茶色に黒ずんだ乳首をピンクにする方法まとめ

茶色に黒ずんだ乳首をピンクにする方法まとめ画像

乳首といえば、男性が思い描く女性の乳首はピンク色の綺麗な乳首です。
しかし、現実はそうはいきません。
茶色かったりどす黒かったりという女性が大半です。
しかしその黒ずみ、実は綺麗なピンク色にすることができるんです!
黒ずんだ乳首をピンク色にする方法をまとめました。

yewqmk 302 views 2017年1月29日

こすれないようにする

乳首が黒ずむ原因の1つは「摩擦」にあります。
「遊び人は乳首黒い」というのはただの噂ですが、その噂の原因はこれにあると思われます。
摩擦といっても乳首はデリケートなので、ただ生活しているだけでもブラジャーにこすれたり、洗い方が悪くて摩擦がおきてしまったり、裸で眠る人は布団やシーツとこすれてしまったりするわけです。
それを防ぐためには3つのポイントがあります。

・ブラジャーの選び方に気を付ける
・乳首は泡で洗う
・ナイトブラをつける

まずは、ブラジャーのサイズを合わせるということが非常に重要です。
ブラジャーにきっちりホールドされていないと、乳首はブラジャーにこすれることになってしまいます。縫い目や装飾があるものも摩擦の原因となってしまうので気をつけましょう。
次に気をつけることは乳首の洗い方です。
乳首を洗う際、乳首の黒ずみを汚れの蓄積だと勘違いしてゴシゴシ洗ってしまう方もいるのですが、これはNG。
泡立てネットなどで泡を作り、いちごくらいの大きさの泡で乳首を優しく洗うようにしてくださいね。
そして、ナイトブラです。
夜はノーブラという女性は非常に多いと思いますが、ノーブラだと洋服にこすれてしまいますし、洋服を着ない方はシーツや布団にこすれてしまうことになります。
これを防ぐにはナイトブラがオススメです。
きっちりホールドして乳首を刺激から守りましょう。

参考:【薄ピンク色の乳首・乳輪へ】バストトップの黒ずみの原因と解消法まとめ

詳細:憧れの薄ピンク色の乳首・乳輪へ。 バストトップ(乳首・乳輪)の黒ずみは解消できます。 バストトップやデリケートゾーンが黒ずむ原因と、黒ずみ対策方法をご紹介します。

手軽に食べ物で保湿する

乳首の黒ずみはメラニン要素が原因の1つです。
メラニン要素にアプローチするには「保湿」が手っ取り早いのです。
手軽なもので保湿をするのならこちらがおススメです。

・ヨーグルトパックをする

(用意するもの)

●ヨーグルト
●蜂蜜
●はと麦パウダー(小麦粉でも可)

(手順)

●をすべて合わせて乳首の上に塗ったら5分ほどおきます。
その後さらに上塗りして5分ほどおきます。
シャワーで洗い流して終了です。

・パパイヤスクラブ

(用意するもの)

●パパイヤ(半分)
●レモン(6分の1)


スプーンでパパイヤを繊維が軽く残るくらいそぎ取って、絞ったレモンと一緒に器に入れてかき混ぜます。

パパイヤは美白の効果が特に強いです。白パパイヤ石鹸なども非常に有効です。

参考:芸能人愛用!お金を掛けないで乳首をピンクにする方法!

詳細:今日はみんなが興味ある乳首の色についての疑問と芸能人も実践しているお金の掛からないバストトップのケア方法を記事にしたいと思います。

ホームケア

自宅でできる乳首の黒ずみケアで1番効果が期待できるのは「乳首専用のケア」です。
乳首に直接塗るクリームタイプで、同時に脇やひざの黒ずみにも有効なものがほとんどになります。
しっかり保水・保湿をすることで黒ずみを改善し、ピンク色の乳首へと導いてくれます。
「保湿」と「美白」を同時に行えるので、手軽にできる乳首ケアよりも効果は高いです。
毎日デリケートな乳首に直接触れるので、無添加や敏感肌用の物がオススメです。
即効性はないのでゆっくりと改善していきましょう。

参考:【薄ピンク色の乳首・乳輪へ】バストトップの黒ずみの原因と解消法まとめ

詳細:憧れの薄ピンク色の乳首・乳輪へ。 バストトップ(乳首・乳輪)の黒ずみは解消できます。 バストトップやデリケートゾーンが黒ずむ原因と、黒ずみ対策方法をご紹介します。

皮膚科に行く

皮膚科に行くと、ハイドロキノンを処方してくれます。
もともとハイドロキノンは強力な薬で、管理の難しさから医師の立会いのもとしか使ってはいけないものでしたが、2001年より化粧品などにも使われることが許されました。
シミにアプローチし、メラニンの色素を薄くさせる効果が期待できます。
ただし1度で黒ずみが蓄積されるわけではなく、2週間に1度ほどの通院で1年半ほどかかる場合もあります。
そして、保険適用外の場合もあるので高額になる恐れがあります。

参考:芸能人愛用!お金を掛けないで乳首をピンクにする方法!

詳細:


“乳首の黒ずみ”といえば

多くの女性が抱える悩みのひとつ。

ピンク色の乳首の人もいれば茶色の人もいますよね。
どうして人それぞれ色が違うのでしょうか?

結論から言うと・・・

乳首は肌を黒くするメラニン活性が高いのでこすれたりするだけで黒ずんでしまう部位なんです。

クリニックへ行く

クリニックでは皮膚科のようにハイドロキノンを処方してもらえるほかに、レーザーでの治療方法もあります。
レーザーの中にフラクショナルCO2レーザーというのがあるのですが、これはレーザービームで皮膚に0.12mmという微細な穴をあけて、熱エネルギーをいれる仕組みになっています。熱エネルギーをいれると新しい皮膚細胞が出来上がり、黒ずみを改善することが出来るのです。

こちらも1回で改善されることはないので、最低4回ほどの通院が必要です。

参考:黒い乳首をなんとかしたいなら美白剤よりも湘南美容外科クリニックのフラクショナル

詳細:そもそもハイドロキノンは医薬品です。 しかも強力な美白効果を持っています。 つまり裏を返せば「劇薬」なのです。 ちゃんと医師の指導のもとで正しく使わなければなりません。 まず最初は整形外科に行ってみて、処方された薬がなくなるまで続けてみましょう。 使い方や使う量が理解できたら、個人輸入で手に入れても良いかもしれませんね。

ピンクの乳首は努力が必要!?

色素が薄ければ薄いほど乳首はよりピンクになるので、最初から綺麗なピンク色の乳首だったという人は日本人ではあまりいないのです。
しかし、決して不可能ではありません。
手に入れたいのならひそかに努力しましょう!

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING