脂肪吸引とは?最近注目を集めているベイザー脂肪吸引の特徴

脂肪吸引とは?最近注目を集めているベイザー脂肪吸引の特徴画像

手軽なダイエット方法として注目されているのが脂肪吸引です。その中でも特に評判が良いのがベイザー脂肪吸引と言われています。今回はベイザー脂肪吸引の特徴などについてまとめました。

saki_co0111 24 views 2019年6月12日

■脂肪吸引とは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは脂肪吸引がどんなものかを見ていきましょう。

安全な痩身法として注目されている

脂肪吸引とは皮膚下にある脂肪を吸引することで無駄な贅肉を取り去ることを指します。脂肪には血管や神経が殆どありませんので取り除いても暫くすれば元の 状態に戻ることから、とても安全な痩身法として古くから行われています。 引用元:確実に痩せる脂肪吸引は福岡のゆめビューティクリニック

リバウンドのリスクが低い

近年技術の進化により非常に簡単に脂肪吸引を行うことが出来るようになりました。 カニューレと呼ばれる吸引管を使って細くしたい部分の脂肪細胞を吸引してボディラインを整える痩身法です。
脂肪細胞自体を吸引するため「リバウンド」の心配がほとんどありません。 引用元:確実に痩せる脂肪吸引は福岡のゆめビューティクリニック

安全にするなら一気に脂肪吸引しないこと

脂肪吸引を安全に行うためにはたくさんの箇所を一度に行わないことが大切です。顔あご、腹部、太もも、お尻など各部位を別々に行うことが安全のための注意点です。 引用元:脂肪吸引

このように劇的な変化を得るには難しいですが、リバウンドのリスクが少ない痩身法として有名です。

■脂肪吸引をする前に知っておくべき注意点

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、脂肪吸引をする際に覚えておきたい注意点について見ていきましょう。

不自然な仕上がりになることも

脂肪をとにかく大量に吸引するべきと考える医師は、えぐれや窪みなどをつくってしまう傾向にあります。左右がアンバランスになるため、脂肪吸引をしたことが一目でで分かるような不自然な仕上がりになります。 引用元:脂肪吸引のリスクと効果について|脂肪吸引(ボディジェット)なら【渋谷美容外科クリニック】

傷跡が目立つことも

カニューレの挿入はシワのある脇や太ももの付け根の内側など、目立たない箇所が最適とされ、二の腕や腹部などからカニューレを挿入すると、傷跡が目立ってしまいます。ひどいケースだと挿入口が火傷して、ケロイドのようになることもあります。 引用元:脂肪吸引のリスクと効果について|脂肪吸引(ボディジェット)なら【渋谷美容外科クリニック】

1日で全身の脂肪吸引はできない

安全面を考慮し、全身の脂肪吸引は一度に行っておりません。当院の方法は丁寧に一ヵ所、一ヵ所時間をおかけし彫刻していきます(およその施術時間:ふくらはぎ3時間、太腿4時間、全腹部2時間、ウエスト腰背部2時間、二の腕2時間)。一度に吸引する脂肪の量も3000ccを超えると体への負担が大きくなります。 引用元:脂肪吸引 プリモ麻布十番クリニック

このように注意点もあるので、しっかり覚えておきましょう。

■脂肪吸引の種類とそれぞれの特徴

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは脂肪吸引の種類について見ていきましょう。

ベイザー

ベイザー波の振動エネルギーを用いて脂肪組織だけをピンポイントに狙い、脂肪を遊離させて吸引をしていきます。針を使用しないので、ダウンタイムの時期も短くて済みますし、内出血や痛み、腫れなどの心配は要りません。 引用元:最新の脂肪吸引とは?種類や効果、費用の違いまとめ 脂肪吸引リファレンス

ライポマティック

超音波脂肪吸引の技術を使用して行う方法で、まだ国内では治療をされているクリニックは少ないですが、海外では多く導入されている方法で、主流といってもいい程、多くの方が受けられている施術方法になります。 引用元:最新の脂肪吸引とは?種類や効果、費用の違いまとめ 脂肪吸引リファレンス

スマートリポレーザー

別名「脂肪溶解レーザー」とも呼ばれている機械です。脂肪を物理的に吸引で除去するのではなく、直径1㎜以下の極細なファイバーを挿入し、そこからレーザー(pulsed YAG)を照射し脂肪の細胞膜を破壊します。 引用元:脂肪吸引の器械ってどれがいいの? 女医が教える美女力アップ塾

このように、さまざまな種類があるので自分に合うものを提案してもらいましょう。

■ベイザー脂肪吸引をする際のクリニックの選び方

出典元:www.pakutaso.com

こちらではベイザー脂肪吸引をする際のクリニックの選び方について見ていきましょう。

経験

ベイザーの器械は高性能なため、高度な技術を必要とします。器械を扱うライセンスの取得から少なくとも1年以上の経験のあるドクターを選びましょう。 引用元:ベイザー脂肪吸引の施術方法について – ベイザー脂肪吸引の施術方法と、信頼できるドクターの選び方につ

症例写真を見せてもらう

ドクターのボディデザインの技術も重要です。症例写真をできるだけ多く見せてもらって、不自然なところがないかよく見極めましょう。ワンランク上のデザイン技術を持つ医師だけが取得できる、「ベイザー4Dスカルプト」というライセンスもあるので、認定医かどうかも選択の基準になります。 引用元:ベイザー脂肪吸引の施術方法について – ベイザー脂肪吸引の施術方法と、信頼できるドクターの選び方につ

丁寧な説明

脂肪細胞も同じようにまとまっていると吸引しづらいので、ベイザー波を使って脂肪細胞をバラバラにすることで、吸引しやすくすることができます。 引用元:ベイザー脂肪吸引|ベイザーリポの仕組みを解説。共立美容外科

このように経験豊富な医師を選ぶようにしましょう。

■ベイザー脂肪吸引を得意としているクリニック

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、ベイザー脂肪吸引を得意とするクリニックについて見ていきましょう。

大阪雅美容外科

ウエストと太もものセットでかなりお得に!仕上がりもボコボコはなくとてもフラットです。手術中だって寝ている間にあっという間に終わってしまいました。 引用元:ベイザー脂肪吸引の口コミ比較ナビ

北村クリニック

余分な脂肪はプロポーションを崩す最大の原因。当院の脂肪吸引では洗練されたセンスと経験、熟練の技術によって、あなたのボディラインを整え、理想のプロポーションを追求します。先端技術「ベイザー」の登場によりその痩身効果は飛躍的に高まりました。 引用元:北村クリニック オフィシャルサイト 脂肪吸引

東京イセアクリニック

イセアはこれまでの「ラクではなかった脂肪吸引」で数多くの実績を積んだ医師が、最高峰と言われているベイザーLipoを扱うことで、満足度の高い術後の仕上りと医療事故リスクの回避を行っています。 患者様にとってのメリットが最大となる脂肪吸引をお探しなら、ぜひご相談ください。 引用元:ベイザー脂肪吸引 美容外科・美容皮膚科の東京イセアクリニック(銀座・渋谷)

このように、ベイザー脂肪吸引でおすすめされているクリニックは豊富にあります。

■ベイザー脂肪吸引で落ちにくい脂肪を除去しよう

出典元:www.pakutaso.com

脂肪は落ちにくいものもあり、運動や食事制限をしてもなかなか効果が実感出来ない場合があります。そんな時はベイザー脂肪吸引を試してみてはいかがでしょうか。リバウンドもしにくい特徴を持っているので、ダイエットしたい人にこそおすすめです。

まとめ

脂肪吸引は医師の腕によって失敗の可能性も出てきます。そのため、経験豊富な医師か、評判は良いかなどをしっかり見極めましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING