青汁の効果や種類・飲み方まとめ

青汁の効果や種類・飲み方まとめ画像

青汁には効果がある?ない?効果が出るまでの期間は?青汁の種類は?飲み方はなどなど青汁についてまとめました。

gagfagqegqeg 67 views 2017年6月14日

青汁の主原料である「ケール」「大麦若葉」「明日葉」には、美肌効果、便秘解消効果や、アンチエイジング効果、ダイエット効果など、女性に嬉しい効果がたくさんあり、多くの女性に愛飲されています。

健康食品として有名な青汁は、野菜不足になりがちな現代女性にとって、手軽に栄養を補給できる手段としても選ばれています。また、美容目的で飲んでいる女性もいると言われています。それは、青汁にはビタミンやミネラルなど、美肌を維持するのに必要な栄養素がたっぷりと含まれているためです。 引用元:青汁の美肌効果とは

筆者も毎日愛飲していますよ☆

青汁に効果が無いというのはホント?

「青汁には効果が無い」という言葉を耳にすることもありますが、それは、青汁に関して間違った認識をしているからなのかも知れません。 青汁は、医療用の特効薬ではありませんので、摂取してすぐに熱が下がるわけでもなく、疾病が即座に完治するようなものでもありません。

また、青汁を飲んでいたとしても、夜更かしをしたり、アルコールを飲み過ぎたりといったことを続けていれば、まず、健康状態は改善されない筈です。

青汁には様々な有効成分が入っていますが、例えば、代謝を悪くしやすいアルコールを大量に飲んでいれば、青汁にどんな効果的な成分が入っていたとしても、その効果を実感することは出来ないということです。

青汁は、「健康に気を使っている方を、効果的にサポートする為」に存在していますので、場合によっては、その効果を実感出来ないという方もいらっしゃるかと思いますね。 間違いなく言えることは、「青汁は、健康の維持にとって大切な成分がたっぷり含まれている」ということです。

ですから、健康的な生活をし、青汁を飲み続けていれば、疾病にかかりにくくなり、また疲れにくい体を作れるということに間違いはありません。 「体に良い」という言葉を聞くと、「すぐに疾病が治る」、「飲んでいればどんなに荒れた生活をしても大丈夫」とついつい間違った認識をしてしまいがちではありますが、青汁について正しい知識を得て、上手に利用出来れば、きっとその効果を感じることが出来るはずですよ。

青汁の適切な飲み方について

青汁には、適切な飲み方というのが存在します。 思うままに、好きなだけ飲んで良いというものでもなく、かと言って、1ヶ月も2ヶ月も飲まないままであれば全く意味はありません。

青汁を飲む上で大切なことは、一気に大量に飲んだからといって、疾病がすぐさま治ったり、体質改善されるといった事もありません。

青汁にはたくさんの栄養素が含まれていますが、ある一定期間に大量に摂取したとしても、身体にとっては何の意味もないのです。

それどころか、栄養素の摂取過多は決して身体に良いとは言えず、青汁を一日に必要量以上に飲み続けることで、逆に身体を悪くしてしまうことにもなりかねません。

青汁の原材料や、タイプ別に、一日に採るべき量というものが必ず記載されていますので、記載事項を守って適切な飲み方をしましょう。

また、青汁を飲んでいるからと言って、夜更かしをしていたり、お酒を毎日大量に飲んだり、間食を続けたりしていては、体質改善はまず行なわれないでしょう。 青汁は、絶対的な栄養素、効果を持ちますが、それをしっかりと生かせるかどうかは、愛用者次第なのです。

青汁を飲みながらも、引き続き、適度な運動・睡眠、適切な食事を続けることで、青汁に含まれる栄養素がしっかりと体内に浸透してきます。


普段から荒れた生活が続いているという方は、青汁の購入と同時に、生活環境の改善も心がけるようにしましょう。 安定した生活を行い、青汁をきちんと飲み続ければ、身体の至るところが綺麗になっていくことが実感出来るはずです。


飲み方は、水で割って飲むのももちろんいいですが、牛乳で割ってもおいしいです。

青汁独特の青臭さや苦味が緩和され、抹茶ミルクのような味になります。また牛乳に含まれるタンパク質やカルシウムも一緒に摂れるため、お子さんにもオススメの組み合わせです。ハチミツなどの甘味を加えると、さらに飲みやすくなります。 引用元:これならイケる!青汁のおいしい飲み方

牛乳でくさみが消えるんですね。

青汁効果を実感できるまでに必要な期間

青汁は、決して医療用の特効薬ではありませんので、その効果は即座に現れる訳ではありません。 効果を実感出来るまでに必要な期間は、どのような効果を期待するかによって異なりますので、一例を挙げ、以下に記載してみたいと思います。 まず、便秘を改善させたいと思って青汁を摂取する場合には、比較的早い段階でその効果を実感することが出来るはずです。

あくまでも参考程度にはなりますが、粉末タイプなら1日コップ1杯、ドリンクタイプなら1日1本程度を数日間続けることで、毎日のお通じが良くなってきますよ。 次に体質改善効果についてですが、これは、約1ヶ月から数ヶ月単位で効果が現れてきます。 前日の疲れを身体に残さずに、目覚めがスッキリとしていたり、肌にハリやツヤが出てくるのがおよそこの辺りからと言えます。

青汁の効果を実感する為に一番大切なのは、毎日しっかりと、定期的に飲み続けることです。 ここ最近は美味しい青汁も多く販売されていますが、それでも、毎日続けるのはなかなか難しいかと思います。 ただ、一度飲んだだけで効果を実感出来るものでもありませんので、出来る限り、長く続けられるようにしましょう。

例えば、粉末タイプのものや錠剤タイプのものを飲んでいて、ちょっと飽きたなと感じたら、ジュレタイプのものに変えてみるといった方法を取ると、意外と長く続けることが出来ますよ。 自分自身で、飽きさせないような上手い摂取の仕方を考えるのも楽しいかと思います。

青汁の安全性について

青汁は、身体に良い成分がたっぷりと入っている食品です。 青汁を定期的に飲み続けることで、体質改善、ダイエット効果、美容効果と様々な効果を実感出来ることと思います。

ただ、青汁購入の際、栄養価や味については、しっかりと確認はしていても、原料そのものの安全性についてまで考えているという方は、意外と少ないのかも知れません。 健康食品の一つである青汁は、比較的、毎日継続して摂取することの多い食品ですから、栄養面だけではなく、出来る限りは安全面にも配慮してもらいたいものです。

最も大切なこととしては、有機栽培で作られたものを選択するということが挙げられます。 基本的に、日本国内で販売されているほとんどの青汁が有機栽培で作られているものですが、もしそうでない場合は、残留薬物が残っていないとも限りません。

有機栽培の場合は、化学肥料を一切使用しませんので、そのような心配をすることはまずありませんね。 以上のことからも、出来ることならば、無農薬・有機栽培で作られた青汁を選択するようにしましょう。

栄養価、飲みやすさ、安全性の3つがきちんと揃った青汁こそが、最も良い青汁と呼べるのです。 ついつい栄養価や味だけに目が行きがちではありますが、購入の際にはこの3つをしっかりと考えておかなければなりません。


上記のとおり、今現在、国内で販売されている商品のほとんどが有機栽培ですので、そこまで心配はいりませんが、購入の前に予め確認しておくようにしましょう。

※ワーファリンを飲んでいるひとは注意

ワルファリンは血液を固まりにくくして、血栓ができるのを防ぐ作用があります。血液が固まるには、ビタミンKが必要なのですが、ワルファリンは、そのビタミンKの働きを妨げることにより、血液を固まりにくくします。青汁や納豆、クロレラなどは、ビタミンKを多く含むため、摂取を控えるように指導されています。 引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_

ワーファリンを飲んでいる方は注意してくださいね。

タイプ別に分かれる青汁

青汁は、どんな方でも気軽に摂取出来るよう、タイプ別に分けられていますので、概要を説明します。

・冷凍タイプ…液状の青汁を瞬間冷凍させたものであり、鮮度は他のどのタイプよりも高いです。
栄養素も冷凍の際にしっかりと凝縮されていますので、本格派思考の方にオススメですが、青汁独特のクセは冷凍では消えない為、若干の飲みにくさはあるかと思います。

・粉末タイプ…青汁を乾燥させて粉末状にしたものであり、形状としては最も一般的なタイプになります。
冷凍タイプとほぼ同じ効果が得られるにも関わらず、水に溶かしてサッと飲めるその手軽さが人気の理由となっています。

・錠剤タイプ…いわゆるサプリメントと呼ばれるもので、粉末タイプよりも更に手軽に摂取することが可能です。
青汁のクセを感じることなく水で流し込む為、青汁独特のクセがどうしても受け入れがたいといった方にオススメです。

・液体タイプ…青汁を液状にし、ジュースのように飲めるタイプです。
青汁ドリンクというと、濃い緑色で、健康には良いけれど美味しくはない、といったイメージを持たれている方も多いかも知れません。 しかし、今現在販売されている液体タイプの青汁は、驚く程に飲みやすくなっていて、青汁独特の臭みがほとんどなく、小さなお子様でも、ジュース感覚で飲めるぐらいまでに味が改善されています。 夏の水分補給、栄養補給には、冷たくて美味しい青汁ドリンクがオススメですよ。

・ゼリータイプの青汁

ゼリータイプ(ジュレタイプ)の青汁の大きな特徴はズバリ「おいしい」ということ。桃味やリンゴ味などフルーティーなものが多くデザート感覚で青汁を摂取することができます。 成分にも特徴があり、青汁を原料にしていることはもちろんですが、ヒアルロン酸やプラセンタなど美容に良い成分が配合されている商品も多く、女性に人気があります。 引用元:青汁部 - 青汁の口コミ・おすすめ比較ランキング・豆知識

ゼリータイプの青汁はお子様におすすめですね。

錠剤になったサプリメントタイプの青汁

一口に青汁とは言っても、青汁には、粉末タイプやドリンクタイプと色々な種類のものもありますが、その中には、錠剤になったサプリメントタイプも存在します。 この青汁サプリメントは、必要な栄養素を錠剤にぎゅっと凝縮させ、携帯にも便利なように袋やビンに詰められています。 バッグに入れておけば、お仕事やプライベート等、外出先でも気軽に飲むことが出来るところに人気が集まっているようです。

また、昔に比べずいぶんと味も改善されてきた青汁ですが、苦手な方にとっては、粉末タイプやドリンクタイプで摂取する際の苦味や臭いが受け入れられないという方も少なくないのです。 そんな青汁が苦手な方にとって、臭いや味をほとんど感じることなく、サッと流し込むことが出来る青汁サプリメントは非常にオススメ出来ますね。 更に、青汁サプリメントには、青汁だけでなく、青汁が所有していない栄養素を配合してあるものも多く存在します。

青汁だけを飲む場合と比べ、それ以上に身体に必要な栄養素を効果的に摂取することが出来るというわけですね。 気軽に、尚且つ効果的に栄養素を摂取することの出来る青汁サプリメントは、多くの方に紹介しやすい健康食品の一つです。 青汁サプリメントは、薬局やスーパー、コンビニ等、様々な場所で購入することが出来ますが、インターネット通販を利用することで、送料無料特典を受けられたり、特別価格にて購入することが出来る場合もありますので一度チェックしてみて下さい。

青汁を使ったレシピはどんなものがある?

青汁の既存のタイプとしては、
・冷凍タイプ
・粉末タイプ
・錠剤タイプ(サプリメントタイプ)
・液体タイプ(ドリンクタイプ)
の4つが代表的です。

しかし、この4つ以外にも青汁を飲みやすく工夫された新商品が、たくさん発表されています。 現在、流行の兆しを見せている新しいタイプの青汁として、冷凍タイプから派生した「ジュレタイプ」に注目が集まっています。

ジュレとは、言ってみればゼリーのようなもので、青汁を「ぷるん」とした触感で楽しめる新しいタイプの青汁です。 一食分ずつ小分けされているものがほとんどですので、持ち運びが容易で、バッグ一つあればどこにでも持っていくことが出来ます。

ゼリーのような触感なので、デザート感覚でも楽しめますし、お子様のおやつとしても用い易いですね。 デザートやおやつで、お菓子を食べてしまうと太ることが気になりますが、ジュレタイプの青汁なら、太ってしまう心配もありませんよ。 それに、手間をかけて作ることもなく、効果的に、身体に必要な栄養素を摂取することが可能なのです。

既存製品として市場に出回っている粉末タイプや錠剤タイプ、ドリンクタイプもまだまだ人気がありますが、今後、ジュレタイプの製品も多く販売されることでしょう。 あの触感は、とても青汁とは思えない程に新しく、ジュレタイプの青汁を食べたことがないという方は、試してみることをオススメします。 自分の好みのタイプを見つける事も、青汁生活を長く続ける為の一つのコツなです。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING