ケロイド治療に定評のある京都のおすすめクリニック

ケロイド治療に定評のある京都のおすすめクリニック画像

肌に残ってしまったケロイドをどうにかしたいと思うときは、評判の良いクリニックから選びましょう。受診を考えている方のために、ケロイド治療に定評のある、京都のクリニックをまとめました。

yasu79co 28 views 2019年9月30日

ケロイドはどうやってできる?

ケロイドは、傷が治る過程において原因不明の炎症が持続することにより、線維形成が収束しないことによる皮膚線維増殖性疾患と考えられています。 引用元:自治医科大学 形成外科学部門

ケロイドは傷が治る過程でできてしまうことが多いようです。

■簡単にできるもの?

わずかな外傷でもケロイドは生じますので、にきびなどを作らないように心掛けてください。特に、ケロイド体質であれば、不必要な手術を受けないとかピアスの穴あけも避けるなど日常生活での注意が必要です。 引用元:ケロイド Q8 - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

ケロイドの治療方法

ケロイドをきれいな肌へ改善するにはさまざまな治療法があります。
専門医の診察を受けて正しい治療を行いましょう。

■真性ケロイドの場合

真性ケロイドを「治そう」となると、放射線治療は必要不可欠ですが、その効果は強力で、しかも一生涯続きます(活火山を休火山にする)。
さらに、より確かに再発を抑制するため、当院ではテープやコルセット装着による術後固定治療も並行して行います。赤みが速やかに減退し、治療がより確かなものとなります。
『手術+放射線治療+術後固定』
真性ケロイドの治療においては、この3つが適切に行えたとき、最良の結果を得られるのです。 引用元:傷跡・火傷・ケロイドの治療・手術は、形成外科の京都・烏丸姉小路クリニック

■肥厚性瘢痕の場合

多くの場合平坦化していくこと、またその色も次第にうすくなっていくことから、時間をかけた注意深い経過観察が重要で、決して外科的治療を急いではいけません。この他局所の運動抑制など可及的な安静を保つことが、肥厚性瘢痕の発生増殖を抑制ならびに消褪傾向を促進することからこれらのことにも十分配慮すべきです。 引用元:日本形成外科学会 _ 会員の方へ _ 形成外科で扱う疾患 _ 瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド

ケロイドといっても症状によって治療方法はさまざまです。

京都でケロイド治療が得意なクリニック

京都でケロイド治療のために通うクリニックを探しているのなら、次のおすすめの病院はいかがでしょうか。

■烏丸姉小路クリニック

京都府以外からもケロイドに悩む人が訪れ、ケロイド治療専門サイトの監修にも携わっているクリニックです。形成外科と美容外科の2本柱で治療を行っています。 引用元:【3院比較】ケロイド治療に対応してくれる京都の通いやすいおすすめクリニック

■すなおクリニック

ケロイド状のニキビ跡はステロイド注射で改善
ニキビの炎症が治った後、患部がケロイド状(皮膚が赤く隆起した状態)のニキビ跡になってしまうことがあります。
これは、同じ場所で重いニキビの炎症を繰り返すことで、真皮の奥までダメージが至った場合に生じます。正常に再生されなかったコラーゲン組織が隆起している状態です。

このような状態になってしまったニキビ跡には、ステロイド注射が効果的です。患部に直接ステロイドを注射することで、患部の赤みや膨らみを抑えることができます。 引用元:京都でニキビ跡治療を受けるなら|すなおクリニック(美容外科・美容皮膚科)

■鈴木形成外科

鈴木形成外科院長鈴木はレーザー治療をいち早く日本に取り入れ、シミやあざなどの治療を可能にし、小児に対するあざ治療も確立。眼瞼下垂症をはじめとする眼瞼形成手術、あざ・傷あと・ニキビの治療、シミ・シワ・たるみの改善などのご相談をお受けする形成外科治療と美容皮膚科・美容外科の専門クリニックです。

綿密なカウンセリングを行い、患者様のご希望をじっくりお聞きし、それに対して最も適した方法で治療ができる高度な技術と設備を備えています。 引用元:コンセプト | 鈴木形成外科【公式】京都三条京阪|眼瞼下垂,高濃度ビタミンC点滴,美容皮膚科

■大西皮フ科形成外科医院

ケロイド・肥厚性瘢痕は治療後に再発してしまうケースもあり、「ケロイドは体質だから治らない」と言われることもありますが、現在では治療方法や手術方法が確立されてきています。 患者様の症状に合わせて適切な治療方法を選択・組み合わせていくことで、治癒することが可能です。 あきらめて放置するとさらに症状が悪化してしまう場合もありますので、お一人で悩まずに、まずは当院へご相談ください。 引用元:ケロイド・肥厚性瘢痕|京都・滋賀の大西皮フ科形成外科医院【大津石山,四条烏丸】

■京極クリニック

昔から皮膚は内臓や心の不調を映し出す「鏡」とも言われています。
皮膚の病状は、たんなる表面だけの問題ではなく、内蔵や精神とも深く関わっています。
「健やかな皮膚とともに心身の健康」を目指して、「皮・内・心」を総合的に診療しております。 引用元:美容皮膚科(自費診療) | 京極クリニック 京都市中京区の皮膚科,美容皮膚科,アレルギー科

負担の少ない治療法を選ぼう

ケロイドや肥厚性瘢痕は、できた部位や状態によって、最適な治療法が異なります。
 まず初めに重要なのが、手術が適切なのか、手術以外が適切なのかを明確に判断することです。 引用元:ケロイド・肥厚性瘢痕の治療|日本医科大学武蔵小杉病院

まとめ

できてしまったケロイドは自己判断で薬などを使うよりも、早めに専門医の診察を受けて正しく治療することをおすすめします。
今回ご紹介したクリニックから自分に合いそうだと感じたところの公式サイトをチェックしたり、問い合わせしたりしてみましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING