慢性腎臓病の症状や治療方法について

慢性腎臓病の症状や治療方法について画像

闘病中の人の中には、慢性腎臓病に悩まされている人もいるでしょう。今回は慢性腎臓病の症状や、治療方法などについてまとめました。

saki_co0111 23 views 2019年8月26日

■慢性腎臓病とは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、慢性腎臓病について見ていきましょう。

慢性腎臓病ってなに?

慢性腎臓病(CKD)とは、何らかの腎障害が3ヶ月以上持続する場合と定義されています。
症状が出現することはほとんどなく、蛋白尿や腎機能異常(eGFRの測定)により診断されます。 引用元:慢性腎臓病

透析予備軍の患者数が多い

慢性腎臓病(CKD)は、腎機能の低下に伴い、心血管病(CVD)を合併する頻度が高くなるというのが特徴です。
また、透析予備軍としての患者さんの数が膨大であることがわかり、注目されています。 引用元:慢性腎臓病

慢性腎臓病(CKD)の自覚症状とは?

CKDは、早期に発見して治療を始めることで治癒できる、もしくは悪化を抑えられる可能性が高くなります。しかし、CKDの初期段階では、ほとんど自覚症状がないため、自分自身でCKDに気がつくことはあまりありません。 引用元:教えて!ドクター|慢性腎臓病にはどのような自覚症状がありますか? 家族と考える慢性腎臓病サイト

早期発見のためには定期検診などを受けることが大切

自覚症状が乏しいCKDを早期に発見するためには、健診などを定期的に受けることが大切です。 引用元:教えて!ドクター|慢性腎臓病にはどのような自覚症状がありますか? 家族と考える慢性腎臓病サイト

このように、慢性腎臓病にはさまざまな特徴があります。

■慢性腎臓病で引き起こしかねない合併症

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、慢性腎臓病による合併症について見ていきましょう。

尿濃縮力障害

腎臓機能が低下していると尿の濃さを調節する力(尿濃縮力)の障害が起きます。たくさんの尿が出たり、夜間に頻繁にトイレに行くようになったりなどの症状が出ます。 引用元:慢性腎臓病の原因と初期症状【CKDとの付き合い方】

代謝性アシドーシス

腎臓の機能が低下すると、血液は酸性に傾きます(健康な体の場合は弱アルカリ性)。ほぼ無症状ですが、血液中のカリウムを上昇させたりします。 引用元:合併症について 腎臓病について 一般社団法人 全国腎臓病協議会(全腎協)

腎性貧血

腎臓で作られる造血ホルモン(エリスロポエチン)が減少するために貧血が起こります。症状としては、動悸、息切れ、めまいなどです。 引用元:合併症について 腎臓病について 一般社団法人 全国腎臓病協議会(全腎協)

このように、さまざまな合併症リスクがあります。

■慢性腎臓病との付き合い方

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、慢性腎臓病との付き合い方について見ていきましょう。

教育入院

教育入院は、その後のライフスタイルを見直し、慢性腎臓病に立ち向かう知識と方法をマスターする絶好の機会です。

看護師、薬剤師、管理栄養士による指導や専門医師による講義などを受けることができます。また実際に腎臓病食を体験し、透析を始めた患者さんと接することもあり、様々な情報を得ることができます。 引用元:慢性腎臓病「教育入院」

自分自身の立場の認識をする

入院中に腎臓病がかなり進行した患者さんや透析が必要となってしまった患者さん、色々な立場の患者さんと話す機会があります。見て、聞いて、話すことで自身の置かれた状況がよく理解できます。 引用元:慢性腎臓病「教育入院」

日常生活の注意点を把握する

慢性化した腎不全が、すっかり元通りの働きを取り戻すことはありません。けれども、きちんと治療を行うことで、病気の進行を緩やかにすることは可能です。腎臓病と診断されたら、きちんと通院し、腎臓の状態を正確に把握して、急激に悪化する危険を避けることが大切です。 引用元:日常生活での注意|NPO法人腎臓サポート協会

ストレスを溜めない

ストレスは腎臓への血流を低下させることなどから、腎機能の低下を招きます。趣味の時間をもつなどして、なるべくストレスをためないようにしましょう。 引用元:日常生活での注意|NPO法人腎臓サポート協会

このように、治療の妨げになるようなことは避けるようにしましょう。

■合併症を引き起こさないためにもしっかり治療をしていこう

出典元:www.pakutaso.com

慢性腎臓病は合併症リスクがある病気です。
だからこそ、日常生活、食生活などの見直しをして合併症のリスクを少しでも軽減できるような過ごし方を心掛けてください。

まとめ

慢性腎臓病の闘病生活はどうやって過ごせばいいのか分からない人は、医師や看護師に質問をしましょう。
病気に関する知識などは豊富なので、疑問点は自分で解消することを心掛けないといけません。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING