肌に優しい化粧品で注目すべき成分とは?

肌に優しい化粧品で注目すべき成分とは?画像

肌が弱い人などは、化粧品の成分などにも注目して選ぶ傾向があります。
今回は肌に優しい化粧品で注目するべき成分についてまとめました。

saki_co0111 96 views 2019年9月8日

■肌に優しい化粧品の特徴

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、肌に優しい化粧品の特徴について見ていきましょう。

薬用成分

薬用有効成分が配合されている化粧品のこと。肌悩みの予防やケアをしてくれます。 引用元:敏感肌かな?と思ったら見直しを!肌に優しい化粧品の見分け方 「ときどき敏感肌」研究所 d プ

医薬部外品

医薬品と化粧品の中間に位置し、医薬品的な効果が認められるとしてメーカーが厚生労働省に申請して許可されたもの。 引用元:敏感肌かな?と思ったら見直しを!肌に優しい化粧品の見分け方 「ときどき敏感肌」研究所 d プ

オーガニック

上質な国産オーガニックハーブが肌を活性化してくれる。肌のターンオーバー機能や免疫機能、保湿機能、保護機能などを正常化し、色ムラやくすみ、乾燥、弾力低下やたるみ、シワなどの大人の肌悩みを根本的に改善。進化したオーガニックコスメのパワフルさを実感することができる 引用元:敏感肌のための化粧品15選|肌が弱い方におすすめの化粧水・乳液・メイク落としなどのコスメアイテムのま

エイジングケア用品

エイジング現象の根本にある「乾燥」と加齢と共に失われる「女性ホルモン」に着目。ブランドすべての製品に配合されているオオヒレアザミ、ダマスクローズ、ザクロ果実、フランキンセンスの4つの成分が、スキンケア&アロマによる相乗効果で、大人の肌にアプローチ。 引用元:敏感肌のための化粧品15選|肌が弱い方におすすめの化粧水・乳液・メイク落としなどのコスメアイテムのま

肌に優しい化粧品と言っても、さまざまなタイプがあるようです。

■おすすめの肌に優しい化粧品の成分

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、注目したい肌に優しい化粧品の成分について見ていきましょう。

グルコシスヘスペリジン

グルコシルヘスペリジンとは、柑橘系の外果皮から作られた美肌成分のことです。浸透性が高いので、美肌・美白効果のある化粧品によく使われる存在。そのメカニズムや性質を詳しく説明します。 引用元:本当に「肌に優しい化粧品」について化粧品開発研究員がレクチャーするサイト

アミノ酸

角層の中にある天然の保湿因子として重要なのがアミノ酸です。
表皮の細胞が死んで角層になるときに、細胞内のたんぱく質が分解してアミノ酸となって角層に供給されます。 引用元:美容のためにアミノ酸|生活に密着!アミノ酸のチカラ|アミノ酸大百科|味の素株式会社

セラミド

セラミドとは、人間の肌の角質層に最初から備えられている存在で、細胞間脂質という成分です。セラミドには、何層にも重なる角質細胞を接着し、お肌の潤いを維持する働きがあります。 引用元:セラミド化粧水のランキング15選!選び方もご紹介 - おすすめ旅行を探すならトラベルブック女子旅

このように、肌に優しい化粧品にはさまざまな成分が含まれています。

■肌荒れを引き起こす原因とは?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、肌荒れの原因について見ていきましょう。

バリア機能の低下

私たちは、1年中肌荒れのリスクにさらされています。特に、紫外線や花粉などの外的刺激、季節の変わり目による気温や湿度の変動などにより、肌のコンディションが不安定になり肌荒れが起こりやすいのです。これらの外的刺激や肌の変化により、バリア機能が低下して乾燥を引き起こし、肌荒れの原因となります。 引用元:肌荒れの原因と対策|アクセーヌ公式 - 皮膚生理学に基づいた敏感肌の化粧品

女性特有の原因も

女性の場合、生理前・生理中、妊娠中も肌荒れが起こりやすくなる時期です。これは、女性特有のリズムが影響していると言われています。そして、生活習慣も、肌荒れと大きな関係があるとされています。 また、ストレスや疲れも肌に悪影響を与える一因となります。 ダイエット中による栄養バランスの乱れや過度な食事制限、運動不足も肌荒れの原因となるので気をつけましょう。 引用元:肌荒れの原因と対策|アクセーヌ公式 - 皮膚生理学に基づいた敏感肌の化粧品

ターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーとは、「皮膚細胞の生まれ変わり」、「肌の代謝」のことです。この代謝のサイクルが乱れることにより、肌荒れを引き起こします。 引用元:肌荒れの主な原因は? | ハイチオール【エスエス製薬】

ホルモンバランスの乱れ

生理前になると肌の調子が悪くなる、と感じることはありませんか?女性の肌は、生理周期とホルモンバランスに大きく影響されているのです。 引用元:肌荒れの主な原因は? | ハイチオール【エスエス製薬】

このように、さまざまな原因で肌荒れを引き起こしてしまいます。

■肌が弱い人こそ、肌に優しい化粧品を使おう

出典元:www.pakutaso.com

敏感肌など、肌が弱い人も少なくありません。
敏感肌の人などにとって、一般化粧品は刺激が強い場合もあるのです。
その刺激が肌荒れを引き起こさないよう、肌に優しい化粧品を使うようにしましょう。

まとめ

肌に優しい化粧品は、さまざまなメーカーが展開しています。
どのメーカーのものが良いのか、トライアルキットなどを使用して決めるのもいいのではないでしょうか。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING