おすすめのヘナ白髪染めや選び方について

おすすめのヘナ白髪染めや選び方について画像

加齢とともに目立ってくるのが白髪です。そんな白髪を染めるには、ヘナがおすすめです。ヘナは植物由来の染料なので市販の白髪染めと違って髪の毛にダメージを与えることもありません。天然素材のヘナであれば妊娠中も毛染めが可能です。ヘナのメリットについて知っておきましょう。

ya066oy 103 views 2019年8月19日

おすすめのヘナ白髪染めや選び方について

気になる白髪には白髪染めが有効です。しかし、カラーリングでは髪の毛や頭皮を傷めたりします。その点安全な天然染料として注目されているのが「ヘナ」です。ヘナについて知っておきましょう。

ヘナについて

白髪染めに使われているヘナとはどのようなものでしょうか。みてみましょう。

■ヘナはミソハギ科の植物

ヘナ(ヘンナ)は、ミソハギ科の植物で学名はLawsonia inermis。日本では「指甲花(シコウカ)」または「ツマクレナイノキ」と呼ばれてきました。インドでは古来から薬草として親しまれて、アーユルヴェーダ(伝承医学)の代表的なハーブとされてきました。
インド、北アフリカなどの乾燥した地域に育ち、木は高さ3~6メートルほどにまで成長します。芳香のある白や薄紅色の花を咲かせるのも特徴です。 引用元:HENNA COLOR ヘナ・カラー | 高円寺/阿佐ヶ谷の美容室STYLES

■ヘナの歴史は古い

ヘナは旧約聖書にも登場しています。19世紀ペルシャやインドの女性たちは髪の毛だけでなく手の平や指先もヘナで染めていました。エジプトや中近東では、結婚式やお祭りのお洒落としてヘナでのマニキュアやボディペイントが今も行われています。また、ヨーロッパでもヘアトリートメント、染毛剤として古くから普及しています。 引用元:植物の粉がヘアカラーに「ヘナ(ヘンナ)」 - 石鹸百科

ヘナ白髪染め選びの重要性とは?

ヘナは髪の毛に優しいだけでなく、いろいろなメリットがあります。ヘナの白髪染めについてみていきましょう。

■ヘナでなぜ髪の毛は染まるの?

ヘナで白髪染めできるのは、ヘナの葉に含まれるローソニアという赤色酵素色素にあります。タンパク質に反応して絡みつき、髪に膜を貼るようにオレンジ色に発色する性質を持っています。
ですので、白髪には、オレンジ色に見えますが、黒髪には、オレンジ色に見え難い特徴があります。 引用元:『ヘナで白髪染めを始めるために知っておくこと』|白髪

■ヘナはあらゆる人におすすめ

肌が弱い人はもちろんのこと、髪と地肌の健康を考えれば、肌が丈夫な人でもヘナのような天然素材を使った白髪染めを選ぶのが、賢い選択だということです。 引用元:ヘナ白髪染め製品比較ランキング

おすすめのヘナ白髪染めについて

頭皮にもやさしいヘナ白髪染めですが、おすすめのものをみておきましょう。

■ナイアード ヘナ100%

ヘナ製品で人気の高いナイアードの、ヘナを100%使った製品です。品質の良いヘナを選りすぐっており、シンプルゆえにヘナの良さをたっぷりと実感することができます。カラーはヘナの特徴でもあるオレンジ色で、使うごとに髪に健康的なハリやコシを与えることができます。ヘナ初心者もリピーターも満足できる商品です。 引用元:ヘナのおすすめ5選!白髪染め効果も | HEIM [ハイム]

天然成分100パーセントで安全です。

■マックヘナ ナチュラルブラウン

最高級な「ヘナ」と「インディゴ」の巧みなハーモニーでブラウン系の色を実現しました。
天然植物成分100%で、白髪をシックで落ち着きのあるブラウンに仕上げながら、抜群のトリートメント効果が得られます。
仕上がり時間も40分程度と時間の短縮化に成功。
天然のやさしさを存分に味わいながら髪質を変える「マックヘナ」の自信作です。 引用元:【楽天市場】【クーポンで100円OFF!】マックプランニング マックヘナハーバルヘアトリートメント#

■ナイアードヘナ ヘナ+木藍

木藍(インディゴ)をヘナに加えた人気の「ヘナ+木藍」。白髪が落ち着いた黒茶系に染まります。黒髪の色はほとんど変わりません。白髪が多めの方で、落ち着いた仕上がりがお好みの方に。 引用元:10%OFF & ポイント10%!ナイアード ヘナ+木藍 黒茶系の通販 | ヘアハピ

肌が弱い人はヘナ白髪染めを検討してみよう

化学染料は一切含まない植物由来の天然染料ですが、髪質改善に役立つという驚きの染料です。
天然なので化学染料と違い染めに時間や手間がかかりますが、安全性とトリートメント効果で、悩んでいる方にはお試しの価値のある、貴重な天然染料です。 引用元:天然染料ヘナ

まとめ

ヘナとは科学的な製品で違い、植物の成分で髪の毛をコーティングしながら染められます。カラーリングをしたいけれど肌が弱い人や、カラーリングを繰り返してダメージが気になる人にも最適です。天然の成分を選ぶようにしましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING