春夏までに知っておきたい脇の黒ずみの原因と対策

春夏までに知っておきたい脇の黒ずみの原因と対策画像

 夏は露出の増える季節。夏にしかできないファッションを思い切り楽しみたいですよね。しかし、脇の黒ずみを気にしている女性にとっては悩みの種が増える季節でもあります。キャミソールやノースリーブのトップスが着られないとファッションの幅が狭まってしまい、楽しみが減ってしまいます。また、夏は海やプールで水着を着る機会も多くありますが、そんなときも脇が気になって皆と同じように楽しむことができません。そんな悩みの種である脇の黒ずみ。実は、日々の生活の中に原因があるんです!原因がわかれば対策をとることもできます。この機会に黒ずみの原因を知り、夏に向けて黒ずみ対策をとってみませんか?これからの夏を楽しく過ごしたい方のために、黒ずみの原因と対策をご紹介します。

kajfd3 377 views 2017年3月24日

黒ずみの原因とは

 黒ずみの原因の1つは、メラニン色素の沈着です。メラニン色素と聞くと日焼けを思い浮かべる方も多いと思いますが、このメラニン色素の主な役割は肌を紫外線から守ることです。そのため、紫外線にあたると肌を守ろうとメラニン色素がつくられ、肌が黒くなります。このメラニン色素が黒ずみとどう関係しているのかというと、肌が刺激されることによりメラニン色素が多く作られてしまい、これが沈着することによって黒ずみになってしまうのです。肌への刺激というのは、脇の場合日頃の脇毛の自己処理が挙げられます。また、身に着けている服が擦れることも十分刺激になってしまいます。これらの刺激によってつくられたメラニン色素は、通常は沈着することなくお肌のターンオーバーによって排出されます。しかし、代謝が悪くなると排出できずに沈着してしまうのです。
 もう一つの原因は皮脂や角質です。こちらも肌の代謝が関係しており、代謝が悪くなると古い角質等が溜まりやすくなってしまいます。また、衣服の蒸れや制汗剤・スキンケア用品の多用も皮脂や角質が溜まる原因となります。汗をかいた服を着替えずにそのまま過ごしていませんか?サイズの合っていない服ばかり着ていませんか?脇は皮膚が薄くデリケートな部分なので、日頃から清潔に保ったり摩擦が少なくなるよう心掛けたりしなければいけません。普段の生活を見直し、黒ずみの原因となる行動は控えるようにしましょう。
 黒ずみの原因である「メラニン色素の沈着」と「皮脂や角質」を頭に入れたところで、今度はその対策をご紹介したいと思います。

参考サイト「ビキニもタンクトップもOK!確実に脇の黒ずみを取る方法」

詳細:脇の黒ずみをなんとかしたい、、そんな方必見の「出来てしまった脇の黒ずみを綺麗に解消する方法」と「二度と黒ずまないようにケアする方法」をご紹介します。

参考サイト「脇が黒ずんでしまう原因とは?」

詳細:薄着になると気になるのがワキ。ワキ毛の処理や制汗剤で肌に負担を与えてしまうことなど、ワキの黒ずみをつくってしまう原因はたくさんあります。ここではドクター監修の記事で、ワキの黒ずみについて解説します。

自己処理の方法を見直す

先ほども記述した通り、原因であるメラニン色素は脇毛の自己処理によって多く作られてしまいます。これを改善するために一番良い方法は「脱毛」です。自分で剃刀を使って毛を剃ると、刃を肌に当てるためどうしても刺激になってしまいます。デリケートな脇の皮膚であればなおさらです。脱毛をすれば自己処理による刺激は防げますし、何度も通えば自己処理が必要なくなるため手間もかからず一石二鳥です。最近は脇だけの脱毛なら安く済むサロンもありますし、これを機に脱毛してしまうのも1つの手だと思います。
しかし、脱毛にかけるお金はない!という方もいらっしゃると思います。そういう方は、なるべく刺激の少ない方法で自己処理をしましょう。おすすめは剃刀よりも電動シェーバーです。より低刺激で処理することができます。さらに、処理をした後は化粧水や乳液で保湿するのが効果的です。乾燥も刺激になってしまうので、自己処理で肌を刺激してしまった後は保湿するのを忘れないようにしましょう。ただし、やりすぎは禁物です。黒ずみの原因の2つ目に挙げた通り、スキンケア用品の多用は皮脂や角質が溜まる原因になるからです。あくまでも適度な保湿を心掛けましょう。

参考サイト「ビキニもタンクトップもOK!確実に脇の黒ずみを取る方法」

詳細:脇の黒ずみをなんとかしたい、、そんな方必見の「出来てしまった脇の黒ずみを綺麗に解消する方法」と「二度と黒ずまないようにケアする方法」をご紹介します。

肌を清潔に保つ

 私たちが普段手や顔を洗って清潔に保とうとするのと同じように、脇の肌も清潔に保たなければいけません。そうは言っても脇を一日に何度も洗うわけにはいかないので、着るものに注意を払うようにします。まず摩擦がないようサイズの合ったものを選び、きちんと洗って清潔な状態で着用しましょう。また、汗をかいたらこまめに拭くようにし、蒸れるようなら清潔なものに着替えましょう。当たり前のことのようですが、着るものを疎かにしている方は普段の服選びを見直してみてくださいね。
 そして、肌を清潔に保つためにはもう一つ気を付けなければならないことがあります。それは、「自己処理の方法を見直す」で説明したことと関連があります。剃刀を使って脇毛の処理をしている皆さん、普段いつどこで自己処理をしていますか?お風呂場で身体を洗いながら自己処理を行う方も多いのではないでしょうか。そして、その剃刀をお風呂場に置きっぱなしにしていませんか?実は剃刀をお風呂場に置きっぱなしにすると、菌が繁殖してしまうのです。菌がたくさん潜んでいる剃刀を肌にあてるのはとても不衛生ですよね。これが、剃刀をお勧めできないもう一つの理由です。もし自己処理の最中にうっかり肌を傷つけてしまい、そこから菌が入り込んだらと考えると、自己処理に使う剃刀やシェーバーも清潔な状態に保っておく方が好ましいでしょう。

参考サイト「脇の黒ずみに悩むあなたに」

詳細:意外と見られている脇。黒ずみの原因を知り、きれいな脇をめざしましょう。

食生活改善で黒ずみ解消

 さて、ここまではこれ以上黒ずみを悪化させないための予防策でしたが、次は黒ずみ解消のための方法です。最初に、黒ずみの原因に肌の代謝が関わっていることを説明しましたが、肌の代謝を良くすることで色素を排出でき、黒ずみの解消に繋がります。また、食生活改善によりお肌が潤えば、乾燥などによる刺激を防ぐこともできます。そこで、代謝促進やコラーゲン合成など、黒ずみ解消に効果的な栄養素とその栄養素を含む食材をご紹介したいと思います。

① ビタミンC
コラーゲン合成効果とメラニン色素の合成を抑える効果があります。野菜や果物に多く含まれますが、ビタミンCは熱や空気に弱い為、なるべく加熱せず、皮をむいたらすぐに食べることをお勧めします。
主な食材は、パプリカ、ゆず、レモン、アセロラ、ピーマンなどです。

② ビタミンE
血の流れを良くすることで代謝を促進する効果があります。
主な食材は、カボチャ、ナッツ類、いくら、たらこ、いわし、モロヘイヤなどです。

③ ビタミンB6
皮膚の新陳代謝を上げる効果があります。
主な食材は、魚類やバナナなどです。

 これらの食材を毎日の食事に取り入れ、身体の内側から黒ずみを解消できるように心がけましょう。これらの栄養素以外にも、コラーゲンそのものの元となるたんぱく質を多く取り入れるとより効果的です。

参考サイト「ビキニもタンクトップもOK!確実に脇の黒ずみを取る方法」

詳細:脇の黒ずみをなんとかしたい、、そんな方必見の「出来てしまった脇の黒ずみを綺麗に解消する方法」と「二度と黒ずまないようにケアする方法」をご紹介します。

参考サイト「脇の黒ずみに悩むあなたに」

詳細:意外と見られている脇。黒ずみの原因を知り、きれいな脇をめざしましょう。

最後に

今回は3つの方法を取り上げましたが、いかがでしょうか。いずれも今日からすぐに実践でき、お金も手間もほとんどかからない方法ばかりです。もちろん、今日から始めてすぐに結果が出るというわけではありません。というのも、肌のターンオーバーの周期は20代が約28日、30代は約40日といったように約1カ月以上となっているからです。自分の年齢にあった周期をよく理解した上で、それまでは辛抱強くこれらの方法を実践し続けることが大切です。とはいえ、まだ夏本番までは1カ月以上ありますし、夏は来年も再来年もやってきます。来年以降も夏を楽しく過ごすために、今から黒ずみ対策を始めてみませんか。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING