ケロイド治療は諦めなくていい!京都にはオススメのクリニックがある!

ケロイド治療は諦めなくていい!京都にはオススメのクリニックがある!画像

小さな傷やニキビからもできるというケロイドについて、治療法やおすすめのクリニックなどをまとめました。

hiro3mi 25 views 2019年7月24日

ケロイドとは

ケロイドについて、皮膚の病気ということは知っているけどあまり詳しくは分からない、という人も多いのではないでしょうか。

ケロイドや肥厚性瘢痕などの異常瘢痕は、簡単に言うと「【コラーゲンやそれを作る線維芽細胞】と【血管】のかたまりの中に、様々な【炎症を起こす細胞(炎症細胞)】が散らばっている腫瘍」です。 引用元:「ケロイド」と「ケロイド外来」について|日本医科大学武蔵小杉病院

コラーゲンの塊が硬いので腫瘍は硬く、血管が多いので赤く見える、という訳です。一番の問題点は、どんどん腫瘍が増えて広がっていくことです。見た目も悪くなるし、患者さんが最も苦労するのは、【炎症細胞】が発する物質により痒さ・痛さが強い事です。 引用元:「ケロイド」と「ケロイド外来」について|日本医科大学武蔵小杉病院

ケロイドは治療が難しい?

ケロイドの治療が難しいとされている点を見ていきましょう。

■再発しやすい

ケロイド治療の難しい点は、「再発しやすい」ということです。できもののように見えますが、、活動性の高いきずのような性質をもっており、いったん小さくなったり、痛み痒みが治まったりしても、活動性が高まるとまた大きくなってくることがあるのです。例えば、手術で切除しても、ケロイド体質があると、手術のきずあとがまたケロイドになってしまうことがあります。 引用元:形成外科シリーズ ⑩ ケロイド | 中頭病院

■完治に時間がかかる

ケロイドのチェックが必要なくなり完治したと言えるのは、活動性が完全に無くなり、いわゆる古傷になった時です。この活動性のない古傷のことを「成熟瘢痕」と言いますが、成熟瘢痕になるまでの期間は、数ヶ月から、人によっては数年かかることもあります。 引用元:形成外科シリーズ ⑩ ケロイド | 中頭病院

京都でケロイド治療に定評のあるクリニック

京都でケロイド治療を行う、評判の良いクリニックを紹介します。

■烏丸姉小路クリニック

烏丸御池駅から徒歩1分にある「烏丸姉小路クリニック」は、京都府以外からもケロイドに悩む人が訪れ、ケロイド治療専門サイトの監修にも携わっているクリニックです。形成外科と美容外科の2本柱で治療を行っています。 引用元:【3院比較】ケロイド治療に対応してくれる京都の通いやすいおすすめクリニック

■京都駅前さの皮フ科クリニック

京都駅から徒歩1分の予約ができる皮膚科です。
皮膚科専門医による、専門的できめ細かい診療を提供いたします。
来院される方には親戚のお医者さんのところに相談に行くような安心感があり満足できる医療を行いたいと思っております。
引用元:京都駅前さの皮フ科クリニック - 京都市下京区 【病院なび】

■ヴェリィ美容形成クリニック

手術やケガの跡が赤く腫れあがったり、引きつれたりしていませんか?赤く腫れあがっている場合には、傷跡に痛み、かゆみを伴います。また、引きつれがある場合には、顔であれば顔貌が変形したり、体幹であれば、重度になると運動制限が生じてきます。保存的治療(テープや注射)~手術療法に至るまで、貴方に一番適した方法で治療致します。 引用元:形成外科保険診療(ケロイド、瘢痕) | 【ヴェリィ美容形成クリニック】京都の美容整形・美容外科

■まつもと皮膚科クリニック

初期のものや再発を予防する場合は、飲み薬を使います。
塗り薬やテープ、局所注射もよく行われます。
創部をテープやスポンジなどで、持続的に圧迫する方法も有効です。
上記の治療法が無効な場合は、目立たないように切除手術、ケロイドやきずあとをキレイにする瘢痕形成手術を行うこともあります。 引用元:ケロイド 肥厚性瘢痕|京都府福知山市 まつもと皮膚科クリニック

ケロイド治療方法について

ケロイドの治療は、具体的にどのようなことを行うのでしょうか。
主な治療方法を調べました。

■内服薬

リザベン(トラニラスト)という内服薬が、現在唯一国内で保険適応があり処方されている肥厚性瘢痕、ケロイドに対する治療薬です。リザベンは抗アレルギー薬でもあり、反応性に増える皮膚線維細胞の増殖を抑える効果があるとともに、傷の赤みやかゆみなどを軽減させる効果があります。 引用元:瘢痕、ケロイド、肥厚性瘢痕の治療|形成外科|順天堂医院

■ステロイド軟膏、テープ

ステロイドには抗炎症効果がありますので、皮膚線維細胞の増殖を抑え、赤みやかゆみに効果が認められます。ステロイドテープであるドレニゾンテープは瘢痕を超えて貼ると正常部分の皮膚に赤みを生じ、赤みがなかなか取れないことがありますのでテープは瘢痕内に張るようにしていただいています。 引用元:瘢痕、ケロイド、肥厚性瘢痕の治療|形成外科|順天堂医院

■手術

ひきつれ(瘢痕拘縮)の原因になったり、目立つ所で醜状が問題となれば、やはり手術をすべきです。しかし、従来からこれらは安易に手術してはならないとされてきました。なぜならば、楕円形に切り取ってそれを縫い縮めると、少し長めの直線のきずとなりますが、もしそこからケロイドや肥厚性瘢痕が再発したら、前より大きなものになってしまうからです。 引用元:ケロイド外来 - 日本医科大学付属病院 ケロイドの原因・治療を解説

今でもそのような考えの医師は多いのですが、形成外科では、できる限り再発しないような縫い方の工夫をし、さらに放射線治療である、電子線治療や小線源治療という方法を取り入れることによって、これらの問題を解決してきました。 引用元:ケロイド外来 - 日本医科大学付属病院 ケロイドの原因・治療を解説

ケロイド治療を諦めている人は専門クリニックで診てもらおう!

治療法は他にも注射やレーザー、貼り薬など様々あるようです。
信頼できる専門クリニックで最適な治療を行いましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING