歯科クリーニングってどのくらいのペースでやるのが正解?

歯科クリーニングってどのくらいのペースでやるのが正解?画像

「PMTC」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? これは歯科医師や歯科衛生士などのいわゆる「歯の専門家」が専用の機械を使用して行う歯のクリーニングです。磨き残しの歯垢が歯石になると、もう歯磨きだけでは落とすことができません。キレイな歯を保ちたいならぜひ定期的なクリーニングを。正しいタイミングでクリーニングを受けて、いつまでも輝くモテ笑顔をめざしましょう。

naco 516 views 2017年2月3日

歯科クリーニングってなんで必要なの?

食事後の食べカスや、茶渋、ワインなどのタンニンによる着色汚れなど、私たちの歯はあらゆることが原因で汚れてしまいます。歯磨きをきちんとすればいい、と思う方も多いかもしれないですが、実はどんなにきちんと磨いているつもりでも、約20〜30%ほどは磨き残しがあると言われているのです。

歯垢(プラーク)を放置していると唾液のカルシュウムと結合して、歯石になります。これを石灰化と呼びます。 引用元:歯のクリーニングの頻度(期間) | 渋谷の歯医者ならホワイトエッセンス渋谷

口の中で細菌が繁殖してできてしまう歯垢(プラーク)。歯垢の磨き残しは時間が経つとそのまま石灰化し、「歯石」になってしまいます。

歯石とは、口の中の細菌の死骸や食べ物のかす、唾液や血液中のカルシウムの塊が歯や歯の間にこびりついたもの。歯石は歯垢に比べ、硬く粘着力が強いのが特徴です。 引用元:美容用語|歯石

歯石自体は特別悪いものではないのですが、放置しておくと口のトラブルの原因につながりかねません。

歯石は表面がでこぼこしているので細菌がつきやすく、むし歯、口臭、歯周病などのリスクを高めます。 引用元:歯垢(プラーク)と歯石の落とし方|歯の健康基礎知識|ライオン

虫歯、歯周病などは口臭を引き起こし、自分でも気づかないうちに口が臭くなってしまっている可能性が……。「あの子口臭いよね」なんて陰で言われていたら嫌ですよね。歯科クリーニングはセルフの歯磨きで届きにくく、歯垢・歯石が溜まりやすいようなところまで掃除してくれる「プロの歯磨き」。爽やかに健康な口を保つためにも、歯科クリーニングはぜひ受けておきたいところです。

歯科クリーニングに行くタイミングは?

歯磨きの仕方や歯並びの状態、食生活、喫煙の有無などによって、クリーニングの最適な期間は変わります。 引用元:歯の定期的なケアについて(予防歯科Q&A)|新宿西口 五十嵐歯科室 (新宿区)

通常は、3~6か月に一度行うことがすすめられています。歯科医師に相談の上、自分に適した頻度で行うと良いでしょう。 引用元:歯のクリーニング(PMTC) の流れや効果的頻度 ストローマンパートナーズ

多くの歯科医院で推奨しているのが3カ月に1回の定期健診。口の中の状態は食生活や体調、ストレスなどによっても変わってきますので、かかりつけのドクターに3カ月に1回はかかって、口腔内をチェックしてもらった上でクリーニングを受けましょう。

歯科専門クリーニングを受けられるおすすめデンタルクリニック

以下はどちらも渋谷駅からほど近いクリニック。クリーニングはおよそ20〜30分程度で受けられるので、ショッピングの合間や帰り、デート前などに立ち寄るのもおすすめです。

渋谷ブランシュ歯科

詳細:PMTC 歯のポリッシングクリーニングコース【15分】

渋谷のタワーレコードはす向かいにあるデンタルクリニックです。

出典元:ameblo.jp

銀座デンタルホワイト

詳細:クリーニング

渋谷駅からすぐ、宮益坂の交差点のビッグカメラ側にあるデンタルクリニックです。

出典元:ginza-dw.com

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING