緊張したときの『顔汗』改善方法まとめ

緊張したときの『顔汗』改善方法まとめ画像

緊張したり不安なことがあると滝のように顔から流れ出る顔汗・・・。
止めなければと思えば思うほど、とてつもなく流れてくる顔汗、実は改善することができるんです。流れ出る顔汗の改善方法をまとめてご紹介していきます。

ogrsnh 895 views 2016年12月25日

爪もみ

多汗症の大きな原因は交感神経にあります。副交感神経を優位にさせると顔汗を改善することができるのです。代表的な副交感神経を優位にさせる方法は「爪もみ」。
爪の生え際(爪の両サイドなので爪というよりも指です)を反対の手の親指と人差し指ではさんでギュッギュッギュと強くも見ます。
10本すべての手の指を2~30秒ずつもみましょう。

一部引用:爪の生え際を揉むと副交感神経が優位に

詳細:自律神経を整える爪もみマッサージ(爪揉み療法)は、手汗の改善にも効果があります。

食事を改善する

多汗症を改善したいのなら、動物性たんぱく質はなるべく避けた方が良いです。
脂の肉、チーズ、たまごなどですね。全くとってはいけないというわけではありませんが、なるべく2~3日に1度の摂取にし、野菜と一緒にバランスよく食べるようにしてください。

また、イソフラボンはで発汗抑制作用を促してくれる働きがあるので、多汗症対策にはひじょいうに有効です。納豆や豆腐、豆乳などを積極的に取り入れるようにしましょう。

一部引用:食生活を見直すことで対策・改善してみる

詳細:多汗症の対策をする際に比較的手軽に行なえるのが、日々の食事による対策ではないでしょうか。ただ、対策される方の環境によって毎回適切な食事が摂れるかどうかが難しいところだとは思いますが、それぞれの工夫によって定期的に有効的な・・・

自律神経訓練

自律神経の働きを整えて緊張をほぐすとリラックス状態になるので発汗を軽減させる効果があります。自律神経訓練を続けていると、焦らず自然とリラックスして日々を過ごせるようになるのです。

1.椅子に座って考える。「気持ちがとても落ち着いています」「両手がどんどん重くなります」「両足がどんどん重くなります」

2.「両手がどんどん温かくなります」「両足も温かいです」

3.「心臓の鼓動が静かに確かに打っているのを感じます」

4.「とても楽に呼吸をしています」

5.「おなかが温かいです」

6.「額が涼しいです」

7.両手を強く握ってひらいてを繰り返して、両手を上に上げ伸びをします。首や肩をまわしてストレッチをして終了です。


なれるまでは自分が意識できるところまで行います。まずはステップ2までやってみてください。すべてのステップを終えるまでは3~5分ですが、慣れるまではステップ2までに3~5分かけても問題ありません。

1日3回を毎日行うのが理想的ですが、基本的に回数は気にせずに実践してみましょう。

参考:自律訓練法の手順と多汗症対策

詳細:多汗症には精神性のものが多いということですね。 精神性発汗の特徴としては、手のひら・足の裏・額・ワキで多い ということがあげられます。 もしこれにあてはまるなら、心理療法のひとつである 自律訓練法が役にたつかも知れません。 自立訓練法というのは簡単に言いますと自分に暗示をかけて リラックスしていく方法です。

パースピレックス・ローション(Perspirex Lotion)

パピーレックスローションは、汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで、汗の分泌を抑制してくれるローション。

1度塗れば3~5日間ほどは塗り直しの必要なし。角栓は肌のターンオーバーとともに自然と体外へ排出されます。

特に汗の出てくるTゾーンなどにローションを塗れば、塗った部分の汗を止めることができる優れもの。

ほほからも汗をかくという方はほほに塗るのもOKですが、敏感肌の方はかぶれやすかったり肌の薄皮が日焼けのようにめくれてしまうこともあるので、まずはバッチテストを行ってみてくださいね。

一部引用:ついに解明!確実に顔汗を止める方法

詳細:周りの皆は涼しそうにしているのに、自分だけ汗が滝のように流れてくる。。 そんな辛い顔汗を確実に止める方法をご紹介します! 汗に悩まされることのない、最高で快適な日々を手に入れましょう!

漢方

多汗症の原因によっては漢方が有効な時もあります。
多汗症と言っても原因は全員が同じわけでなく、更年期障害のようなホルモンの乱れ、精神的なトラウマやストレス、代謝機能の障害などが考えられます。
そして汗の出る場所や汗の量によっても対処が変わることがあります。
自分の多汗症の原因をつきとめ、効果的な漢方を長期的に続けていくというのが重要になります。
薬のようにとにかくその症状を抑えるわけではなく、原因をやっつけて根元から改善してくれるという試みが漢方なので、改善までに時間がかかりますし途中で止めては意味がありません。しかし副作用もありませんし完治できる可能性が高いので治るまできちんと続けてくださいね。

一部引用:多汗症の症状と原因を知る

詳細: なにかにつけて汗をたくさんかいてしまう多汗症。 現代社会において多汗症というのは気にされる方がとても増えています。 今現在、多汗症に悩まされている方も大変多いのではないでしょうか? 多汗症と聞くと男性を思い浮かべる方が多いを思いますが、男性だけではなく女性でも多汗症は増えており、人ごみの外出が怖くなったり、人と接する職業に就くことが困難になったりなにかと相談できずに問題を抱え込んでしまう方も少なくありません。 汗をたくさんかくだけではなくて、ワキガなどの心配もつきまといますから自然と後ろ向きな気持ちになってしまうのもわかります。

プロスパス(プロバンサインのジェネリック薬)

プロバンサインとは多汗症に処方される薬です。自律神経節遮断作用により筋緊張を抑制してくれる働きがあるので、薬が効いている5時間ほどの間は汗をかきません。

飲み始めて30分ほどで効力が現れるので、あらかじめ「汗をかきそうだな」と思った時に飲んでおくといいですよ。
発言を求められそうな会議や、何かのスピーチなどには欠かせないものとなっています。
また、なにかあったら薬があるから大丈夫、というふうに精神安定剤の役割を果たしてくれると考える人もたくさんいます。
プロバンサインは病院へ行かないと手に入りづらいのですが、成分が全く同じのジェネラル薬プロスパスならネットからでも購入可能です。
薬なので口が乾くといった副作用の報告もあります。

一部引用:ついに解明!確実に顔汗を止める方法

詳細:周りの皆は涼しそうにしているのに、自分だけ汗が滝のように流れてくる。。 そんな辛い顔汗を確実に止める方法をご紹介します! 汗に悩まされることのない、最高で快適な日々を手に入れましょう!

緊張したときの『顔汗』改善方法終わりに

緊張したときの顔汗は地獄です。
「汗大丈夫?」なんて言われようものならもっと汗をかいてしまいます。そんな毎日から抜け出すために、まとめの方法を試してみてくださいね。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING