無痛分娩のメリットや横浜でおすすめのクリニック

無痛分娩のメリットや横浜でおすすめのクリニック画像

出産と言えば、激痛というイメージがあります。しかし、近年は痛みを最小限に抑えることができる「無痛分娩」というものが出てきました。今回は無痛分娩のメリットや横浜でおすすめのクリニックについてまとめました。

saki_co0111 11 views 2019年9月7日

■部通分娩のメリットについて

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、無痛分娩のメリットについて見ていきましょう。

分娩時の痛みが緩和する

分娩にともなう痛みが和らぐことにより、分娩による母体の体力消耗を軽減します。また、産道の緊張が解けることにより、分娩がスムーズに進行することもあります。 引用元:出産について|東京都東久留米市にある「女性と子供のための病院」、アルテミス ウイメンズ ホスピタル。

不安などが緩和する

無痛分娩は、経腟分娩の際の痛みを麻酔薬や麻薬などを用いて和らげ、分娩に伴う母体の体力消耗や不安感、恐怖感など極力低下させることを目的としています 引用元:出産について|東京都東久留米市にある「女性と子供のための病院」、アルテミス ウイメンズ ホスピタル。

自分で産む実感を得られる

下半身の局部麻酔で、陣痛の痛みが軽くなります。あえて「いきむ」ための痛みを残し、自分で産むという実感を得られやすくしています。 引用元:痛みを和らげて出産する無痛分娩のメリットと費用│森永産婦人科

産後の回復が早い

長時間の出産でも痛みが軽い分、疲労回復が早くなります。 引用元:痛みを和らげて出産する無痛分娩のメリットと費用│森永産婦人科

このように、無痛分娩にはさまざまなメリットがあります。

■横浜で無痛分娩対応のクリニック

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、無痛分娩に対応しているクリニックについて見ていきましょう。

聖マリアクリニック

●麻酔科があり、硬膜外麻酔の専門医が常駐、緊急時にもスムーズに対応してくれる
●全体の約14%の方が無痛分娩を選択し、実績が豊富 引用元:任せるならココ!横浜の無痛分娩クリニック総合比較

おとめクリニック

『無痛分娩』は、麻酔によって痛みを取り除いた分娩です。当院では、無痛分娩をお選び頂いた方は、基本的に、『計画無痛分娩』です。
無痛分娩を選択することは、ママの「痛みのないお産」をしたいという意思を尊重するものです。 引用元:無痛分娩について 横浜市都筑区のおとめクリニック

小川クリニック

小川クリニックは、横浜市戸塚地域で、自然分娩からハイリスク分娩の管理・帝王切開・産科救急および管理まで、自院で行えるクリニックです。様々な分娩スタイルに対応しております。妊娠・出産は、いつの時代も『命がけ』の自然現象ですので、診察では、「いかに良いお産につなげるか」を心がけています。 引用元:小川クリニック|戸塚駅・東戸塚駅|産婦人科・小児科・内科

このように、横浜には無痛分娩に対応しているクリニックが多くあります。

■無痛分娩のリスクとは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、無痛分娩のリスクについて見ていきましょう。

分娩後の頭痛

無痛分娩中によく起こる副作用に、足がしびれる、尿が出せない、皮膚がかゆいなどがあります。ときどき起こる不具合として、分娩後の強い頭痛などがあります。 引用元:無痛分娩のメリット・デメリット JALA

分娩への影響

背中の麻酔によって、お産の進みが悪くなったり、お母さんのいきむ力が弱くなることがあります。そのため、子宮収縮薬を使うことが増えたり、鉗子分娩・吸引分娩が増えることが知られています。 引用元:無痛分娩のメリット・デメリット JALA

料金が高め

いろいろと設備が揃っている病院が導入しているのだろうから仕方ないとは思うのですが‥出産・入院費用で95万円位かかりました。プラス検診でかかる費用。合計額は計算していませんが結構かかったと思います。 引用元:選んだ私が考える「無痛分娩」のメリットとデメリット - ゼクシィBaby 妊娠・出産・育児 みんなの

対応クリニックが少ない?

無痛分娩が出来る病院がまだ少ないこと。

そのため、つわりがある最中も分娩する病院へ電車で通院していました。自宅からだと1時間位でしたが、行く道中で気分が悪くなったり、目眩が酷く、倒れそうになったり…地味に辛い時もありました。 引用元:選んだ私が考える「無痛分娩」のメリットとデメリット - ゼクシィBaby 妊娠・出産・育児 みんなの

このように、メリットだけではなくデメリットもあります。

■痛みに弱い人は無痛分娩を検討しよう

出典元:www.pakutaso.com

出産時の痛みはママの不安や恐怖にも繋がります。
そのため、痛みに弱い人は無痛分娩も検討してみましょう。

まとめ

無痛分娩は今や多くの女性から選ばれている出産方法です。
不安や恐怖を和らげる方法として、もっとも注目されている分娩方法と言ってもいいでしょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING