若返りとは?若返るために重要な事

若返りとは?若返るために重要な事画像

美容の最大のテーマともいえる若返り(アンチエイジング)について、アンチエイジングの治療法や老化の原因などを調べました。

hiro3mi 31 views 2019年8月20日

若返り(アンチエイジング)とは?

美容雑誌などでよく見る「アンチエイジング」という言葉。
具体的にはどのようなものを指すのでしょうか。

アンチエイジング(anti-aging)とは「抗加齢」を意味する言葉です。実際の年齢に逆らうことは出来ませんので、その意味としては「抗老化」となります。いつまでも若々しい心と体を維持したい、実際の年齢よりも若く見せたい(見られたい)、出来るだけ長生きしたい、という欲望は、老若男女すべてに共通しているといえます。 引用元:アンチエイジングとは | 健康長寿ネット

■アンチエイジングは究極の予防医学

アンチエイジング医学とは、疾病の医学が対象としている「病気の治療」から、「健康な人のさらなる健康」を指導するというプラスの医療の考え方を持ち、いわば究極の予防医学ともいえるでしょう。元気に長寿を享受することを目指す理論的・実践的科学を定義としています。 引用元:アンチエイジングとは | 健康長寿ネット

若返り(アンチエイジング)をする上で重要な事

アンチエイジングをするには、ただやみくもにダイエットをしたり高級なクリームを塗ればいいという訳ではありません。
どのようなことに気を付ければよいのか、調べてみました。

①最低限の知識を身につけておく

まずは原因や予防・改善法、治療法を調べてみましょう 引用元:自然な若返りを叶える研究所「Ageless LABO~エイジレス・ラボ~」

②いつ頃から始めればいい?

いわゆる「お肌の曲がり角」を迎えるのは20代後半。30代以降も肌をベストな状態で保っていくために、20代からやっておくべきことは丁寧なクレンジングと洗顔です。
30代のエイジングケアの要は、保湿。高級な化粧品をアレコレ取り揃える必要はありません。自分に合っていればシンプルなスキンケアでもOK。ただ、洗顔後の化粧水は怠らずに!
引用元:いつからはじめる?何するの?心得ておきたい「エイジングケア」の基本 | キナリノ

皮脂分泌が減少してくる40代以降は、角質層の水分を保つために油分の補給が必要になってきます。特に乾燥しやすい目元や口元には保湿クリームや美容オイルを活用しましょう。保湿成分としては、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドに注目。

引用元:いつからはじめる?何するの?心得ておきたい「エイジングケア」の基本 | キナリノ

③自分に合うものを見つけて継続する

腸内環境に関しては、自分に合っているな、調子がいいな、と感じる状態を見つけたら、それを続けましょう。例えば、このヨーグルト、このお味噌、といった具合に、よいと感じるものがあれば、それを継続することが腸内環境に役立つことが期待できます。
また、糖尿病、高血圧、心臓病や腎臓病、脳出血や脳梗塞など、もともと病気のある方は、主治医にしっかり相談しながら行いましょう
引用元:効果的なアンチエイジングとは?|食事法、美容ケア、生活習慣から運動・睡眠まで徹底解剖 | Precious.jp(プレシャス)

④アンチエイジングの美容整形はほどほどに

アンチエイジングの整形手術で注意したいのは、個人によって異なりますが出来る回数が決まっているものがあるということです。リフトアップ手術などは、行うことができる回数が決まっているため何回もすることができません。またボトックス注射やヒアルロン酸注射などといったものは持続期間があるため、ある程度期間が経つと効果が薄れることがあります。 引用元:アンチエイジングの注意点 | 生活習慣のチェンジでアンチエイジングが可能です

ですから、自分の希望や、その整形手術のメリット・デメリットなどを見極めてから施術するのが適切ということが言えます。また痛みが少ないとされているボトックス注射やヒアルロン酸注射の場合でも、施術後に痣が出たり腫れたりなどという症状がある場合もあります。 引用元:アンチエイジングの注意点 | 生活習慣のチェンジでアンチエイジングが可能です

老化の主な原因

アンチエイジングの大敵、老化の原因を探りました。

老化の一因として、今最も注目されているのが「糖化」です。余分な糖質と体内のタンパク質とが結びついて、タンパク質が劣化。甘いパンケーキを焼くとできる茶色いコゲと同様のものが体に蓄積されます。肌のシミやくすみも糖化の現れ。糖化はさらに「AGE」を発生させ、糖尿病、骨折、白内障、がんなどさまざまな症状を引き起こす要因とされています。 引用元:アンチエイジング特集|JRJオンラインショップ ジャパンローヤルゼリー

「体がサビる」という言葉をよく耳にします。これは、私たちの体の中で活性酸素が過剰に発生し、正常な細胞や遺伝子までもが酸化して、正常な働きができなくなってしまうこと。脂質・タンパク質・糖質の酸化は白内障、動脈硬化、アルツハイマーなどの加齢性疾患や生活習慣病を、遺伝子の酸化は、がんを引き起こす要因とされています。 引用元:アンチエイジング特集|JRJオンラインショップ ジャパンローヤルゼリー

エストロゲンは主に「女性らしさ」と結びついており、「豊かな髪」「肌つやの維持」「乳腺の発達」「女性らしい体型の維持」などに関わっている。一方のプロゲステロンは、主に母親となるための体づくりを担い、「子宮内膜や子宮内筋肉の調整」「抗うつ効果」「血栓予防」などの働きがある。
これらの女性ホルモンは20代後半をピークに下降し始め、40代後半で急激に分泌が少なくなる。
引用元:アンチエイジングには、女性ホルモンと美しい腸が重要! (2) アンチエイジングに女性ホルモン

効果の高い若返り対策

効果的なアンチエイジングケアとは、どのようなものでしょうか。

普段の食事によって、抗酸化作用をもつ栄養素を摂取することが健康のために大切になります。
抗酸化のキホンは、何と言っても「食」!抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類、ミネラル類や、美容効果で話題のカロテノイドなどが挙げられます。
引用元:アンチエイジングに重要な「抗酸化作用」とは?食べ物や生活習慣の改善で老化にブレーキを! | 【公式】江崎グリコ(Glico)

肌老化をの原因の90%が紫外線。つまり、紫外線ケアをすることがアンチエイジングの近道になります。日焼け止めと保湿はマスト!化粧水も美容液もしっとりタイプのものがおすすめです。 引用元:効果的なアンチエイジングとは|抗老化に大切な食事や肌ケア、運動まとめ | 美的.com

適度な運動は、活性酸素を除去したり、血管の機能を若く保つといった、アンチエイジングに直結する効果が。1日6000歩以上が理想です。 引用元:効果的なアンチエイジングとは|抗老化に大切な食事や肌ケア、運動まとめ | 美的.com

正しい知識を持って若返りにチャレンジしよう

紫外線対策や適度な運動のほか、自分に合った食材を取り入れたアンチエイジングも効果的なようですね。
無理せず、継続してアンチエイジングを続けて美しく若返りましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING