名古屋で大腸内視鏡検査ができるクリニックとは?

名古屋で大腸内視鏡検査ができるクリニックとは?画像

ポリープやがんを発見できる大腸内視鏡検査について、検査でわかる病気や特徴、名古屋エリアで大腸内視鏡検査ができるおすすめのクリニックなどをまとめました。

hiro3mi 49 views 2020年8月18日

大腸内視鏡検査の特徴

大腸内視鏡検査には、どのような特徴があるのでしょうか。

■検査の目的

大腸内視鏡(CF)検査は、先端にCCDカメラを装着した細い管(スコープ)を肛門から挿入し大腸の内側を観察します。これにより、ポリープやがん、出血、炎症等をテレビ画面で観察し診断出来ます。また、組織を採取し顕微鏡検査をする事で細胞を詳しく検査することが出来ます。 引用元:大腸内視鏡検査(CF)ってどんな検査? | 医療法人鉄蕉会 医療ポータル(亀田メディカルセンター)

■腸をきれいにしてから検査をする

洗浄液(下剤)1リットルを1時間かけて飲用してもらい、その後500ミリリットルのお水(またはお茶・麦茶(糖分なし)・紅茶(糖分なし)でも可能)を飲用していただきトイレに通って頂きます。
腸管内がきれいになったら検査開始になります。洗浄液は便を洗い流す作用がありますので、下痢の時の排便と同様の状態です。にごった便が薄い黄色、または透明になりましたら検査可能です。
引用元:大腸内視鏡検査(CF)ってどんな検査? | 医療法人鉄蕉会 医療ポータル(亀田メディカルセンター)

■大腸がんの確定診断に必要

どの検査で異常所見があった場合でも必ず、精密検査として「大腸内視鏡検査」が必要になります。つまり、大腸がんの確定診断をするためには大腸内視鏡検査が必須となるのです。 引用元:大腸がん検診の内視鏡検査|ほかの検査との違いや重要性について | 人間ドックなび

■40代以上におすすめ

大腸がんは、男女ともに40歳を過ぎると発症リスクが高まってきます。とくに女性の大腸がん死亡数・罹患数は、がん疾患のなかで1位・2位(男性は共に3位)と非常に多いため、気になる症状がなくても早めに受診しておくことが大腸がんの早期発見につながります。 引用元:大腸がん検診の内視鏡検査|ほかの検査との違いや重要性について | 人間ドックなび

名古屋で大腸内視鏡検査の実績が豊富なクリニック

名古屋エリアで大腸内視鏡検査を行っている、評判の良いクリニックを紹介します。

■西山団地内科胃腸科

大腸内視鏡検査歴25年の元院長の技術を継いだ息子2名が検査を担当 引用元:大腸内視鏡検査を行う名古屋の医療施設を技術力で比較

■ばんのクリニック

大腸カメラの実施時に、患者さんからのご希望があれば、鎮静剤を使用することも可能であり、検査にご不安のある患者さんにもご対応されています。検査にてポリープ等が発見されれば小さなものであれば、日帰りで大腸ポリープ切除(事前事後に通院していただく可能性がございます。)が行えるようにもされているので、とても便利な内科医院となっています。 引用元:【2020年】名古屋市の内視鏡検査♪おすすめしたい8医院 - 身近でやさしい医療メディア

■おおいわ消化器クリニック

おおいわ消化器クリニックで行う胃の内視鏡検査と大腸の内視鏡検査は、両方とも同日に実施することができます。そのため、食欲不振や胸やけ、体重減少、腹痛、血便などといった症状にお悩みで検査を受けたいが、お仕事などが忙しくなかなか頻回には受診できないという患者さんにもおすすめできる内視鏡検査医院となっています。 引用元:【2020年】名古屋市の内視鏡検査♪おすすめしたい8医院 - 身近でやさしい医療メディア

■もりかわファミリークリニック

当院では原則「軸保持短縮法」という方法で検査を行います。これは個人個人で異なる走行をしている大腸に丁寧に内視鏡を合わせ、腸管を無理に押さず、畳み込むような操作を行い、お腹に負担をかけずに検査を進めていく方法です。当院では無理やり押して内視鏡を進めるという操作はしませんので痛み止めの薬が必要な痛みは原則ないと思います。 引用元:苦痛の少ない大腸内視鏡カメラ|名古屋市緑区のもりかわファミリークリニック

大腸内視鏡検査で分かる病気とは?

実際に、大腸内視鏡検査でわかる病気には何があるのでしょうか。

■大腸がん

早期の大腸がんを見つけるためには、定期的な下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)が不可欠です。カメラ検査はバリウム検査と異なり、粘膜を直接観察できるため、早期の大腸がんやポリープをより見つけることができます。さらに、カメラ検査では早期大腸がんやポリープを発見したら、その場で切除することも可能です。 引用元:大腸カメラでわかる病気 | 内視鏡・堺【ましも内科・眼科クリニック】胃カメラ・大腸カメラ

■大腸メラノーシス

大腸粘膜が黒く色素沈着している状態です。大半がセンナを含む刺激性便秘薬の常用によって起こります。自覚症状はなく、大腸内視鏡検査ではじめて発見できます。刺激性下剤は大腸の粘膜の色の変化だけでなく、長期間使用により薬剤耐性ができ、便秘薬の効果が低下するため多量に内服している場合が多いです。現在、新しい便秘薬も開発されており、便秘薬の変更や見直しが必要です。 引用元:大腸カメラでわかる病気 | 内視鏡・堺【ましも内科・眼科クリニック】胃カメラ・大腸カメラ

■大腸憩室症

大腸憩室とは、大腸の壁の一部が袋状に突出したものです。大腸カメラでは便が挟まっているのが観察されます。便秘などや加齢が原因と考えられています。症状がなければ、経過観察で構いませんが下血(憩室出血)や腹痛(憩室炎)があれば治療の対象になります。緊急手術が必要となる急性虫垂炎と症状が似ていることもあり注意が必要です。 引用元:大腸カメラでわかる主な病気 | さくら内視鏡クリニック

健康のためにも大腸内視鏡検査を受けておこう

大腸がんをはじめ、自覚症状がないまま進行してしまう病気を発見できるのが大腸内視鏡検査です。
健康であっても、体調に変化を感じたり40歳を過ぎたりしたら大腸内視鏡検査を受けてみましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING