脳梗塞を防ぐためにはどんなことに気をつけるべき?

脳梗塞を防ぐためにはどんなことに気をつけるべき?画像

脳梗塞は高齢者に多い病気と言われていましたが、近年は若い人でも発症する可能性が高くなってきました。今回は脳梗塞を防ぐためにはどうするべきかについてまとめました。

saki_co0111 23 views 2019年8月26日

■脳梗塞とは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、脳梗塞について見ていきましょう。

若い人も無関係ではない

多くの人は、脳梗塞は高齢の人の病気と思っていますし、実際にも脳梗塞は60歳以上の人に多く起こります。 しかし最近の傾向として、40〜50歳代の働き盛りの人で脳梗塞と診断される人が目立ち、ときには10〜20歳代の人にもみられます。 一般に若い人の脳梗塞(若年性脳梗塞)とは、40歳あるいは45歳までに起きた脳梗塞をさしますが、公式な年齢規定はありません。 引用元:脳梗塞とはどんな病気?(br)Evidenceに基づく日本人脳梗塞患者の医療ガイドライン策定に関する

不整脈などが原因?

脳梗塞のうち、心臓や心臓から脳に至る血管のなかでできた血液の塊がはがれて流れていき、突然に脳の血管を詰まらせるものです。 若い人に起こる脳梗塞の3分の1から4分の1を占めます。心臓弁膜症などの先天性の心臓病や心房細動などの不整脈が主な原因です。 引用元:脳梗塞とはどんな病気?(br)Evidenceに基づく日本人脳梗塞患者の医療ガイドライン策定に関する

日本人の死亡原因の多くを占める

 日本人の死亡原因の第4位が脳の血管の病気なのですが、その多くが脳梗塞です。脳梗塞をいったん発病すると、たとえ命が助かったとしても、多くの場合、麻痺などの後遺症が残ってしまいます。 引用元:脳梗塞 生活習慣病 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

動脈硬化が原因?

脳の動脈硬化が進んで血管の内部が狭くなり、血液の流れが悪い部分ができていると、ちょっとした血圧の変化などをきっかけに、その部分に血栓(血の塊)ができて、血液の流れを完全に塞いでしまいます。 引用元:脳梗塞 生活習慣病 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

このように、生活習慣の乱れなどさまざまな理由から脳梗塞を発症してしまうケースもあるようです。

■脳梗塞を防ぐためには?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、どうすれば脳梗塞を防げるのかについて見ていきましょう。

食生活などの改善

脳梗塞の発症リスクを高める食品・食事と、脳梗塞予防によい食品についてまとめています。乱れた食生活は脳梗塞の再発に繋がります 引用元:脳梗塞の予防・再発予防対策のための徹底ガイド

適度な運動

適度な運動も欠かせません。長く続けるためには、あまり負担にならないウオーキングやジョギング、水泳などがおすすめです。これらのいわゆる有酸素運動 (たくさんの酸素を使って長時間続ける運動のこと) には、脂肪を燃焼させる働きがあります。 引用元:脳梗塞を防ぐ生活

日常生活の見直しが重要

脳梗塞を発症後、「寝たきり」になってしまう人も少なくありません。食事・運動など日常の生活習慣に気をつけるだけでも予防効果は大!「元気な老後」を過ごすためにも、今すぐ生活習慣の改善に努めましょう。 引用元:脳梗塞を防ぐ生活

このように、日常生活の見直しをすることでリスクを軽減できる人もいるようです。

■脳梗塞発祥のリスクが高い人は?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、どんな人が脳梗塞を発症しやすいか見ていきましょう。

高血圧の人

脳の血管に大きな負担となり動脈がもろくなり、詰まったり破れたりしやすくなります。 引用元:どんな人が脳梗塞になりやすい?|心房細動による脳梗塞・脳卒中を予防する

喫煙をしている人

百害あって一利なし。自分だけでなく周りの人まで害を与えます。 引用元:どんな人が脳梗塞になりやすい?|心房細動による脳梗塞・脳卒中を予防する

脳梗塞を起こしやすい病気を持っている人

抗リン脂質抗体症候群や奇異性脳塞栓症、もやもや病などです(※1)。どれもあまり聞きなれない病名ですが、いずれも血栓ができやすくなる病気で、それが脳梗塞の原因となるのです。 引用元:「若年性脳梗塞」は中高年も注意を はじめよう!ヘルシーライフ オムロン ヘルスケア

他にもアルコールを飲みすぎる人、肥満体型の人なども脳梗塞を起こしやすいと言われています。

■日常生活の過ごし方などを見直して、脳梗塞対策をしよう

出典元:www.pakutaso.com

食生活や生活習慣の乱れが目立っている人は、脳梗塞を発症しないためにも生活スタイルを見直しましょう。ちょっとした注意をすることで、脳梗塞を回避できる場合もあるからです。

まとめ

脳梗塞は身体に障害が残るリスクが高い病気です。そのため、早期段階で見つからない限り、日常生活に影響が出てしまう可能性の方が高いことを覚えておきましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING