慢性腎臓病とは?症状や効果的な治療法

慢性腎臓病とは?症状や効果的な治療法画像

慢性腎臓病は隠れた流行病と言われています。
ですが、その症状や治療法については多くの人が知らないと思います。
そんな慢性腎臓病について調べました。

qplaea4awa25 40 views 2019年9月19日

慢性腎臓病とは?

腎臓病を聞いたことがあっても、「慢性腎臓病」まで知っている人は多くないと思います。
慢性腎臓病はどのような病気なのでしょうか?

慢性腎臓病(chronic kidney disease=CKD)は慢性に経過するすべての腎臓病を指します。CKDの原因にはさまざまなものがありますが、生活習慣病(糖尿病、高血圧など)や慢性腎炎が代表的でメタボリックシンドロームとの関連も深く、誰もがかかる可能性のある病気です。日本ではCKDの患者が約1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられ、新たな国民病ともいわれています。 引用元:腎臓病とは | 腎臓病について | 一般社団法人 全国腎臓病協議会(全腎協)

慢性腎臓病は治癒が難しい病気ですが、必ずしも全ての慢性腎臓病が末期腎不全に至るわけではなく、早期から適切な治療を行うことで、治癒または悪化を抑制できる可能性が高くなります。 引用元:教えて!ドクター|慢性腎臓病とは | 家族と考える慢性腎臓病サイト 腎援隊

■慢性腎臓病によってリスクの高まる病気も

慢性腎臓病(CKD)とは、何らかの腎障害が3ヶ月以上持続する場合と定義されています。
症状が出現することはほとんどなく、蛋白尿や腎機能異常(eGFRの測定)により診断されます。

CKDは、心筋梗塞などの心血管病(CVD)合併の頻度が高く、また無症状のうちに腎機能が低下し、透析や腎移植を必要とすることも少なくないので注意が必要です。 引用元:慢性腎臓病

慢性腎臓病の主な原因

ここからは慢性腎臓病の原因についてお伝えします。

■慢性腎臓病の原因の一覧

こうしてみると、どれも生活習慣が深く関わっていることがよくわかります。

■高血圧には要注意!

腎臓と血圧は深く関わり合っています。塩分(食塩)を摂りすぎると高血圧を発症しやすくなりますが、腎臓は余分な塩分と水分を排出し、血圧の調節を助けています。しかし、高血圧が長く続くと腎臓の血管が傷み動脈硬化による腎臓病「腎硬化症」を発病しやすくなります。その 引用元:腎臓病:慢性腎臓病になりやすい人と主な疾患|患者・ご家族のみなさま向け|旭化成ファーマ

■生活習慣が大きく関係している

不健全な生活習慣、例えば肥満の元凶となる食習慣や運動不足、喫煙等々は、糖尿病、脂質異常症、心臓病、脳卒中、高尿酸血症などいわゆる生活習慣病を引き起こします。これらは慢性腎臓病(CKD)とも深く関わり合っています。
糖尿病では、高血糖状態が長く続いていることにより腎症が引き起こされます 引用元:腎臓病:慢性腎臓病になりやすい人と主な疾患|患者・ご家族のみなさま向け|旭化成ファーマ

慢性腎臓病の初期症状

自覚症状が出にくいという慢性腎臓病ですが、身体にサインは出ます。
思い当たる節があり、不安になった場合は医療機関へかかりましょう。

■尿の色が変わる

<タンパク尿>
腎臓のろ過機能が低下すると、本来は出てこないはずのタンパク質が尿に漏れ出てくることがあります。すると尿の色が濁った感じになり、泡立ちが目立つようになります。
ただし、運動をした後や高熱が出たときにも、一時的にタンパク尿が出ることがあります。 引用元:腎臓のサインを見逃さない | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

<血尿>
腎臓のろ過機能に障害が起こった場合、赤血球が尿に混じって排出されることがあります。すると褐色のような濃い色味の尿が出ます。膀胱や尿道に出血がある場合は、鮮やかな赤い色が混じることもあります。
血尿というと、腎臓がんを心配する人もあるでしょう。血尿は、急性腎炎などさまざまなケースで起こるので、すぐに腎臓がんと判断することはできません。しかし、腎臓にしこりや痛みなどがある場合は、早めに検査を受けましょう。 引用元:腎臓のサインを見逃さない | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

■体のむくみ

老廃物が滞留し、顔や手足がパンパンにむくんでしまいます。特に、起床時に頻繁にむくんでいるようなら要注意です。 引用元:慢性腎臓病の原因と初期症状【CKDとの付き合い方】

■トイレが近くなる

頻尿の原因には、腎臓病のほかに、糖尿病や過活動膀胱などの影響もあります。慢性腎炎や糖尿病の場合には、尿の量が増え、トイレの回数も多くなります。
また過活動膀胱というのは、膀胱の柔軟性が低下し、少量の尿でも尿意を感じ、我慢できなくなるものです。飲み物をとるとすぐにトイレに行きたくなったりしますが、尿量が少なく、なかなか出ないこともあります。最近になって知られるようになった病気ですが、中高年にはかなり多くみられます。 引用元:腎臓のサインを見逃さない | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

慢性腎臓病を予防&改善する方法

慢性腎臓病にも予防や改善する方法があります。
1人では難しいことですが、しっかりと医療機関と連携をしていけば可能でしょう。

■生活習慣の改善

メタボリック症候群などの生活習慣病を起こさないように、適度な運動を行うことが奨められます。
慢性腎臓病では、禁煙、節酒が原則で、睡眠障害の改善も大切です。水分については、著明な浮腫を認める場合や透析を必要とするような場合を除いて、脱水にならないように十分に摂取するよう心がけます。 引用元:慢性腎臓病

■食事療法

全ステージの方の減塩を基本として、肥満の方・糖尿病患者さんにはカロリー制限、カリウムの値が高めであればカリウム制限が加わります。ステージG3a以降で必要となる蛋白質の制限に関しては腎臓の専門医や管理栄養士と連携して指導されます。 引用元:病気の段階と治療[腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのための じんラボ]

■血圧を管理する

全ステージの方共通で130/80mmHg以下を目指します。CKD一歩手前のハイリスク群の方を除いて、RAS阻害薬(ACE阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)が第一選択肢として処方されます。
ただし、蛋白尿が陰性(-)で糖尿病性ではないCKD患者さんにはRAS阻害薬は効果が確認されていないため、患者さんの病態に合わせた降圧薬を使います。 引用元:病気の段階と治療[腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのための じんラボ]

このほかにも予防法や治療法があるので、医師に聞いてみると良いでしょう。

慢性腎臓病は早めの処置が重要です

慢性腎臓病は自覚症状が出ると、すでに進行がかなり進んでいることが多いと言います。
だからこそ、日頃から健康診断などを受けるなど心がけが大事になります。
早めに処置をすることで、症状を軽くすることや遅らせることができるでしょう。
まずは、生活習慣などを見直すと良いです。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING