ほうれい線を改善する方法を紹介

歳をとるにつれて深くなっていくほうれい線を改善する方法を紹介していきます。

yuri 195 views 2018年3月13日

ほうれい線の解消方法について

出典元:lar-japan.com

歳を重ねるにつれて濃くなってしまうほうれい線。このページではそんなほうれい線の改善方法をピックアップしてきます。ぜひほうれい線で悩んでいる方は参考にしてください。

ほうれい線ができる原因って?

浅いほうれい線ができる原因は「表情のクセ」や「肌表面の乾燥」、そして「むくみ」であるといわれています。1本の線のように見えるのが特徴で、表情のクセなどによりシワが線のように定着し、ほうれい線ができてしまうのです。 引用元:ほうれい線の原因と解消法

普段からのケアが影響してくるようです。

ほうれい線を改善する方法リスト

ほうれい線に効果的な具体的な方法を紹介していきます。

口周りのエクササイズ・体操

【ほうれい線】簡単1日1分でほうれい線解消する方法

短時間でできるのでお風呂に入りながら、料理をしながらとどこでもできるでしょう。

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=NCc7UpjMaOY

美容外科施術を受ける

美容外科ではほうれい線を改善するための治療をいくつか用意。ほうれい線のタイプによって医師が治療法を提案してくれるので、短期間でほうれい線を改善していきたいと思っている人にはピッタリです。

①ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射はプチ整形の代表格として、かなり日本でも浸透してきた施術です。メスで切ったり皮膚の下に糸を埋めたりする治療法と比較すると、薬剤を注射するだけの施術なので心理的にも費用的にも負担が少ないという特徴があります。

フェイスリフトやレーザー治療、ボトックス注射などどの治療法とも相性がよく、ヒアルロン酸注射とほかの施術を組み合わせて行なうケースも多いのだとか。ヒアルロン酸の薬剤には柔らかいタイプのものと硬いタイプのもの、美容液成分が配合されているもの、非動物性由来のものなどいろいろな種類があり、治療する部位や肌質などに合わせて使い分けます。 引用元:ほうれい線対策委員会

②金の糸

金の糸は、究極の若返り医療の施術としてロシアなどヨーロッパを中心に人気の治療法です。メスを一切使わず、髪の毛と同じくらいの細さ(直径0.1mm)の純金製繊維(糸)をシワやたるみの気になる部分の皮膚下に入れます。

手術後ダウンタイムが2週間から1ヵ月と少し長く、効果が実感できるのも施術してから1ヵ月くらい経ってから。埋め込まれた金の糸の周りにコラーゲンが集まり、新しい毛細血管が生まれて肌細胞が再生。24時間365日エステを受けているような効果が得られるといわれています。治療費は高いですが、効果が10~15年持続する治療法なので、1年単位で考えるとコスパはいいのかもしれません。 引用元:ほうれい線対策委員会

これ以上にも受けれる施術はあるので、専門知識がある医師に相談しながら自分に合った治療を選ぶようにしましょう。

サプリを利用する

ほうれい線は肌のハリが無くなってできてしまうもの。そのため肌にハリを戻すことである程度、ほうれい線を薄くすることが見込めます。主な成分として以下の成分が挙げられます。

ビタミンC誘導体

美白作用や抗酸化作用に優れた成分「ビタミンC」を肌に浸透しやすいように改良し安定化させた成分。色素沈着を防いだり、新陳代謝を促進するなど、さまざまな美容効果がある。 引用元:ほうれい線を消す方法。割り箸エクササイズ、スキンケア、ツボで対策

エラスチン

皮膚にも存在するタンパク質の一種でゴムのように伸縮性のある成分。コラーゲンを支え、肌のハリや弾力を保つ。 引用元:ほうれい線を消す方法。割り箸エクササイズ、スキンケア、ツボで対策

最後に…

ほうれい線を改善する方法はいくつかあります。そのときに重要になってくるのは「治療期間」。短期間でパパッと治したいのか、長期にかけてちょっとずつ治していくのかのどちらか。自分の用途に合わせて改善方法を選ぶといいでしょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING