・なかなか治らない・・と言う場合は、皮膚科医の診療を受けるのが賢明です。皮膚科での治療法としては、液体窒素を使ったタイプやレーザー治療などが一般的とされています。 引用元:原因別に選ぶ「いぼ」の治し方とは?(美BEAUTE) - goo ニュース

一人で判断せず、医者の判断を仰ぐのが安全です。
気になったら自己判断せずに皮膚科医の診察を受けましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING