脂肪燃焼系ダイエット成分「L-カルニチン」が気になる!

脂肪燃焼系ダイエット成分「L-カルニチン」が気になる!画像

脂肪燃焼系ダイエット成分「L-カルニチン」。食生活を変えていないのに太りやすくなったという人は注目してほしい成分です。

myu 899 views 2016年3月17日

L-カルニチンとは?

出典元:www.amazon.co.jp

L-カルニチンは、エネルギーをつくり出し、体内に溜まりやすい脂肪の燃焼を助けてくれるアミノ酸の一種です。
主に肉類に含まれている成分で、L-カルニチンが体内に豊富にあると、余分な脂肪が燃焼され、太りにくい体をつくることができます。 引用元:わかさ生活

体内のL-カルニチンは、加齢とともに減少してしまいます。
食生活が変わっていないのに、年々太りやすくなってしまうのは、筋肉の減少なども原因のひとつですが、L-カルニチンが不足しているからかもしれません。 引用元:わかさ生活

脂肪燃焼のメカニズムを知っておこう

肉や食用油など、食事で食べた「脂肪」は食後少しずつ燃やされ4~6時間後に燃焼のピークを迎えます。

出典元:www.l-carnitine.jp

L-カルニチンは脂肪燃焼をサポートする強力な助っ人!

L-カルニチンが十分体内にあると、L-カルニチンは食べた「脂肪」の燃焼を促進することが報告されています(1)。言い換えると、より多くの脂肪が燃やされるため「蓄積」される脂肪が少なくなるといえます。

出典元:www.l-carnitine.jp

+運動で燃焼体質をつくれる!

スポーツをしない人に比べスポーツをしながらL-カルニチンを摂取する人の方が「体内でL-カルニチンがより働きやすい体質になり脂肪燃焼も促進されやすくなる」ことが示唆されています。

出典元:www.l-carnitine.jp

L-カルニチンはアミノ酸の一種なので、比較的短時間で吸収され体に行きわたると考えられます。サプリメントを利用する場合、運動開始の30~60分前に摂っておけば、運動中に体内で働いてくれそうです。 引用元:脂肪燃焼補助成分:L-カルニチン

L-カルニチンのサプリを飲むだけで痩せるなんてことはないようですが、脂肪燃焼をさらにアップさせるにはマストな成分なんです。

L-カルニチンを豊富に含むのは羊肉(マトン)

できれば、毎日の食事に取り入れることができればベストですが難しい場合は、サプリメントやゼリーなどの補助栄養食品を取り入れてみてはいかがでしょうか?

出典元:gnavi.joy.ne.jp

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING