加齢臭を改善するために気を付けたい生活習慣

加齢臭を改善するために気を付けたい生活習慣画像

突然ですが自分の体臭が気になりませんか?

「50代を過ぎたあたりから枕が変なニオイがするな・・・」
「使ったタオルが生臭いかもしれない・・・」

そう感じたらそれは加齢臭の可能性が高いです。

本日は加齢臭を気にしている方のために加齢臭を改善・予防する生活習慣をご紹介していきたいと思います。

dfgknh 114 views 2017年4月29日

(1) 食事に気を付ける

加齢臭の原因である活性酸素は食事の内容でも発生することがあります。
特に食品添加物や加工品などは活性酸素が発生するといわれているので、なるべく避けましょう。
ジャンクフードやコンビニ弁当といったものではなく、バランスのとれた食事がオススメです。

また、加齢臭対策としてはビタミンが有効です。
ビタミンCは活性酸素の発生を抑えてくれる働きがあるので、食事に取り入れるようにしましょう。
ただ、ビタミンは体の中に貯めて置けないので、こまめに1日2~3食でとるのがポイントです。

飲み物のおすすめは緑茶やウーロン茶です。
緑茶などに含まれるカテキンは体臭を抑えてくれる働きがあるんですよ。

参照:【加齢臭の原因と対策・予防方法】加齢臭の悩みを一気に解決!

詳細:加齢臭は治せます! 加齢臭の原因とセルフ加齢臭チェック、予防方法をご紹介いたします。 加齢臭のない「他人に臭いの事で嫌な顔をされない」生活を手に入れましょう。

(2) 適度な運動をする

運動不足は基礎代謝が悪くなることで体内に脂肪がたまり、体臭や加齢臭の原因であるノネナールを発生させてしまいます。
それだけではなく、汗をかきなれていない人は汗腺に古い角質や雑菌が溜まることで、汗をかいたときに異臭がしてしまうという場合もあるのです。

体臭がニオうと、加齢臭が混ざったときに余計にひどい悪臭になります。
加齢臭が気になる場合は運動をはじめてみてくださいね。

参照:運動不足の方は、ニオイが発生しやすい!

詳細:運動不足は、加齢臭の発生の原因につながるのでしょうか?その実態と、対策に関してご紹介しています。

(3) ストレスを貯めない


強いストレスを覚えると、少しでもストレスを軽くしようと体の中からホルモンが出るのですが、このホルモンは加齢臭の1つの原因である活性酸素が起こる副腎皮質ホルモンなのです。

基本的に、加齢臭は体内を守るためのことが原因になってしまっていることがいいです。
自分の体を大事にいたわってあげることが加齢臭予防・対策の一歩になりますよ。

加齢臭終わりに

加齢臭といっても、ニオイが弱いのもから強いものまで様々ですし、そのニオイ自体も多種多様です。
自分の身に着けたものや身の回りのもので少しでも「あれ?」と思う臭いがあれば加齢臭を疑ってみましょう!

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING