知らない人は絶対損してる!? 「睡眠」はコスパ抜群なスキンケア方法だった!!

知らない人は絶対損してる!? 「睡眠」はコスパ抜群なスキンケア方法だった!!画像

女性が抱える永遠のテーマ「美肌」。
「どうせ高額な化粧品を使ったり高級エステに通い続けないとだめなんでしょ?」
そんな風にお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、全然そんなことはないんです。
実は高級化粧品やエステに負けない、コストゼロで始められる最高のスキンケアがあることご存知ですか。
今回は、そんなコスパ抜群の最高のスキンケアである「睡眠」についてまとめてみました。

なゆ 4486 views 2017年3月20日

睡眠と肌の重要な関係

私たちのお肌では、眠っている間に「ターンオーバー」が起こっています。
お肌の奥で生まれた細胞は、少しずつ上に押し上げられていき、約4週間かけて一番上までたどり着くと、役目を終えて剥がれ落ちます。

ターンオーバーにおいて重要な役割をするのが、「成長ホルモン」。私たちの体では、この成長ホルモンが脳から分泌されることで、お肌に「ターンオーバー開始!!」というスイッチが入るのです。

様々な研究から、この成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されることが知られています。つまり、寝ている間にお肌のターンオーバーが起こり、私たちのお肌は日々新しく生まれ変わっているのです。 引用元:睡眠とお肌の関係 第1話 熟睡するとお肌が生まれ変わる?|基礎化粧品ドモホルンリンクル

なるほど、だから睡眠が美肌には大事って言われるんですね。

ターンオーバーのメカニズム

熟睡できない日が続いた場合に肌に起こる悪影響とは

まず体内のホルモンバランスが崩れることで、美肌ホルモンとも言える女性ホルモン量が低下し、肌の乾燥やハリの低下を招きます。
同時にターンオーバーを促す成長ホルモンも低下しているため、お肌のダメージが修復されないままどんどん蓄積され、結果シミやシワになってしまう恐れも。

出典元:irorio.jp

睡眠は量よりも質を優先させよう

睡眠の深さと時間経過をグラフ化すると、上記のような深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)の繰り返しで成り立っていることがわかります。
成長ホルモンが最も出るのは眠り始めの始めの3時間程までの深い眠りの時で、実際に肌細胞の修復が行なわれるのはその後の3時間ということが知られています。
したがって美肌の為には最低でも毎日6時間の睡眠が必要となるんです。

忙しい社会人の為の美肌になる睡眠方法

睡眠は美肌つくりにおいて欠かせないモノですが、忙しい社会人にとって睡眠時間を確保することは簡単ではありません。
「何時間寝よう」などと、睡眠時間を意識しすぎると、かえって寝付けなくなり本末転倒状態になりかねませんので注意が必要です。

熟睡するためのポイント

その1:入ってくる情報で脳が活性化してしまい、眠れなくなるため、寝る前の携帯電話のチェックは控える。


その2:寝る前にぬるま湯を張った湯船につかり身体をリラックスさせる。


その3:寝る前は色々考えずにぼんやりする。

出典元:sualog.com

いかがでしたか。

今回紹介したのは、誰でもすぐに実行できる簡単なものばかりです。
「睡眠」という人間に元々備わっている美肌を生み出す機能を活用して、誰もが羨む最高の肌コンディションで毎日を過ごしてみませんか。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING