デリケートゾーンの黒ずみを許すな!デリケートゾーンの黒ずみに役立つ情報まとめ

デリケートゾーンの黒ずみを許すな!デリケートゾーンの黒ずみに役立つ情報まとめ画像

デリケートゾーンの黒ずみは女性にとって非常に嫌なことです。
デリケートゾーンの黒ずみを何とかしたいと思う方に役立つ情報を集めてみました。

waotasu 134 views 2017年6月1日

デリケートゾーンの黒ずみはどうしてできる?

デリケートゾーンが黒ずむことがあります。女性にとってデリケートゾーンは美しさを象徴する部分でもあります。
デリケートゾーンのお手入れを全くしてない女性の方は少数ではないでしょうか?

そんなデリケートゾーンですが、ときに黒ずみが目立つことがあります。
数日前にはなかったのに、急にデリケートゾーンに黒ずみができている?
どうしてだろうと悩んだ経験はありませんか?

今回はデリケートゾーンで何故黒ずみができるのか?
詳しく紹介していきたいと思います。

デリケートゾーンが黒ずむ原因:摩擦による刺激が原因でデリケートゾーンに黒ずみができてしまう。

デリケートゾーンが黒ずみの原因は脱毛による刺激です。

日本人は、もともと黒ずみの原因となるメラニンの保有量が多いため、黒ずみに悩まされることが多いです。

特に摩擦などの刺激は、黒ずみの原因となるメラニンの生成を増やしてしまうため、常に服や下着の摩擦にさらされるデリケートゾーンや、ワキ、ヒザなどは、黒ずみができやすい傾向があります。

また、ワキやデリケートゾーンは、汗が溜まりやすいため不衛生になりやすく、そこに更に自己処理による脱毛の刺激が加わることで炎症を起こしてしまうのです。

毛抜きやシェーバーなどによる自己処理によって、肌に無理な負荷をかけ過ぎないことが大切です。 引用元:脱毛後の黒ずみの原因と3つの対処方法

摩擦による刺激が原因でデリケートゾーンに黒ずみができてしまいます。
特に小まめにデリケートゾーンのムダ毛を処理している方はデリケートゾーンの大きな刺激を与えている可能性がありますので、注意が必要でしょう。

デリケートゾーンが黒ずむ原因:衣類や下着による締め付け

服を脱いでみたら衣類や下着が当たっている部分が赤くなっていたなんてことはありませんか?

これは衣類や下着によって皮膚が締め付けられている証拠です。
締め付けられてる部分は常に刺激や摩擦の影響を受けることになってしまいます。

これが積み重なることでデリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまうのです。 引用元:デリケートゾーンの黒ずみの6つの原因と、ピンク色にする12の対策方法

最近では、タイトで体のラインを細く見えるデザインが人気です。
少しでも相手に自分を細く見せようと努力していることなので、これに関してはしょうがいないことですが、デリケートゾーンにはあまり良くないです。

締め付けられた衣服や下着によって摩擦が強く影響を与えますし、締め付けられたところが赤く炎症を起こしている事があります。炎症を起こすとメラノサイトから肌の炎症を表皮内で留めようと、メラニン色素をつくり肌をガードします。
通常の炎症によるメラニン色素の生成くらいでは、特に黒ずみができることがありませんが、日常的に締め付けれる衣服を見につていると炎症が悪化して炎症性色素沈着を起こします。
この炎症性色素沈着は、肌の真皮まで達してしまうので、黒ずみを消すにはとても時間がかかります。

日常生活の中で何らかの要因によって出来る肌の色素沈着です。原因は色々ありますが、ワキ等は汗をかく事で出来る汗ジミの色素沈着、首まわりは体を洗うナイロンタオルの使用による色素沈着、Vラインは化学繊維の下着やゴムの部分で擦れる事による色素沈着(摩擦性色素沈着)。それからアトピーやあせもに見られる『皮膚炎』の部分を掻いたり、カサブタを無理に剥いだりして出来る色素沈着等です。また化粧品等による接触性皮膚炎後やレーザー治療後に色素沈着を起こす場合もあります。これらを総じて炎症性色素沈着といいます。その他ホルモンの影響で色素沈着を起こす場合もあります。 引用元:http://www.ninaweb.jp/archives/254

デリケートゾーンの黒ずむ原因:妊娠や出産によるによって黒ずむ

デリケートゾーン(外陰部)や乳首(乳輪)・ワキ・その他お肌の各部分の黒ずみの主な原因は「妊娠に伴うホルモンバランスの崩れ」となります(泣)

ここで言うホルモンとは「女性ホルモン」のことで、「エストロゲン」「プロゲステロン」と呼ばれるものですね。

この二つは、黒ずみの原因である「メラニン色素」を増減させる働きがあると言われており、お肌の黒ずみの元凶と言ってもいいものです。 引用元:http://vio-kurozumi.net/ninshin-kurozumi.html

他にも女性ホルモンバランスが崩れる原因となるもの

・妊娠中~出産後

・精神的ストレス

・生活習慣・食生活の乱れ

・睡眠不足・肉体疲労

・加齢による女性ホルモンの分泌減少

出産によってホルモンバランが著しく崩れることが多くなるため、体内バランス黒ずみができやすくなる。

デリケートゾーンの黒ずみにはイビサクリームがおすすめ!

刺激が少なく保湿効果を感じる
これまでに使用した美白クリームはぬった後にピリピリすることがあって使うのを止めることがありましたが、イビサクリームはピリピリしたりせず肌に負担がかかっている感じは全くありませんでした。
ぬった後もベタベタしたりして不快な感じを受ける事はなく、どちらかと言うとしっとりした感じで保湿してくれているなと感じられました。
しっかりと感じた美白効果
ぬった後すぐには肌への変化は感じられなかったので、大丈夫かな?と感じたこともありましたが1ヶ月位経つと肌の状態にかなり変化が見られて、黒ずみが薄くなったと実感できました。
3ヶ月くらい経つとほとんど黒ずみが目立たなくなり美白クリームとしての効果をしっかりと感じられました。 引用元:イビサクリームを使ってみて感じたビフォーアフターの差とは? | 黒ずみ解消doctor+

デリケートゾーンの黒ずみにはイビサクリームがおすすめ。
デリケートゾーン専用の美白クリームとしても有名なイビサクリームなら、敏感なデリケートゾーンの黒ずみにも優しく。刺激が少なく作用します。

デリケートゾーンは肌が他の箇所よりも弱いので、イビサクリームのような肌に優しい美白クリームはとてもおすすめです。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみはとても繊細な場所に出来ていることが多く、そのため間違った対策を立てると黒ずみが解消できないだけでなく、肌荒れや炎症性色素沈着を引き起こす可能性もあります。

少しでもデリケートゾーンに違和感を感じましたら、自己ケアで済ますのではなく、専門の医師の診断受けましょう。

これから夏に向けて水着や短いパンツやスカートを着ることが多くなると思います。
デリケートゾーン周りの黒ずみを早めに解消して素敵な夏の思い出を作りましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING