癌の再発リスクや原因について

癌の再発リスクや原因について画像

癌は完治しても再発する恐れがあります。今回は癌の再発リスクや原因などについてまとめました。

saki_co0111 23 views 2019年8月27日

■癌の再発リスク

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、癌の再発リスクについて見ていきましょう。

5年以内の再発が多い?

Ⅰ~Ⅲの大腸がんにおいて、目に見える範囲のがんはすべて取り除く手術を行った人を対象に3年、5年経過後のステージ別再発率を表したものです。表から、再発のほとんどが、手術後5年以内に起こっているのが見て取れます。 引用元:がんの再発はどれくらいあるか がんと再発予防 株式会社GCリンフォテック

癌の種類によって再発する年数が異なる

乳がんのように、再発までの期間が5年以上にもおよぶ可能性が高く、経過をもっと見ないといけないがんもありますが、多くのがんは手術を受けてから最低5年間は、定期的に検査を受ける必要があるとされています。その意味でも、5年生存率のデータは再発の可能性を推測する一つの手がかりになると考えています。 引用元:がんの再発はどれくらいあるか がんと再発予防 株式会社GCリンフォテック

癌の種類によっては再発リスクを減らすための治療もある

がんの種類によっては、再発や転移について早めに診断して治療したり、目に見えない小さな転移があるものと想定して、再発や転移の可能性を減らすために治療を始めたりすることが有効であるとわかっているものもあります。 引用元:がんの再発や転移のことを知る:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

治らない=治療ができないではない

治療による副作用や後遺症ができるだけ少ない方法を選ぶ、症状に応じて治療の優先度を考える、つらいときにはその症状を和らげるためにできることをする、など、なるべく体と心の両面に優しい治療やケアをしていきます。 引用元:がんの再発や転移のことを知る:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

このように、癌の種類によって再発範囲年数なども変わってくるようです。

■癌が再発する原因

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、癌が再発する原因について見ていきましょう。

完全に取り除けていなかった

理論上、最初の癌治療でがん細胞が完全に取り除かれてしまえば、再発は起こりません。しかし原発癌の周りに検査では見つけられない微小な癌細胞が残っていた場合、徐々増殖し血管やリンパ管の流れに乗り、他の箇所へと運ばれてそこで増殖する事で再発・転移が起こります。 引用元:【予防・治療】癌の再発と上手に付き合うためのサイト

マイクロ転移している

細胞レベルのマイクロ転移を発見する手段はないので医師は治療を終了し、そのまま何もしなければ再発する可能性は非常に高くなります。 引用元:転移と再発|がん先端治療|遺伝子治療などを中心とした最先端がん治療の情報サイト

再発すると根治できない場合も

がんが再発した場合には、再度手術で取り除くこともたまにありますが、ほとんどの場合は再手術ができないことが多く主には抗がん剤や放射線治療による治療となります。また多発転移や播種転移の場合、根治が望めないケースも多くなってしまいます。 引用元:転移と再発|がん先端治療|遺伝子治療などを中心とした最先端がん治療の情報サイト

このように、基本的には完全に取り除けていなかった、医師にも分からない細胞レベルで転移していたというケースが多いようです。

■癌が再発したらどうするべき?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、癌が再発したらどうするべきかについて見ていきましょう。

癌と正しく向き合う

再発・転移を告げられた後,身体症状が現れるたびに,あるいはさまざまな情報が耳に入ってくるにつけ,不安や恐怖といったさまざまな心の変化が生じてくると思われます。そのときの対処として,「正しい知識」「がんとのつきあい方」「ソーシャルサポート」「リラックス法」が重要といわれています。具体的には,以下の考え方を参考にしてください。 引用元:Q41.再発・転移していることがわかりました。 どのように気持ちを整理したらよいですか。 ガイド

普段通りに過ごすことを心掛ける

不安という気持ちを抱えながらも,日常の生活を普段通り行っていくことです。折に触れて不安な気持ちが顔を出すかもしれません。しかし,そうした気持ちを無理に打ち消そうとするのではなく,不安をもちながらも,目の前のことを普段通り行っていくことが重要です。 引用元:Q41.再発・転移していることがわかりました。 どのように気持ちを整理したらよいですか。 ガイド

信頼できる主治医を見つける

、患者さんには主治医を人として見て、信頼できる人であると納得できれば、治療を委ねることが大切だと考えています。 引用元:【特集記事】がん、再発・転移とどう向き合うか――患者さんと医療者が一緒に答えを探す 再発転移がん

このように、しっかりと癌と向き合うことが大切です。

■癌の種類によっては再発リスクが高いものもあるので気をつけよう

出典元:www.pakutaso.com

癌の種類によって再発リスクが高いもの、低いものがあります。
再発してから考えるのではなく、再発リスクを減らすためにも「再発すること」を前提とした治療などを受けておくことをおすすめします。

まとめ

癌は他人事ではありません。誰にでも発症リスクがあるので、普段から真剣に考えないといけません。
再発の原因になるものは意外と多いので、原因となることを避けることも大切です。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING