初めての妊活は〇歳を過ぎると遅い!どのタイミングで始めればいい?

初めての妊活は〇歳を過ぎると遅い!どのタイミングで始めればいい?画像

なかなか妊娠できずに悩んでいる夫婦は少なくありません。その原因は、初めての妊活を30代・40代で行っているということです。実は、ある年齢を境に妊娠しづらくなってくることが日本産婦人科学会で報告されています。また、不妊治療を行っても子供を授かる確率も年齢を重ねるごとに低くなるようです。ここでは、何歳から妊娠しづらくなるのかを紹介していきます。

DeborahHamilton832 145 views 2018年1月26日

【なかなか子供ができない】不妊悩む女性たちの声

子どもがほしくて、子作りを始めている夫婦の中に、なかなか子どもを授かることができない人はいないですか?
実は、なかなか妊娠できずに悩んでいる女性が増えています。

出典元:goo.gl

まさか、不妊なんで・・・ サヤ 2010年12月9日 13:14
1年半ほど前から子作りを始めましたが、まったくできる気配がないので
病院へ行って検査したところ「自然妊娠はほぼ無理」と言われてしまい、
毎日めそめそしています。
引用元:まさか、不妊なんて・・・ : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売

36歳妊活中 nako 2017/11/09 10:04
35歳、今年5月に結婚し妊活中です。
私も周りはすんなり妊娠していってて不妊の相談がしにくく、ひとりもんもんとしております😢
引用元:36歳妊活中 2017/10/17 09:50 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

実は35歳から妊娠しにくくなる!?

最近では、30代・40代で妊娠・出産をする芸能人が多くなったことから、「30代でも妊娠できるのかも・・・」と思っている女性は少なくありません。
また、30歳になったら出産を検討する女性達のほとんどが「35歳までには子供を産みたい」と話しているのです。

ですが、実際はそんなに甘くはありません。
自然妊娠ができる確率は、35歳から一気に低下していきます。
その結果、子供を育てる環境は整っているにも関わらず、なかなか妊娠できないと悩んでいる女性が年々増えているのです。

健康な20代~30代男女が、排卵日に性行為をして自然妊娠する確率はおおよそ20%前後だと言われています。
自然妊娠の確率は女性の年齢とともに下がり、35歳女性なら10~15%、40代前半女性なら5%、40代後半になると1%未満にまで落ち込みます。

さらに、女性が35歳を過ぎると妊娠の確率が下がる一方で、流産や胎児異常の発生率が上昇。例えば40代女性の場合、妊娠できたとしても約半数は流産してしまうのです。 引用元:自然妊娠の確率は35歳から急降下!妊活的には、30代はもう若くない

子どもが欲しい人は早めの妊活を!

不妊治療は早く行った方がいいとされていますが、その理由は「排卵日に性行為をおこなっても、すぐに妊娠するわけではない」からです。
そもそも人間の自然妊娠率は低いので、健康な人が排卵日に性行為を行ったとしても確率は20~30%といわれています。

妊活!赤ちゃんが欲しい、子供が欲しい夫婦の基礎知識|ドクターズ・ファイル

詳細:妊活!赤ちゃんが欲しい、子供が欲しい夫婦の基礎知識の特集です。妊活とは、赤ちゃん・子供が欲しいなと考えることから始まり、妊娠に向けて夫婦で話し合うこと、知識を取り入れ行動すること、そして医療による不妊治療まで、赤ちゃんのいる生活をめざして行動する全般を表現しています。そんな妊活の基本の流れを紹介します。

「出産はまだ先でも大丈夫」だと思っていても、自分が思っている以上に体がついていけなくなっているので、晩婚化や高齢出産を行うと「妊娠できない」「妊娠しても継続しづらい体になる」という悩みを抱えてしまうのです。
いざ子供が欲しいと思ったときには、体の状態・バランスが良くない場合もありますので、なるべく妊娠しやすい体を維持するように心がけましょう。

初めての女性必見!妊活を始めるタイミング

初めての妊活を行う方は、どのタイミングで妊活を始めればいいのか気になっていると思いますが、すぐにでも妊娠したいという人は結婚しているかに関わらず、妊活を始めましょう。


ですが、妊活期間は夫婦の健康状態や個人差によって変わります。
長くても5年以上も妊活を行っている夫婦も実際にいるのです。
「赤ちゃんが欲しい」と思ったときに妊娠できるよう、早いうちからお互いの健康管理をしておきましょう。

男女ともになにひとつ問題がない健康な方の場合、25歳で2~3ヶ月、35歳で半年ほどといわれています。

「赤ちゃんが欲しい」と思ったらすぐに、妊活をはじめましょう。
妊娠確率や期間をみても、望んだからとすぐに子どもを授かるわけではありません。

「将来的に子どもが欲しい」と考えている方は、今の年齢からスケジュールをたてるのもひとつの方法です。
引用元:【妊活の基礎知識】何をするの?方法は?タイミングはある? | 赤ちゃんの部屋

妊娠への道のりは人それぞれです。何人子どもが欲しいのかなど夫婦でライフプランを練り妊娠への思いを共有することや、健康的な生活を送り妊娠しやすい環境を整えることも立派な「妊活」です。 引用元:妊活!赤ちゃんが欲しい、子供が欲しい夫婦の基礎知識|ドクターズ・ファイル

子どもを授かることができないから妊活を始めるのではなく、子どもが欲しいと思った日から始めるべきです。
時間が経ってからでは、より妊娠することが難しくなるので、夫婦で妊活について話し合うようにしましょう。

まずは自分の体を知ろう!基礎体温から分かること

初めての妊活を始める人に最初に行ってほしいのが、基礎体温を測ることです。
一般的な体温計よりも細かく計測できる婦人用の体温計を使用して、生理周期を把握します。

基礎体温を測ると、月経周期、排卵日、体調などがわかるようになります。

基礎体温がバラバラだったり、低温期と高温期ははっきりしない場合は何らかの原因がありますので、しっかり調べて対策をしましょう。

生理周期を把握することで妊娠しやすいタイミングや隠れた不調が見つかるきっかけとなります。月経のような出血があっても排卵していない状態である無排卵月経も、基礎体温のグラフから判明することがあります。無排卵月経であればいくら頑張っても排卵していないので妊娠には至りません。基礎体温の計測は、少なくとも3カ月は計測を続けるとよいでしょう。 引用元:妊活の基本は基礎体温を測るところから!上手な活用の仕方は? | カラダのキモチコラム | ドコモ・ヘ

生理痛が酷い、基礎体温が不安定など、体に異常がある場合は専門の病院に行って検査をしてもらいましょう。
特にトラブルがない人は、1年に1回のペースで検査をすることをオススメします。

専門の病院では、乳がんや子宮頸がん以外にも妊活・不妊治療のサポートも行っています。
その際に、事前に測っておいた基礎体温をまとめたグラフを持参すると検査もスムーズです。

不妊治療でオススメの評判クリニック3選

詳細:

不妊治療の種類や、治療を行っているクリニックを紹介しています。それぞれのクリニックが行う不妊治療、検査方法や治療を受けた人達の口コミが掲載されているので、妊活を始めたい女性はチェックしてみてください。

「不妊かも・・・」と感じたら早めに不妊治療を!

初めての妊活を始める場合、戸惑いや不安があると思いますが、同じように初めての妊活に取り組んでいる夫婦もたくさんいます。
それを乗り越えることで、子供を授かることができるのです。

夫婦で性行為を行っても妊娠しない場合は、不妊を疑った方がいいかもしれません。
そして、早めの不妊治療を初めて、少しでも早く体調を整えて妊娠しやすい体づくりを心掛けてみてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING