パーキンソン病とは?東京でおすすめのリハビリ施設

パーキンソン病とは?東京でおすすめのリハビリ施設画像

パーキンソン病はさまざまな症状があり、多くの人を悩ませている病気です。今回は東京でパーキンソン病のリハビリにおすすめの施設についてまとめました。

saki_co0111 86 views 2019年8月14日

■パーキンソン病とは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、パーキンソン病がどんなものかについて見ていきましょう。

パーキンソン病ってなに?

パーキンソン病とは、脳の中の黒質と呼ばれる場所に存在するドパミン神経が脱落してなくなっていってしまう病気です。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気? | パーキンソン病の手術療法 脳深部刺激療法(DBS)

自然治癒はない

進行性の病気で、一旦発症すると自然によくなったり治ったりすることはありません。ごく一部の患者さんは遺伝子の変異が関連しますが、大多数の患者さんは原因不明です。加齢に伴って発症しやすくなりますが、働き盛りの若いうちから発症する患者さんもいらっしゃいます。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気? | パーキンソン病の手術療法 脳深部刺激療法(DBS)

現代医学では完治が難しい

パーキンソン病は主に50歳以上の中高年に見られる進行性の疾患で、手足のこわばりといった軽い症状から、最悪の場合は寝たきり状態になることもある、現代の医学では完治が困難な難病として知られています。 引用元:パーキンソン病ってどんな病気?予防法は?治療すれば完治する? 知っておきたい介護の知識

動作が遅くなる

パーキンソン病は、手足の震えや筋肉のこわばりなど、運動機能に障害が現れる病気です。「手足が震える」「動作が遅くなる」といった自覚症状が出たら、パーキンソン病を疑ったほうがいいでしょう。 引用元:パーキンソン病ってどんな病気?予防法は?治療すれば完治する? 知っておきたい介護の知識

このように、パーキンソン病はさまざまな特徴を持っています。

■パーキンソン病の原因

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、パーキンソン病の原因について見ていきましょう。

ドパミン細胞が減少

ドパミン細胞が急激に減っていく理由はわかっていませんが、パーキンソン病の発症にはドパミン細胞の中でαシヌクレインというタンパク質が凝集することに関連していると考えられています 引用元:パーキンソン病の発症原因について パーキンソンスマイル.net

原因に特別な理由はない

食事や職業、住んでいる地域など、原因となる特別な理由はありません。また、稀に家族性に発症し、その遺伝子が特定される場合もありますが、患者さんのほとんどは孤発性であり、遺伝性を示しません。 引用元:パーキンソン病の発症原因について パーキンソンスマイル.net

遺伝子に関連した変化が原因?

ドパミンの量が減る原因は、まだ十分には解っていません。年齢に伴った脳の何らかの変化や一部は遺伝子に関連した変化が原因として推定されています。 引用元:パーキンソン病の原因は?|大塚製薬

このように、パーキンソン病の原因については詳しく分かっていないのが現状のようです。

■パーキンソン病の治療法

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、パーキンソン病の治療方法について見ていきましょう。

DBS

パーキンソン病の治療の中心は薬物治療ですが、脳深部刺激療法「DBS」は薬物治療と組み合わせて効果をあげることを目的としています。薬物治療は長期にわたって使用していると、効き目が悪くなってくる、ジスキネジアなどの副作用がでる、といったことがあります。そこで薬以外の治療の選択肢として、DBSという外科手術が保険で受けられるようになりました。 引用元:パーキンソン病とは (治療法を知る)|パーキンソン病治療.com

薬物治療

 現在のパーキンソン病の薬物治療では、レボドパ製剤やドパミンアゴニストを単独で使ったり、混ぜたり、必要に応じて他の薬と組み合わせたりします。そして、患者さん一人ひとりの症状、年齢、そのときに飲んでいる薬の量や種類、投与の方法をみて、細かく調整していくオーダーメイドの治療になります。 引用元:パーキンソン病とは (治療法を知る)|パーキンソン病治療.com

根本的な治療方法はない

残念ながら現時点では根本的に病気を治す治療はありません。

治療は脳内で不足するドパミンを補うLドパ療法や補助的な薬剤を使う薬物療法が中心になります。 引用元:パーキンソン病の基礎知識と療養のポイント - 神経難病の知識 - 兵庫県難病相談センターホームページ

このように、基本的には薬物治療がメインとなっているようです。

■東京にあるパーキンソン病のリハビリ施設

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、東京でおすすめのパーキンソン病リハビリ施設について見ていきましょう。

表参道セラサイズ・スタジオ

表参道セラサイズ・スタジオは、駅から2分の距離にある会員制のパーソナルストレッチスタジオです。脳を鍛える最新運動理論に基づくリハビリテーションで、パーキンソン病をはじめ、脳出血や突発性難聴、自立神経失調症などの改善を目指します。 引用元:パーキンソン病のリハビリが受けられる東京の施設完全ガイド

リハプライド

リハビリ型デイサービスとは、シニアフィットネスの要素を取り入れリハビリに特化した新しいスタイルの通所介護(デイサービス)です。

要支援1から要介護5の方が、介護保険を使って運動機能の回復を目指してリハビリ専門の機器とプログラムを利用し、リハビリ運動を実施しています。 引用元:リハビリ型デイサービスとは?|リハプライド・リハビリ型デイサービス

東京脳神経センター

東京脳神経センターは
東京大学医学部出身の経験豊富な医師団を中心に
どこでも治療できないとされてきた
『全身の不定愁訴』の治療に新治療法で挑戦する
脳・神経と自律神経専門の医療施設です。 引用元:東京脳神経センター - 頭痛、めまい、更年期障害など首こりによる不定愁訴の治療と脳ドック

このように、パーキンソン病患者のためのリハビリ施設は決して少なくないのです。

■パーキンソン病は正しい知識を持つことが重要です、

出典元:www.pakutaso.com

パーキンソン病は状態を悪化させないためにも、正しい知識を持つことが重要です。
パーキンソン病のリハビリ施設では、パーキンソン病に詳しい人たちがいるので、そういった人たちのアドバイスを受けて見てもいいのではないでしょうか。

まとめ

パーキンソン病のリハビリ施設はさまざまなスタイルがあります。自分のライフスタイルに合わせて、リハビリ施設を選ぶようにしましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING