パパが嫌われちゃった⁉ママが知っておきたい赤ちゃんのパパ見知り

パパが嫌われちゃった⁉ママが知っておきたい赤ちゃんのパパ見知り画像

赤ちゃんがいる家庭では、パパが赤ちゃんを抱っこしたり、近づいたりすると泣いちゃうことってありますよね?実は、赤ちゃんはママと一緒にいることが多いので、パパが苦手としているだけですから、ママがパパに協力して赤ちゃんに好きになってもらいましょう。

DeborahHamilton832 192 views 2018年1月29日

パパが抱っこすると号泣!赤ちゃんが泣く原因はパパ

赤ちゃんはお腹が空いていたり、オムツが汚れたりといろいろなことが原因で泣いてしまいます。
他にも原因はありますが、その中にパパが原因で泣いてしまいます。

出典元:goo.gl

今までずっと寝かしつけや、夜パパがいる時のげっぷさせやお風呂いれもパパの担当だったのですが、ここ一週間すんごい泣くんです(^^;;
抱っこされて泣くわりには、私が姫を抱っこしててパパが語りかけや呼びかけすると、ものすごい笑顔で笑っているのですが、機嫌がいい時を見計らってパパに抱っこしてもらっても全然ダメ。。。即泣きか、少ししたらグズりだす始末。
引用元:パパ見知り??? | 4~6ヶ月 | ベビカム

私の腕で抱いている時は機嫌よく、隣に座っている主人に手を伸ばしたり、顔をじっと見たり笑ったりしていますが、だっこを交代すると途端に泣きます。 引用元:主人が抱くと大泣きするわが子 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(

ママ一人で赤ちゃんの面倒を見るのは大変です。でも、パパが抱っこすると泣いてしまっては、任せることはできません。なので、何故赤ちゃんが泣くのか知っておきましょう。

赤ちゃんのパパ見知りって何?パパを嫌いになる原因

「パパ見知り」とは、赤ちゃんがパパに対して人見知りをすることです。
今までパパが抱っこしても泣かなかった赤ちゃんが、あるときを境に、パパが抱っこしようして激しく泣き出したら、パパ見知りが始まったサインかもしれません。 引用元:赤ちゃんが泣く!パパ見知りとは?いつから?原因と解消法は? - こそだてハック

赤ちゃんにとってこの時期のママは安心できる絶対的な存在です。産まれる前から、お腹の中でずっと一緒で産まれてからも日中ずっと一緒にいて遊んでくれる、お世話をしてくれる特別な存在です。パパ見知りは、赤ちゃんが成長とともに、ママとママじゃない人の区別がつくようになった成長の証です。 引用元:赤ちゃんのパパ見知り対策は?パパ大好き♪に育てる方法 - ベビリナ

パパ見知りは、本当にパパのことが嫌いになったわけではありません。これは赤ちゃんが成長した証でもあるので、ショックを受けたパパがいれば教えてあげてください。

出典元:goo.gl

パパ見知りをする原因

会う時間が少ない
叱り役にならざるを得ない
夫婦喧嘩はパパ嫌いになる
普段ママがパパの愚痴を言っている
引用元:赤ちゃん、子どもの「パパ嫌い」の原因について。1、2、3歳児の様子をお伝えします。 | ままいろは

お父さんを拒否しているのではなく、お母さんと離れたくない
パパ見知りを経験すると、「赤ちゃんに拒否された。」と感じてしまいがちです。
しかし、赤ちゃんがパパ見知りするのは、お父さんのことを嫌いになったのではなく、お母さんの方が好きで、お父さんよりもお母さんと一緒にいたいからです。
お父さんがお世話すると、大好きなお母さんと一時的にでも離れることになるので、大泣きして抵抗します。 引用元:赤ちゃんのパパ見知りはいつからいつまで?パパを怖がる原因と対策は? | 乳児期の子育て

赤ちゃんとパパは会う時間も短いですし、ママの方が安心するので泣いてしまうのはしょうがないです。

パパ見知りが始まる時期

赤ちゃんのパパ見知りは、一般的に生後6~7ヵ月頃から始まります。この時期になると、赤ちゃんの視覚や聴覚、味覚が成長する時期なので。ママとパパを見分けるようになるので、パパ見知りをするようになるでしょう。

出典元:goo.gl

生後3ヵ月の子や、1歳を過ぎた頃から始まる子もいますから、個人差があるので気をつけてください。
パパ見知りは赤ちゃんによって、数ヵ月で治まった後に、1歳になってから再び起こることもあります。だけど、2歳頃にはもうパパ見知りはなくなることが多いです。

傷ついたパパに教えてあげて!赤ちゃんに嫌われないためのコツ

パパ見知りを克服するためには、赤ちゃんに好きになってもらうことが一番です。
赤ちゃんのことを一番分かっているのはママですから、パパに赤ちゃんが好きになってもらう行動やコツを教えてあげましょう。

出典元:goo.gl

遠くから見守る
あまりギャン泣きするときは、無理強いせずに遠くで様子を見守りましょう。無理強いすると「ママが良い」から「パパが嫌い」になりかねません。赤ちゃんの様子を見て機嫌が良さそうなときを見計らって接するようにすると良いでしょう。
赤ちゃんにパパの様子を観察してもらうのもいいかもしれません。 引用元:赤ちゃんのパパ見知り対策は?パパ大好き♪に育てる方法 - ベビリナ

すぐ泣く…嫌がる…パパが子供を寝かしつける方法とコツ

詳細:パパが子供に好かれたいなら寝かしつけ! 夫は娘にぞっこんラブ(死語)です。ところが娘はそうでもありません……。 そのため、夫は「なんとか娘に振り向いて欲しい!」という気持ちと「甘すぎるパパになっちゃダメだ!」という気持ちで日々葛藤しています。

子供は夫婦関係をよく見ています
ママの対応はもちろん、パパがママを大切にしているかも子供はよく見ています。お互いに尊敬し合う夫婦を見て育った子供は「パパが好き!」という子供になる傾向にあります。
どちらかが相手を見下したり、悪口を言ったりすることはやめましょう。「夫婦円満」というのが、子供といい関係を作る秘訣ですよ。 引用元:パパ好きの子供に育てるための育児の役割・与える影響 - ママリナ

赤ちゃんに好かれようとして、かまいすぎてしまうとかえって嫌われてしまいます。
泣いている赤ちゃんにパパが強引に迫ってしまうと、余計に嫌いになりますし、結局ママが面倒を見ることになるので負担が増えます。

出典元:goo.gl

ママからパパに、何故赤ちゃんが泣くのかを説明して、好かれるには何をしたらいいのか伝えてください。

赤ちゃんはヒゲが大嫌い!パパにヒゲを剃ってらもおう

赤ちゃんに好かれる行動をするだけでなく、パパにヒゲを剃ってもらうことも重要です。
短いヒゲで頬ずりなどをすると、赤ちゃんは泣いてしまい、嫌われてしまう可能性があります。

出典元:goo.gl

乳児の肌は薄く、皮脂の分泌は不安定、バリア機能が不十分で、乾燥しやすくて外的刺激に弱い、デリケートな肌でもあります。

大人と比べて肌の生まれ変わりも盛んですから、汗や皮脂の混じった垢が肌表面に溜まりやすいのです。つまり、乳児の肌は汚れやすく、傷つきやすく、乾燥しやすく、デリケートと言えます。 引用元:【医師監修】乳児の肌は大人よりもデリケート | スキンケア大学

実は!皮膚が薄い。
成長途中の皮膚はまだ薄いので、刺激や乾燥などの影響を受けやすいのです。

実は!乾燥しやすい。
生後2、3か月たつと、肌表面をおおっていた皮脂が減少し、乾燥しやすい状態に。 引用元:赤ちゃんの肌とスキンケア

赤ちゃんの肌は敏感なので、短いヒゲは頬ずりするだけでも赤ちゃんの肌は傷ついてしまいます。また、ヒゲから雑菌が入る恐れがあるため、赤ちゃんが成長するまではママはパパのヒゲに注意しておきましょう。

ヒゲを剃るよりクリニックでヒゲ脱毛したほうが簡単!

赤ちゃんの肌を守るためにも、パパにも協力してもらいましょう。でも、仕事から帰ってくる時間には、もうヒゲが伸びてしまうので意味がありません。ヒゲを伸ばしたいというこだわりがないパパには、クリニックでヒゲ脱毛をすすめてみてください。

出典元:goo.gl

お手入れのわずらわしさからの解放
ヒゲを脱毛すれば、毎朝ヒゲの剃る必要がなくなります。ヒゲ以外にも、気になる部位を脱毛することで、抜いたり剃ったりの手間がなくなります。カミソリ負けの心配もなくなります。 引用元:メンズ脱毛のメリット|メンズスキンケア大学

ヒゲ剃りにかかっていた時間や費用が不要になる
ヒゲが濃い人は、顔のヒゲをすべて剃るのにかなりの時間を要していたのではないでしょうか。ヒゲ脱毛をすることで、これまでヒゲ剃りにかかっていた時間や手間ひまから解消され、出かけるための準備がとても楽になります。 引用元:知っておくべき、ヒゲ脱毛のメリット・デメリットとは | ヒゲ永久脱毛

男性によってはヒゲにこだわりを持っている人もいますが、赤ちゃんのためにもママからヒゲが危ないことを説明して、ヒゲ脱毛をしてもらえるように説得しましょう。
仕事で忙しいパパのために、ヒゲ脱毛やクリニックの情報を集めてあげてください。

出典元:goo.gl

髭よさらば!おすすめヒゲ脱毛クリニック~人気サロンから病院まで

詳細:全国から厳選したオススメのヒゲ脱毛クリニックを発表。東京、大阪、名古屋、福岡エリアの病院情報や、人気脱毛エステサロンの情報もまとめています。

ママからパパへとフォローしてあげることが大切

パパ見知りはどの赤ちゃんもしますから、パパが傷ついていたらママから優しく教えてあげてください。一緒にパパ見知りについて学び、赤ちゃんを傷つけないために何が必要なのかを身につけましょう。そして、嫌われる要因なども教えて、二人で協力し合えば赤ちゃんはママもパパも好きになってくれるはずです。

出典元:goo.gl

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING