妊娠中の脱毛はどうするのがおすすめ?

妊娠中の脱毛はどうするのがおすすめ?画像

出典元:d3reun7bhr7fny.cloudfront.net

エステで脱毛を行っていたときに、妊娠が発覚した場合は脱毛に通うのを中止しましょう。
妊娠中は、身体や肌が最も敏感になっている期間なので、ほとんどのエステでは脱毛を行うことができません。万が一、肌トラブルや胎児に影響があった場合に対応することができないので、避けたほうが良いでしょう。
妊娠中は、女性ホルモンバランスの変化によって身体中の毛が濃くなることで、毛深く見えてしまいます。これは、妊娠中の特徴のひとつなので、仕方がないことです。出産後には、妊娠前の状態に戻るので安心してください。

mokomoko_to_moko 351 views 2016年8月31日

出典元:192abc.com

妊娠中の肌は最も敏感なので注意!

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れなど身体の変化が不安定になりやすいことから、基本としては脱毛を行ってはいけません。肌も敏感になっているため脱毛を行うと、色素沈着・炎症・かぶれなどの肌トラブルが起こりやすいといわれています。

ホルモンバランスも崩れている時期なので、十分に効果のある脱毛ができません。脱毛をしたはずのところから濃い毛が生えることもあります。 引用元:http://mou-mou.info/pregnancy/20160301.html

どうしても脱毛を行いたい場合は!?

肌への負担が小さい方法で処理しましょう
肌に対する負担が少ない方法なら、特に問題は無いです。
代表的なものとして電気シェーバーがあります。数ある脱毛法の中でもかなり負担が少ないので、妊娠中にシェーバーを使っている方は多いですね。
引用元:http://www.datsumouki-kuchikomi.biz/qa/pregnancy/

脱毛クリームや毛抜きなどで処理する方が多いですが、脱毛クリーム独特の臭いや肌への刺激などが多いので、あまりおすすめすることができません。どうしても脱毛を行いたい場合には、電気シェーバーがおすすめです!脱毛クリームや毛抜きに比べて、肌への負担が最も少ないとされています。また、お腹が大きくなると自分で脱毛を行うことが難しくなる場合があります。お腹が大きくなったら脱毛をやめるか、パートナーに協力してもらうなどしましょう。

出典元:newst.info

妊娠中にも安心して使える家庭用脱毛器

レイボーテグランデは、妊娠中の方にもおすすめされている家庭用脱毛器です。肌に刺激の少ない脱毛器とされているので、肌が敏感な妊娠中でも安心して使用することができます。10段階のレベル調整のなかから選択して脱毛できるので、低いレベルから行えるので安心です!また、家庭用脱毛器のなかでも脱毛パワーが強力なので、短い時間で脱毛することができます。長時間肌を出していると身体が冷えてしまいますが、短い時間で脱毛ができるので、身体が冷える前に終わります!妊婦さんにも優しい脱毛器なので、おすすめです!

引用元:https://twitter.com/dastumo_ki/status/743732651975024640

脱毛する際の注意点

どのような脱毛方法にしても、お腹周りの毛はあまり剃らないようにしましょう。お腹周りの毛が最も濃くなりがちですが、デリケートな部分なので注意しましょう。ほかにも、肌を出して脱毛を行うので身体の冷えに注意しましょう。妊娠中に冷えは大敵です!身体を冷やしてしまうと体調が悪くなることがあります。長時間の脱毛や無理な姿勢での脱毛には、注意してください。また、痛みを感じた場合には直ちに使用を中止しましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING