在宅透析とは?在宅透析をするメリットと在宅透析ならではのリスク

在宅透析とは?在宅透析をするメリットと在宅透析ならではのリスク画像

在宅透析とはいったいどのようなものなのでしょうか。メリットやリスクについてまとめました。

autumn0920 213 views 2019年6月18日

在宅透析とは?

そもそも在宅透析とはどのようなものなのでしょうか。

週3回の通院は身体的・精神的負担や時間的拘束によって、大きな負担となっています。

医療技術の進歩により、自宅で血液透析を行う在宅血液透析(以下HHD)が可能となり、近年は全国的に普及が進み、自分のライフスタイルに合わせて治療が出来ることから,QOL(生活の質)の向上が図れるようになりました。 引用元:茨城県立中央病院 | 在宅血液透析とは

ご都合のいい時間帯にご自分で透析ができます。 引用元:特集!在宅血液透析

在宅血液透析は、医療施設の指導・管理のもとに、血液透析を家庭で行う治療です。 引用元:在宅透析|透析について|医療法人社団 にれの杜クリニック

文字通り、自宅で行える透析ということになりますね。

在宅透析にするメリット

ここからは在宅透析のメリットをみていきましょう。

医療施設の事情に左右されず自分の生活スタイルに合わせて実施することができる 引用元:在宅血液透析 | 腎内科クリニック世田谷公式ページ|千歳烏山 腎臓内科 人工透析 糖尿病内科

メリットは、透析施設に通う必要がなく、患者の身体的な負担が軽くなること。 引用元:在宅血液透析か?施設透析か?|臨床賛否両論 - m3.comの医療コラム

回数も自由に決められるので頻回や長時間の透析も可能 引用元:より長く、元気に生活できるさまざまな血液透析療法 …

より自由度が高い透析治療と言えそうです。

知っておくべき在宅透析のリスク

リスクについてもみていきましょう。

緊急時の対応等については、医療従事者が常にそばにいる通院血液透析より当然リスクが高くなります。 引用元:在宅血液透析入門|在宅血液透析について|診療案内|品川ガーデンクリニック 通院透析在宅血液透析内科泌尿器科訪問診療

透析用水や透析液の水質管理についても管理施設内と同様な管理が行われる環境・体制
の整備が必要 引用元:在宅血液透析管理マニュアル - 日本透析医会

費用やいざという時の対応には不安があります。また衛生面もしっかりとした管理が必要のようですね。

在宅透析に対応できるおすすめのクリニック

ここからは在宅透析に対応できるクリニックをご紹介します。

■東京透析フロンティア池袋駅北口クリニック

在宅透析の導入トレーニングのレクチャー経験が豊富な川畑勝氏が在籍しており、日本でも有数のトレーニング体制が整っています。また24時間緊急電話窓口・体液モニター・漏血検知器など安全性への配慮もされています。 引用元:在宅透析の導入を検討されている方へ|治療のメリットやデメリット、クリニックの選び方とは?

■渋谷笹塚循環器HDクリニック

在宅透析についても積極的に奨励。穿刺や機械の操作などのトレーニングや、月数回の訪問対応に取り組んでいます。緊急時はアラーム対応で通知がされるシステムを導入しているので、万が一トラブルが発生した場合も安心です。 引用元:【2018年東京版】在宅透析対応ができる評判のクリニック5選

■腎内科クリニック世田谷

在宅透析に関するトレーニングや緊急時の対応も行っていますので、安心して在宅透析を受けることができるのではないでしょうか。 引用元:在宅透析をサポートしてくれるクリニックが東京にもありました

在宅透析で家族と過ごす時間を増やそう

在宅透析なら家族と過ごせる時間も増えますね。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING