つらいPMSの症状にはサプリメントがおすすめ!

つらいPMSの症状にはサプリメントがおすすめ!画像

女性の中にはつらいPMSの症状に悩まされている人もいるのではないでしょうか。今回は、PMSの症状をカバーしてくれるサプリメントについてまとめました。

saki_co0111 66 views 2019年8月7日

■PMSの症状とは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、PMSの症状などについて見ていきましょう。

どんな人が悩まされる?



生理の1~2週間前に起こる体調不良をPMS(月経前症候群)と呼びます。PMSの症状は人によって様々ですが、特にストレスが多い方や、完璧主義で几帳面な方はPMSになりやすいといわれています。
引用元:女性ホルモンとPMS(月経前症候群) ゆたか倶楽部

身体的な影響

乳房が張る・痛い、肌が荒れる、体重が増える、体がむくむ・冷える、頭痛、腰痛、下腹部痛、眠気が強くなる 引用元:女性ホルモンとPMS(月経前症候群) ゆたか倶楽部

精神的不調

「普段だったら流せるような些細なことが気に障って、イライラしてしまい、後から自己嫌悪におちいる」「卵が上手に割れないことすら気にかかり、取り乱してしまったことがある」と話す人もいらっしゃいました。 引用元:PMS(月経前症候群)とは?|コニカミノルタ

全員がPMSに悩まされているわけではない

月経前の感覚や変化を「もうすぐ月経がはじまる合図」または「卵巣がはたらいている証拠」とニュートラルに、あるいはポジティブにとらえている人もおられます。不快な症状が日常生活や社会生活に悪影響を及ぼしている場合は、ケアや治療の対象になります。 引用元:PMS(月経前症候群)とは?|コニカミノルタ

このように、自分では気づいていなかっただけで当てはまる人もいるのではないでしょうか。

■PMSの症状におすすめのサプリメント

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、PMSの症状におすすめのサプリメントについて見ていきましょう。

HINA

女性ホルモン・エストロゲンと同じ働きをする植物性エストロゲンを配合。イソフラボン単体だけでなく直接エストロゲン様に作用する植物成分を複数バランス良く配合しているのがポイント。 引用元:今日から試してほしい!PMS対策とっておきサプリ5選

サトウチェストツリー

●西洋ニンジンボクは、南ヨーロッパから中央アジアを原産とするクマツヅラ科の植物です。
●チェストツリーにビタミンB6、カルシウムを配合した健康維持商品です。 引用元:製品検索 薬と健康を見つめる製薬会社 佐藤製薬株式会社

イソラコン


イソフラボンは大豆の芽になる部分「胚芽」にギュッと凝縮されて含まれています。
『イソラコン』は、この大豆胚芽のみを原料として使用。
国内基準の農薬検査を行うとともに、遺伝子組み換え大豆は一切使用していません。
引用元:【公式】累計15万本突破!イソフラボン倶楽部人気商品No.1 イソラコン|イソフラボン倶楽部オンライ

このように、PMSにおすすめされているサプリメントは複数あります。

■PMDDの症状と間違えないようにしよう

出典元:www.pakutaso.com

PMSとPMDDは似ていることもあり、意外と間違われやすいです。PMSの症状とPMDDの症状を間違えないようにしましょう。こちらでは、PMDDの症状について見て行きます。

PMDDはPMSよりも重い症状

「月経前不快性障害(PMDD)」は、生理前のつらい症状「月経前症候群(PMS)」よりもさらに深刻なものです。 症状は似ていて、いらいらしたり、空腹を感じたり、疲れが出たりするほか、おなかが痛くなったり、めまい、気分の落ち込みなど。でもPMDDの方が重いのです。 引用元:PMDD(月経前不快気分障害)を経験した女性のリアルストーリー MYLOHAS

自殺を考える人もいるほど

自殺を考えるほどにもなります。終わらないのではと考えるのが一番つらいことでした。月経と関係しているとわからないのです。幸い友達が教えてくれました。私の場合は、避妊法を変えたのがよくて、抗不安薬と抗うつ薬で乗り切りました。 引用元:PMDD(月経前不快気分障害)を経験した女性のリアルストーリー MYLOHAS

感情の起伏が激しくなる

「月経前不快気分障害」(PMDD)は、月経が始まる数日前から不快な気分に陥り、月経開始の前後や直後に回復する障害です。感情の症状(例:突然悲しくなる、怒りっぽくなる、抑うつ気分や絶望感)と、行動の症状(例:仕事や学校、趣味などへの興味が薄れる)、身体の症状(例:だるい、疲れやすい、過食、過眠または不眠など)が合計5つ以上ある時に診断されます。 引用元:月経前不快気分障害(こころの病気のはなし_専門編)

日常生活にも影響を与える

月経前不快気分障害は、過去1年間のほとんどの月経周期に症状が現れており、仕事や学業など日常活動を妨げるほどの強さです。夫婦関係や親子関係、友人との関係を阻害することもあります。 引用元:月経前不快気分障害(こころの病気のはなし_専門編)

このように、さまざまな症状が出てしまいます。

■サプリメントでカバーしながら、少しでも負担を減らそう

出典元:www.pakutaso.com

サプリメントですべてを解消出来るほどではありませんが、多少軽減されたと言う意見も多いです。酷いPMSに悩まされている人は、サプリメントを摂取することを検討しましょう。

まとめ

PMSは安易に考えていると想像以上の症状に悩まされてしまうので気をつけてください。婦人科などで相談を受けている所も多いので、そういったところでアドバイスを貰うのもおすすめです。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING