脂肪吸引のメリットや注意点は?ダウンタイムについて

脂肪吸引のメリットや注意点は?ダウンタイムについて画像

手軽な部分痩せと言えば、やはり脂肪吸引ですよね。今回は脂肪吸引のメリットや注意点、ダウンタイムなどについてまとめてみました。

saki_co0111 56 views 2020年8月11日

■脂肪吸引のメリット

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、脂肪吸引のメリットについて見ていきましょう。

気になるところの部分痩せが可能

通常のダイエットにおいては、必然的に膨張した脂肪細胞を小さくすることを目指すことになります。対して、美容外科で行っている脂肪吸引における目的は全く異なります。膨らんだ脂肪細胞を小さくするというよりも、脂肪細胞の数自体を減らし、局所的にアプローチするというところに特徴があります。施術では皮膚の下にカニューレを挿入し、皮下脂肪組織内の脂肪細胞を吸引していきます。吸引された分はもれなく体外に排出されるので、数を減らせるという仕組みです。 引用元:脂肪吸引のメリットは、身体をデザインできる「部分痩せ」にあり!|聖心美容クリニック広島院

リバウンドの可能性が低い

脂肪吸引による部分痩せにおいては、吸引した箇所の脂肪細胞の数を減らすことができるというメリットがあります。吸引した箇所では脂肪を溜め込む脂肪細胞の数そのものが減るため、痩せた部分に関してはそのあとも脂肪がつきにくい状態を継続できます。そのため部分痩せした部位については、その後もリバウンドの可能性は少なくなっていると言えるでしょう。 引用元:脂肪吸引のメリットは、身体をデザインできる「部分痩せ」にあり!|聖心美容クリニック広島院

しっかりとした効果が期待できる

脂肪吸引のメリットは、メソセラピーや体外式痩身施術と異なり、しっかり結果を出せることです。 引用元:脂肪吸引 酒井形成外科 美容外科

しっかりとデザインしてもらえて自然な痩せ方が可能

患者さまを立位とし脂肪吸引部位を丁寧にデザインしていきます。地図の等高線のように多く脂肪吸引する場所からグラデーションを表現します。 引用元:脂肪吸引 酒井形成外科 美容外科

このようにさまざまなメリットがあります。

■脂肪吸引の注意点

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、脂肪吸引の注意点について見ていきましょう。

傷跡が残る

まれに数年経っても傷が消えない…なんてことも。 傷跡が残るリスクを抑えるには、傷の縫い方とできるかぎり傷の箇所を減らすことがポイントです。 縫合が適当だと傷が残りやすくなりますし、傷の数が少なければそれだけ目立たなくなります。 引用元:医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト

死亡事故リスクがある

麻酔の負担が大き過ぎた場合に、呼吸が止まってしまうことがあります。麻酔専門医が在籍せず、その投薬量をしっかり管理していないクリニックではこうした事故の可能性が高くなるので、脂肪吸引を受ける際は麻酔専門医のいるクリニックを選びましょう。 引用元:美容外科医が教えたがらない脂肪吸引の5つのデメリット

ダウンタイムに悩まされる

部位や人によって程度は様々ですが、痛みやむくみ、拘縮といった症状が現れます。手術を受けた後で、こうした症状にひとりで苦しむ方は少なくありません。クリニックに問い合わせても、即返答や即対応をしてくれないケースが多く、不安と不満につながるようです。 引用元:美容外科医が教えたがらない脂肪吸引の5つのデメリット

このように注意点があることも覚えておきましょう。

■脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは脂肪吸引後のダウンタイムについて見ていきましょう。

数日から2週間ほど

術後に腫れやむくみ、内出血が起こることがありますが、ほとんどの場合、数日~2週間程度でおさまります。そのため、一般的な美容整形の施術よりダウンタイムの期間は短いと言えるでしょう。 引用元:【医療従事者監修】脂肪吸引のダウンタイムはどのくらい?顔、太もも、お腹など部位別でも解説 渋谷美容外

激しい運動は1ヶ月程度控える

脂肪吸引を行うことで、日常生活に支障をきたすような術後の症状が出ることはほとんどありません。
一般的には、施術後のシャワーは2日目から、入浴は抜糸を1週間後に行うため、それ以降で可能となります。
激しい運動は、1ヶ月程度控えるほうがよいでしょう。 引用元:【医療従事者監修】脂肪吸引のダウンタイムはどのくらい?顔、太もも、お腹など部位別でも解説 渋谷美容外

部位によってダウンタイムの期間は異なる

頬の脂肪吸引は小量であれば,比較的簡単に施術を受けることが可能です。
手術後包帯を2日間ほど巻きますので、一見重症感があります。この時だけは、外出を控えた方が良いかもしれません。その後は、洗顔や洗髪、お化粧が可能になります。 引用元:脂肪吸引のよくある質問 酒井形成外科 美容外科

このようにダウンタイムのことはしっかりおぼえておいてください。

■メリットと注意点を比較してから施術を検討しよう

出典元:www.pakutaso.com

脂肪吸引はメリットも大きいですがデメリットやリスクもあります。しっかりそれらを比較してから施術を受けるかどうかを決めるようにしましょう。

まとめ

脂肪吸引は切るものと切らないものがあります。ダウンタイムの短さなどを求める場合は切らない脂肪吸引を検討してみてはいかがでしょうか。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING