口臭がする!口の中の唾液を増やしたいときの対処法

口臭がする!口の中の唾液を増やしたいときの対処法画像

口臭の1つの原因として、【口の中の唾液量が少ない】ということが考えられます。
今すぐ口臭をどうにかしたいけど、歯を磨きにも行けないし、何も持っていない!
そんな時に試してみてくださいね。

vhvlr 545 views 2017年4月1日

1. 水を飲む

口臭の原因が【口の中の唾液量が少ない】と【食べかすなどが口の中にある】というときに使える解決法です。

口の中の唾液量が少ないと、口の中に細菌が繁殖し、食べかすなどを食べることでニオイをはっします。
なので、水で口の中を潤し唾液を活性化させる手伝いをしましょう。
また、口の中をゆすぐだけでも、ゆすがないときと比べると食べかすを外に出すことができます。
お手洗いに立った時などに口をゆすぐ癖をつけてみてくださいね。

2. よく噛んで食べる

ご飯を食べるとき、噛む回数が少ないと、噛む回数が多い人に比べて顎周辺の筋力が弱まるために唾液量が少なくなってしまいます。

食事をするときは1回ご飯を口に入れたら30回以上はよく噛み潰しましょう。
ついつい癖ですぐに飲み込んでしまうという方は、硬い食べ物を食べるようにすると何度も噛む癖を付けられようになりますよ。

参考:【決定版】口臭の原因と原因別口臭予防・対策方法

詳細:口臭の原因から口臭チェック方法、予防・対策についてご紹介いたします。 口臭予防と対策で、さわやかなモテ息を目指しましょう!

3. マッサージする

口の中が乾きやすい、寝起きの息がクサイ、声がすぐにかれるという人は普段から唾液量が少なめの人が多いです。
唾液量をアップするマッサージをしてみてくださいね。

1. 首と輪郭の境にある顎に指を立て、耳に沿って優しく5~10回ほど押していく。
2. 耳たぶのやや前方を円を描くようにマッサージする

参考:だ液腺マッサージ

詳細:お口の中には、だ液腺と呼ばれるだ液の出やすいポイントがあります。<br /> だ液の分泌を促すために、だ液腺を刺激することを、だ液腺マッサージと言います。

4.すっぱいものを思い出す

梅干しやお酢などすっぱいものを思い浮かべると唾液が増えるのを感じませんか?
一瞬のことかもしれませんが、唾液量を増加させたいときは試してみてください。
外出中なら、黒酢ドリンク、レモンなどのすっぱいものを口に入れるのもおススメです。
昼食後、どうしても歯を磨けないというときは梅干し入りのご飯などを食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

口臭改善まとめ

慢性的な「口臭」も、ちょっとしたことが原因のこともあります。
口の中がトラブルを抱えているのではなく、ほかのことが原因なこともあるので、慢性的な口臭は口臭外来などで見てもらうのもよいと思いますよ。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING