美白情報まとめ 透明感のあるお肌を目指す!

美白情報まとめ 透明感のあるお肌を目指す!画像

シミが出来る原因や対策方法、美白成分の解説や敏感肌の方の美白コスメの選び方など、美白情報を解説します。

obtkasf77 97 views 2017年8月4日

肌を美白するには

肌を白くするということにも人それぞれの捉え方があるでしょう。たとえば、化粧を施す事によってシミやくすみを目立たなくする事によって肌を見せる事が美白であると思っているならば、それは誤りです。「美白」というのはもっと根本の部分を指す言葉であり、「美白」の定義は「メラニン色素の生成を抑えることによって、シミが形成される事を防ぐ」ことであると、薬事法に明記されています。

このメラニン色素というのは一体何なのでしょうか。そして「美白」のために「メラニン色素の生成を抑える」ためにはどうすればいいのでしょうか。

美白成分

昨今の美白ブームを受けて、化粧品に使われる美白成分も多様化してきました。しかし、現在、厚生労働省が認可している美白成分は、アルブチンやエラグ酸、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸などの20種類以上あります。 引用元:生労働省が認める、9つの美白成分 | シミを消す美白化粧品

その他、ハイドロキノンなどシミを薄くする美白成分として有名です。

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」と言われるほど美白効果が非常に高く(他の美白成分と比べ10~100倍の美白作用)、メラニンを薄くする効果、メラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きをブロックする効果があります。つまりハイドロキノンとは、「シミを予防する」だけではなく「すでにできてしまったシミ、ニキビ跡(色素沈着)などを薄くする」成分です。 引用元:ハイドロキノン シミへの効果・副作用とおすすめ化粧品 - 女子リキ

メラニン色素は、肌が何らかの外的ストレスによってダメージを受けたとき、防御反応として生成される物質です。その外的ストレスの代表的なものは紫外線です。紫外線は遺伝情報を記憶しているDNAを傷つけてしまい、皮膚がんなどのリスクを高めるため、身体はメラニン色素を生成して、これに紫外線を吸収させます。



紫外線を吸収したメラニン色素は紫外線を吸収することで黒ずんだ色へと変色します。これが、「シミ」と呼ばれるものの正体です。シミは悪者扱いされて毛嫌いされていますが、本当は体を守るための戦いの跡なのです。

セラミド

では、日光には紫外線が含まれており、これが地球上に降り注ぐかぎりシミができるのを防ぐ事ができないのかと思うでしょうが、そんなことはありません。人間の皮膚には皮脂がありますが、その一つであるセラミドという皮脂がバリア機能を果たす事によって、紫外線を防いでいるからです。紫外線によってシミができるのは、セラミドが欠乏しているときです。


セラミドが欠乏している肌はバリア機構が正常に機能していないことによって、容易にダメージを受けてしまいます。このダメージを受けやすい敏感な状態の事を、敏感肌といいます。

つまり、美白から遠ざかる根本原因はセラミドが欠乏している事にあるのです。これを解決することによって紫外線を防ぐ事ができれば、メラニン色素の生成を防ぐ事ができるのです。

これを要約すれば、美白となるためには敏感肌を改善しなければなりません。そのためにはセラミドの補給が欠かせません。そのための化粧水や美容液を用いる事によって、セラミドを補給しましょう。注意点は、敏感肌は少しの刺激でダメージを受けてしまうため、低刺激のものを用いる事です。

これらを踏まえた上で、肌を白くするためには低刺激で肌に優しく、肌を確実に美白に近づけてくれるような美容液を使う必要があります。自分なりに探してみると良いでしょう。

セラミドの種類

セラミドは1種類だけではなく「セラミド2」、「セラミド3」のようにいくつかの種類に分類されており、それぞれに異なった特徴を持っています。
現在わかっている限りでは11種類のセラミドがあり、「天然セラミド」、「ヒト型セラミド」、「植物性セラミド」、「合成セラミド」にそれぞれ分類されています。 引用元:セラミド化粧品【効果・口コミ】人気商品を比較おすすめは?

セラミドが配合されている化粧品のレビュー

★ディセンシア「アヤナス」
高い浸透力をもつ美容液成分 「セラミド2(ヒト型セラミド)」が、肌の保水力を高めるとともに、肌のバリア機能の回復をサポートします。その他にも、炎症を抑えて、美肌成分を安定して、肌へ届ける植物性コウノエキスも配合されています。 引用元:アヤナス(ayanasu)口コミ情報&敏感肌・乾燥肌の私の体験談!|ディセンシア化粧品

★アスタリフト「ジェリー アクアリスタ」
アスタリフトのセラミドは「ヒト型ナノセラミド」といって独自のセラミドなんだって。肌に高浸透をするために配合されているらしいからかなり期待出来るよ。
引用元:アスタリフト ジェリー アクアリスタ(美容液) ですよ♪

★小林製薬「ヒフミド」
「ヒフミド」に含まれているセラミドは、この、本来のセラミドと同じ構造を持つ、「ヒト型セラミド」なのです。
構造が同じである、ということは、お肌の内部に取り込みやすい、ということです。 引用元:セラミドの力がすごい!小林製薬のヒフミドでほうれい線解消!

透明感のある白い肌を手に入れるには

肌の透明感は女性の美における重要事項です。透明な肌にあこがれる女性は多いですが、果たして適切な処置ができているでしょうか?ここでは透明感を手に入れる正しい方法を紹介します。

透明感を出すための重要なポイントは、肌が多くの水分を含んでいるかどうかということです。透明感のある肌にはハリとツヤがあります。そしてすけるような透明感も出てきます。保湿を行うことで肌に水分を含ませ保つことが透明感を手に入れるためには重要なこととなります。

そして、毎日のスキンケアによっても肌に水分を与えるようにしたいものです。スキンケアの基本はしっかりと洗顔を行った後に、必ず保湿を行うことです。洗顔で古い角質や余分な皮脂を落とすことは重要です。洗顔方法も適切な方法を行う必要があり、汚れを落とすためとはいえゴシゴシと強く洗うのはNGです。

お肌をゴシゴシ強く洗うのは、皮脂膜と表皮を傷つけてしまうためNGです。特に注意したいのが乾燥肌の人。乾燥肌の人は表皮の一番表にある角層と呼ばれる部分が、ところどころ傷つきこわれてしまっています。 引用元:強くこするのはNG!「ゴシゴシ洗顔」が肌に与える悪影響3つ

強く洗ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまい、肌に悪影響を与えかねないからです。適切な方法としては泡たてネットを使って十分に泡を立て、肌と指先が直接ふれないようにし、肌と指先の間にある泡で洗うようにします。

このように優しくあらうことで汚れを取り除く事ができます。ゴシゴシと洗うのもよくありませんが、もっともいけないのは垢が出るからといって爪でこする事です。肌に負担をかけずに綺麗にするということを常に念頭においてください。丁寧に洗った後は、洗顔料が肌に残らないように綺麗にすすいでください。

洗顔後は肌の皮脂が少なくなっているため、乾燥しやすい状態になっているので、洗顔後はすぐに保湿をしましょう。手かコットンに化粧水をとって、肌になじませていきます。このときも肌に負担とならないように優しく保湿してください。また洗顔後にかぎらず、乾燥しやすい環境下にいるとき、たとえばオフィスが乾燥しているときなどは仕事の合間でも化粧水で保湿をするのは有効な手段です。

敏感肌用美白コスメ

近年、敏感肌の人が増加傾向にあります。しかし、敏感肌とは一体どのような状態の肌なのでしょうか?そして、なぜそのような状態の肌になってしまうのでしょうか。敏感肌に対する正しい知識を身につけ、原因も正しく知る事で、正しいケアの方法も学んでおく事は、肌をいたわっていく上で大切な事でしょう。

敏感肌とは、医学的な専門用語ではなく、俗称です。読んで字の如く、肌が敏感な状態になっている事を指して言います。どのように敏感かといえば、例えば洗顔料や化粧品を使ったときに、それらに含まれる物質が刺激となって肌荒れを起こしたり、肌が痛んだりするのです。このように、容易に刺激を受けてしまうことを敏感肌といいます。

敏感肌の原因は、精神的疲労や食生活、生活習慣の乱れが原因となっている事が多いので、これらは思い当たる人は改善して行く事ができるでしょう。

敏感肌とは肌が容易に刺激、ダメージを受けて肌荒れ、赤み、痛みが生じやすい肌のことを言いますが、乾燥肌も敏感肌の一種と考えていいでしょう。乾燥肌は間違ったスキンケアを続けたときや、アレルギー、栄養不足などによって引き起こされます。

間違ったスキンケアの代表的なものは、クレンジングや洗顔の際に誤った方法で行っていることが多いほか、自分の肌に合わない化粧水を使っているなども挙げられます。これらによって肌の抵抗力は低下し、徐々に敏感となっていくのです。

したがって、敏感肌の解決のためにはスキンケアの方法を正し、生活習慣を正し、化粧品も見直して自分の肌にあったものにする必要があるでしょう。

化粧品を選ぶときの目安としては、敏感肌を解決することを目的としている化粧品であるのは勿論の事、美白効果も同時に含まれている化粧品がいいでしょう。スキンケアと美白を同時に進めることで、時間的にも経済的にもお得だからです。

<ディセンシアアヤナス>
ディセンシア サエルのトライアルセットは化粧水・美容液・クリームの3つです。敏感肌、乾燥肌さん向けの美白ラインなのでシンプルな構成になっていますね。 引用元:美白化粧品【口コミ・効果】ランキング!シミ・そばかすを撃退

ここで正しく認識しておくべきは美白とは何ぞやということです。美白には正しい定義があります。それは「メラニンの生成を抑えることによってしみ、そばかすを防ぐこと」ということであり、このことは薬事法に明言されています。つまり美白とは、肌そのものを白くするとか、できてしまったシミやそばかすを薄くするという事だという認識は誤りであり、もっと根本的な意味合いを持った単語なのです。

以上をまとめると、敏感肌を改善し美白を目指すための化粧品には、2つの条件があることが分ります。ひとつは肌に優しく、肌がダメージを受けやすい状態を改善することであり、もうひとつは日焼けによるメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを抑える効果があることです。このふたつの条件を兼ね備えていなければなりません。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING