歯列矯正だけじゃない!! 意外と知られていない最新の矯正治療事情

歯列矯正だけじゃない!! 意外と知られていない最新の矯正治療事情画像

一般に矯正治療と言えば、「歯につけるギラギラした目立つ金属製の装置」を想像する方が多いと思いますがそれもいまや昔の話。
実は、矯正治療は年々進歩しており、最新治療の中には、「不自由なし」「目立たない」「短期間で完了」と、これまでの矯正治療の概念を覆した夢の治療法が確立されるまでになりました。

なゆ 792 views 2017年12月28日

歯の矯正と聞いてまず何を思い浮かべるでしょうか?

矯正歯科(歯列矯正)とは、ガタガタの歯並びや出っ歯などを、きれいな歯並びにする治療。矯正には様々な方法があります。
「ワイヤー矯正」が一般的で、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていきます。 引用元:歯列矯正 - 美容クリニック・エステwiki

そうです。このワイヤー矯正こそが、多くの人のイメージする矯正治療そのもの。
「あー、なんか歯の表面にギラギラした大きな金属の板みたいなのたくさんつけてるアレね」
「矯正してると物食べるのも大変そう」
「発音しづらそう」 
なんて声も聞こえてくることでしょう。

ここで問題なのは、上記のように日本人が持っている「歯科矯正のイメージ」が、「歯並びが良くなるのがうれしい」というような、プラスなイメージはなく、「矯正装置による不自由が、つらい」というマイナスなイメージがほとんどであるということ。

出典元:www.kyousei-shika.net

もちろん、日本人だって歯並びが「口腔内の健康」や「身体全体の健康」に及ぼす影響については理解しています。
そういった日本人特有の背景もあって、最近では、以前と比べて「目立たない装置」や「違和感のない装置」を利用した矯正治療を行うデンタルクリニックも増えつつあるんですよ。

では実際に行われている矯正方法と、そこで使われる矯正装置について見ていきましょう。

矯正治療の種類と、主な矯正装置

ワイヤー矯正

歯に「ブラケット」と呼ばれる、ワイヤーを通した専用の器具を取り付け、少しずつ歯を動かしていくことで歯並びを改善していく最もメジャーな矯正方法です。

金属ブラケット

こちらは、ワイヤー矯正と呼ばれる基本の矯正方法で主に用いられるもので、金属素材で作られています。
世の中の多くの人が「矯正治療」と聞くとこちらを想像されるのではないでしょうか。

出典元:www.hotei.or.jp

利点:
・強度のある金属製なため、とにかく丈夫。
・様々な噛み合わせの不具合の治療に、臨機応変に対応可能。
・昔からある装置なため、比較的安価。

欠点:
・歯に装着する部分が銀色なため目立つ。

審美ブラケット

こちらも主にワイヤー矯正で使われる矯正装置で、ブラケット部分が非金属の白や透明の素材で作られています。
金属ブラケットに比べると目立ちにくくなっています。

出典元:www.seiei-dental.com

利点:
・金属ブラケット同様、様々な噛み合わせの不具合に対応可。
・金属を使っていないので、金属アレルギーの人でも使えます。


欠点:
・金属ブラケットよりもやや高価。
・非金属製なため、金属ブラケットよりも強度が若干弱い。

セルフライゲーションブラケット

従来の装置と比べて、ワイヤーとブラケットとの間にかかる摩擦を軽減させた装置で、摩擦が減る分痛みも少なくなると言われています。

出典元:www.hanarabi-smile.jp

利点:
・従来装置よりも、歯を効率的に動かせるため、通院回数を減らすことができます。

欠点:
・従来装置よりも若干高価。
・従来装置よりもサイズが若干大型化

裏側矯正

目立たないよう、歯の裏側に装着できるように作られたブラケットです。
特殊な装置であり、装着及び治療には歯科医師の熟練した経験が不可欠となります。

出典元:carreblanc.jp

利点:
・周りに矯正してることを気づかれにくい。
・虫歯になりにくい歯の裏側に装着するので、表側矯正よりも、虫歯リスクが小さい。

欠点:
・慣れるまでは歯の裏側に異物感を感じることがある。
・表側矯正よりも費用がかさむ。

共立美容歯科 新宿院 見えない部分矯正治療(歯の裏側から)

詳細:共立美容歯科 新宿院の見えない部分矯正治療(歯の裏側から) 上顎or下顎/各¥761,945

大学と技術提携。広島大学歯学部発のベンチャー企業によるフルサポート体制の許で痛みを抑えた、早く美しい仕上がりを実現した歯科矯正を受けることができます。

ハーフリンガル矯正

表側矯正と裏側矯正を併用した矯正方法。
目立ちやすい上の歯には裏側矯正を、発音の際に舌があたる下の歯には表側矯正を使うことで、表側矯正と裏側矯正それぞれのもつ長所を高め、欠点をお互いに補い合うことができます。

出典元:www.abdc.jp

利点:
・見た目と機能を両立させることができる。
・全て裏側矯正にする場合と比べ、トータル費用を抑えることができる。

欠点:
・表側矯正よりは値が張る。
・この矯正方法を実施している歯科医院が少ない。

マウスピース矯正

大きくて目立つワイヤーやブラケットを用いずに、透明なマウスピース型装置を用いて矯正する方法。
マウスピース型装置は自分で取り外すことができます。

利点:
・他と比べて、装着時の違和感や発音障害が起こりにくい。
・装着するマウスピースも透明で薄い素材なので、周囲から気付かれにくい。

欠点:
・指定された装着時間をしっかりと守らないと効果が出ない。
・この方法が使える症状が限られている。

出典元:www.green-dental.net

いずれの方法を選ぶにせよ、歯科矯正というのは基本的に「長い時間を必要とする根気のいる治療」に変わりはありません。
しかし、今は短期間で歯並びを良くする、補綴矯正[ほてつきょうせい] と言う治療方法があるんです。

短期間で歯並びを改善する「補綴矯正[ほてつきょうせい] 」とは?

補綴矯正はスピード矯正やクイック矯正とも呼ばれ、最大の特徴は、人工の歯を使用して2週間ほどで、歯並びをキレイにする事ができます。 引用元:スピード矯正の事なら梅田の歯科、みやうちデンタルクリニックへ

この方法と一般的な歯列矯正の大きな違いは、悪い歯並びの歯の形そのものを変えて「見た目の歯並び」を改善することにあります。
歯根自体を移動させるわけではないので、「矯正」と名はついてますが厳密には矯正ではありません。

セラミッククラウン

出典元:www.1st-shinbi.com

削った歯の上に、セラミックの被せ物(クラウン)で歯の形を変えて見た目の歯並びを改善する治療法です。
歯を移動しないため、後戻りがなく、通常の矯正治療よりも短い期間で対象の歯並びが改善できます。
被せ物の人工歯の色が選べるので、希望の白い歯にすることができます。 引用元:歯並びをきれいにする方法 (歯列矯正、補綴矯正、セラミック矯正) - 矯正歯科ネット治療説明

自前の歯色に合わせた人工歯を選ぶことができるので、補綴矯正したことを他人に気づかれる心配もほとんどないのが嬉しいですね。

グリーンアップル吉祥寺歯科医院のオール セラミッククラウン(e-max)【前歯】

詳細:グリーンアップル吉祥寺歯科医院 オール セラミッククラウン(e-max)【前歯】税込¥75,000

天然歯に近い仕上がり。強度に優れた被せ物
歯に自然なグラデーションを施し、他の歯とマッチした色調を再現

ラミネートべニア

出典元:www.shinbi-shika.net

ラミネートべニアは、歯の表面を少しだけ削りその上に貝殻状のセラミックを接着させる治療で、簡単に言うと、付け爪のようなものです。 引用元:ラミネートべニアの治療のながれ|審美歯科ネット

治療対象の歯を少しだけ削るだけで済むため、自前の歯へのダメージを最小限に抑えられるメリットがあります。自前の歯の分だけ治療後のモチも良くなります。

グリーンアップル目黒歯科医院のハイブリットラミネートベニア(グラディア)

詳細:グリーンアップル目黒歯科医院 ハイブリットラミネートベニア(グラディア) 【税込¥30,000】

見た目の美しさ、機能性を重視した技工物を提供

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING