乳首の黒ずみが発生する3つの原因とクリームの選び方とは?

乳首の黒ずみが発生する3つの原因とクリームの選び方とは?画像

乳首が黒ずんでしまうのは、摩擦や妊娠、そして加齢によって黒ずみが進行してしまいます。そのときには、乳首の黒ずみ用クリームを使えば早期に乳首をピンク色にすることができます。クリームを選ぶときには低刺激で保湿成分が配合されているものを選びましょう。

ケイコ 70 views 2017年6月26日

乳首の黒ずみが気になる

乳首の黒ずみを気にしない人もいますが、やはり乳首の色が綺麗なピンク色になっていると気分が良くなるのは間違いありません。では、どうすれば、ピンク色にすることができるのでしょうか。

引用元:https://twitter.com/chihoham/status/874860324800925701

引用元:https://twitter.com/ncpr_/status/874775111592665088

遊んでいなくても乳首の黒ずみはできる

乳首や陰部、脇というのは身体の中でも黒ずみができやすい部分です。なぜなら、これらの部位はメラニン色素の働きが活発になっているのに加えて、摩擦が起きやすいのでさらにメラニン色素が生成されてしまうからです。乳首や陰部が黒くなっていると、オトコ遊びが激しい女だと誤解されることが多々あります。実際のところは、黒ずみというのはメラニン色素の量によって決まることがほとんどなのでそうとばかりは言えないのが現状です。また、肌質によってはちょっと摩擦が起きただけですぐに色素沈着してしまうこともあります。乳首が黒いからといって遊んでいるというのは全くの誤解なのですが、実際に遊んでいる女性は黒いので、誤解を解くよりも黒ずみを解消した方が手っ取り早いと言えます。乳首が黒いと、彼氏や友達との温泉旅行やバカンスに行っても心の底から楽しむことができませんし、ましてや彼氏とベッドインをすることすらできなくなります。原因を突き止めて、一刻も早く解消した方がいいでしょう。

引用元:https://twitter.com/mochi2suhada/status/874793796004790272

乳首の黒ずみが発生する理由とは?

・摩擦によって乳首の黒ずみ発生する

乳首に黒ずみが発生する理由はたくさんありますが、摩擦によって黒ずみが発生することがあります。摩擦というのは、服や下着と身体がこすり合わさることです。例えば、下着のサイズがあっていなかったり、ワイヤーが無かったりホールド力が弱かったり、デザインばかりで機能性が全く下着ばかりを選んでいると、繊維と身体の摩擦が起こってしまいます。それを防ぐためには、自分のバストに合ったブラを付けることが大事です。もちろんノーブラになるのは論外だと言えます。また、肌に優しいシルクや綿素材の下着を着用することが大事です。さらに、肌を痛めないためにも、カミソリや毛抜きで乳輪のムダ毛を処理するのは控えた方がいいでしょう。さらに、保湿して摩擦による肌ダメージを緩和させることが大事です。

・加齢によるターンオーバーの乱れ

年齢を重ねることによって、皮膚の乾燥が増すだけではなくて、肌のターンオーバーのリズムも崩れてしまいます。すると、黒ずみが取れにくくなってしまいます。乳首の皮膚も他の部位のターンオーバーと同じように、表皮の最下層で新しい細胞が分裂し、角層までそれが押し上げられ、そして自然と剥がれ落ちていきます。しかし、皮膚が乾燥してしまうとターンオーバーが通常よりもずっと遅くなってしまいますし、摩擦や紫外線によってメラニン色素が生成され、メラニン色素を持つ細胞が皮膚の中に定着してしまうのです。これが色素沈着なのですが、対策としてはまずは保湿ケアをマメに行って乾燥を防ぐことが大事です。美白ケアをすることで肌のターンオーバーを整えることができます。また、生活習慣や食事を見直すようにして、肌のターンオーバーをしっかりと整えることが

大事です。

・妊娠や出産によって黒くなる

女性の場合は妊娠することによって、だんだん乳首の色が黒くなってしまいます。色だけでなく、乳首の大きさも変わってきます。女性ホルモンにはエストロゲンと、もう一つプロゲステロンの二種類があります。妊娠するとプロゲステロンの分泌が盛んになるのですが、実はプロゲステロンによってメラニン色素の生成が活発になります。妊娠や出産による乳首の黒ずみというのは、授乳期がピークになり授乳期を過ぎるとホルモンの分泌量も正常に戻るために乳首の黒ずみはだんだん落ち着きます。妊娠や出産のときには保湿ケアをすることによって色素沈着の改善するスピードが早くなることがあります。

摩擦

下着が乳首に触れることで摩擦があり、その刺激から肌を守ろうとメラニンが作られ黒ずみが増えます。摩擦による黒ずみは乳首だけでなく全身に起こる黒ずみの原因の一つです。

必要以上にゴシゴシ洗ってしまうことも乳首の黒ずみにつながります。 引用元:乳首に黒ずみができる原因と薄くするための4つの方法

乳首の黒ずみ用クリームを使ってみよう

・乳首黒ずみ用クリームの選び方とは?

乳首の黒ずみを解消するためには、専用のクリームを使うのが最も手っ取り早いと言えます。自然に治るのを待つよりも、適切に処置した方がずっと早く乳首の黒ずみを無くすことができます。では、乳首の黒ずみ用クリームはどうやって選べばいいのかですが、美白や抗炎症作用があるかどうかをチェックしましょう。また、保湿成分が入っていることも大事です。さらに、低刺激のクリームであれば、乳首に対して余計な刺激を与えることがないので安心です。また、いくら良いクリームであっても、肌の奥まで浸透しないと意味がありませんので、浸透力が優れていることも大事です。

引用元:https://twitter.com/pyoko_198235/status/874792692906995713


乳首をピンクにするクリームがあるなんて!?
テレビを見終わった後に、すぐにネットで探して試して・・・買いました!w 引用元:http://xn--88j9a1fza9ld8wrd0dyd3er324bpeyk.com/

まとめ

病院で薬を処方してもらう方法もありますが、刺激が強くて痒くなってしまうことがあります。しかし、クリームであれば、肌荒れのリスクを抑えながら自宅で黒ずみ対策できるのでお勧めです。有名なクリームを使えば、黒ずみの悩みは早期解決できます。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING