歯列矯正の専門医が在籍している東京のおすすめ矯正歯科

歯列矯正の専門医が在籍している東京のおすすめ矯正歯科画像

歯科矯正の方法はどのように行うのでしょうか。また矯正歯科選びはどのように行えばいいのでしょうか。気になる方は多いはずです。ここでは東京で矯正歯科を行う専門医をはじめ、矯正歯科の注意点についてご紹介していきましょう。きっと歯科矯正のコンプレックスがなくなるはずです。

miyu1010 87 views 2019年6月13日

歯列矯正の方法

歯列矯正には、大きく分けて

「ワイヤー矯正」
「裏側矯正」
「マウスピース矯正」

の3つの治療法があります。 引用元:歯列矯正ってどんな種類があるの?|歯列矯正ページ _ エムズ歯科クリニック.html

■ワイヤー矯正

歯の表面に『マルチブラケット』という矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定し、歯を引っ張っていく治療方法です。 引用元:ワイヤー矯正とは?|歯列矯正ページ _ エムズ歯科クリニック.html

ワイヤー矯正には、金属ブラケット・審美ブラケット・セルフライゲーションブラケットがあります。

金属を使用した矯正装置で薄くて丈夫であり、さまざま不正咬合に適用する装置です。外からの見た目にこだわりがなく、治療費と通院回数を抑えたい方に合った装置です。 引用元:矯正装置の種類|岡山じんの矯正歯科

『審美ブラケット』は、透明や白の目立ちにくい色のブラケットで、プラスチック製のものやセラミック製のものなどがあります。 一般的な金属製のブラケットと同様に多くの種類の不正咬合に対応することができます。 引用元:審美ブラケット矯正┃自由が丘シーズ歯科・矯正歯科

セルフライゲーションシステムでの矯正治療は、治療期間・診察時間ともに短縮 引用元:デーモン & クリッピー:セルフライゲーション矯正治療 | 永田矯正歯科 大阪

セルフライゲーションシステムは短期間だけでなく、痛みも少ないのが魅力です。

■裏側矯正

マルチブラケット装置を舌側(歯の裏側)に装着して、歯をならべる矯正治療です。
外側に装置が見えないのが最大のメリットです。 引用元:舌側矯正治療(裏側矯正) _ 矯正歯科 横浜市綱島駅徒歩1分 横浜市港北区【JOY矯正歯科クリニック

■マウスピース矯正

マウスピース矯正のメリットは、2つあると思います。
1つは、ブラケット矯正のように歯列矯正のための装置が目立つことがないため、周囲の人々に知られずに歯並びを矯正できることです。
もう1つは、マウスピースの脱着ができるため、ブラケット矯正に比べ歯みがきがしやすいことが挙げられます。 引用元:歯列矯正で「マウスピース矯正」をお考えのあなたへ|一般社団法人神奈川県歯科医師会

以下はマウスピース矯正のデメリットです。

一方、マウスピース矯正には、ブラケット矯正に比べ、次のような弱点も指摘されています。
1つには、歯並びを大きく矯正する必要がある場合には向いているとはいえず、ブラケット矯正のほうが有利だということです。もう1つは、取り外しが自由にできるため、使わなければもとの歯並びに戻ってしまい、治療により時間がかかることもあります。 引用元:歯列矯正で「マウスピース矯正」をお考えのあなたへ|一般社団法人神奈川県歯科医師会

矯正歯科を選ぶポイント

認定医というのは、各専門の治療に関して充分な学識と経験を有すると認められた医師に与えられる資格です。日本の矯正歯科の発展の為に尽くす日本矯正歯科学会が定める厳しい審査基準に合格した矯正歯科の認定医ならば、安心して矯正治療を任せることができます。 引用元:矯正歯科の選び方|ほのぼの歯科・矯正歯科(矯正認定医).html

長期的に通院するので通いやすい歯科を選ぶことも大切です。

矯正装置、患者さんにとってはこれから長い期間お付き合いしていかなければいけないものです。なるべく目立たないものがいいとおっしゃる方も多いでしょう。矯正装置のブラケットには幾つか種類があって、一般的なメタル製のものはかなり目立ちますので、目立たないセラミック製や最新型システムデーモン等の審美的に優れた装置が標準料金内で装着可能かどうかも、矯正歯科の医院を選ぶ上での重要なポイントになります。 引用元:矯正歯科の選び方|ほのぼの歯科・矯正歯科(矯正認定医).html

当然費用が安いことは当然ですが、それ以上に治療を成功させることのほうが大切です。またスタッフのプロフェッショナルさやこちらの声にどれだけ耳を傾けてくれるのかについても重要なポイントと言えそうです。

歯列矯正の注意点

歯列矯正の注意点をご紹介しましょう。

毎日のブラッシング、これが大切です。
やはり汚れがたまりやすいので、歯ブラシが大切になります。正しいブラッシングは意外と知らないもの、専門のスタッフがブラッシング指導を行います。また、治療に応じて注意点が違ってきますので、担当医の指示に従ってくださいね。 引用元:矯正治療Q&A _ 東京歯科大学千葉歯科医療センター.html

日々のハミガキは基本中の基本です。

歯列矯正中は装置を口内に装着した状態になるため、スポーツ時には注意が必要。口元に強い衝撃が加わると、装着している装置によっては口腔(こうくう)内のケガを招く場合があるからだ。ただ、スポーツ専用のマウスピースなどもあるので、趣味や部活動などで体を動かしている場合は、矯正歯科医に相談するとよい 引用元:歯列矯正のメリットと矯正前・矯正中の注意点 (2) 矯正前・矯正中に気をつけることや矯正の適切な時期は? | マイナビニュース

物理的衝撃は当然ながら矯正中は注意が必要です。

矯正装置を外した後は、矯正した歯が戻らないように保定装置(リテーナー)を装着する必要がある。自分で取り外しができる装置で、「週に2~3回」「夜間のみ」といったように24時間付けておく必要もないため、しっかりと医師の指示に従って装着するようにしたい。「煩わしいから」と装着の頻度を勝手に少なくしてしまうと、せっかく矯正した歯列が戻ってしまうので気をつけよう。 引用元:歯列矯正のメリットと矯正前・矯正中の注意点 (2) 矯正前・矯正中に気をつけることや矯正の適切な時期は? | マイナビニュース

元に戻ってしまうおそれがありますので医師の指示にしたがってください。

歯列矯正の専門医がいる東京のおすすめ矯正歯科

クリニックに所属しているドクター全員が、矯正治療に関する豊富な知識を持つ日本矯正歯科学会の認定医。
日本にインビザラインが導入された当初から扱っており、年間151例以上の治療を行ったドクターのみに与えられる「インビザライン・ダイヤモンドプロバイダー」のランクを獲得している。 引用元:認定医・専門医がいる矯正歯科、痛みがなく短期間ならここ!【東京編】

13年の治療実績に満足することなく、患者様により良い治療をご提供できるよう、青山アール矯正歯科は常に努力を続けてまいります。
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による治療は、是非当院へご相談ください。 引用元:マウスピース矯正(インビザライン)のご相談は青山アール矯正歯科(東京院・大阪院)へ

全世界で500万人の患者様がインビザラインで治療を行っています。(2018年1月現在) 当院のドクター・スタッフは全員、インビザライン矯正治療を経験しています。 当院では1600症例を超えるインビザライン矯正実績、海外クリニックで研修したドクター、スタッフが皆様のインビザライン治療を担当いたします。 引用元:インビザライン_マウスピース矯正 _ 東京・文京区の本郷さくら矯正歯科.html

歯列矯正で歯並びのコンプレックスを解消しよう

歯列矯正で歯並びのコンプレックスを解消しましょう。面倒でもきちんと受ければ、その後の口腔環境を良好に保つことができます。年齢を重ねるほど歯の大切さを実感するので、ぜひご検討ください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING