ナッツに秘められた健康・美容効果まとめ

ナッツに秘められた健康・美容効果まとめ画像

出典元:www.satofull.jp

アーモンドやカシューナッツ等のナッツ類の健康・美容効果をまとめました。

chisa 189 views 2018年4月25日

ナッツ類に秘められたパワーとは


ナッツは良質な「総合栄養源」 ナッツ類は、いろいろな種類の栄養素が豊富に混じった植物性食品です。 それは、種子植物として発芽し幼植物期の発育に必要な栄養分を蓄えている為で、それらはバランスのとれた成分で栄養価は高いものです。 引用元:ナッツは美容と健康におすすめ! - 落花生・ナッツ類の通販ショップ|豆のいけのべ

 

アーモンド

ビタミンE
100g中に31.4mg含まれており、全粒の穀物やナッツ類を含め、丸ごと食べられる食品の中で一番の含有量です。

ミネラル
必須栄養素のミネラルが多く含まれています。特に含有量が多いのは、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、マンガンの6種類です。

不飽和脂肪酸
アーモンドの脂質のほとんどは不飽和脂肪酸で構成されています。この油は「体にいい油」で、健康・美容に役立ちます。

食物繊維
100g中に10.1g含まれています。食物繊維の豊富な食品として知られるごぼうと比べても、なんと倍近い量です。 引用元:「アーモンド」の効果がすごい。1日25粒でやせる、きれいになる! - macaroni

ナッツの中でもポピュラーな部類に入るアーモンドは、ビタミンEが豊富に含まれています。

特に抗酸化作用が強いので、お肌や血管の老化を防いでくれるでしょう。

お肌の老化を防止することでシワやほうれい線の予防が期待できますよ。

カシューナッツ

出典元:ryoko-club.com

カシューナッツの栄養価
成分名 可食部100gあたり
エネルギー 553kcal
たんぱく質 18.22g
脂質 43.85g
炭水化物 30.19g
ビタミンE 0.9mg
食物繊維 3.3g
ビタミンB2 0.058g
カルシウム 37mg 引用元:カシューナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方 | ナッツ専門ページ | ピントル

カシューナッツには意外にも食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は腸内環境を整える働きがあるので、

栄養成分を吸収する力を高めて、健康・美容効果に働きかけます。

市販されているカシューナッツは塩味の付いているものもありますが、日常的に摂取するなら、味の付いていない素焼きタイプのものをおすすめします。

マカダミアナッツ

出典元:www.6balace.com

マカダミアナッツと言えば、ハワイのお土産として定番ですが、実はマカダミアナッツはオーストラリア原産の植物です。

その歴史は古く、オーストラリアの原住民だったアボリジニがごちそうとして食べていた実がマカダミアナッツとして今日まで愛され続けています。

一般的に市販されているマカダミアナッツには、殻付きのものは少ないですが、収穫されたときのマカダミアナッツは、世界で一番硬い殻に覆われているため、殻割り器を使用しないと割ることは難しいです 引用元:http://australian-macadamias.jp/column/%E5%81%A5%E

1日に必要なビタミンB1の1/3 – 食べ物からエネルギーを吸収し、心臓と神経系が通常機能するために重要なビタミン
1日に必要なマンガンの1/4 – 抗酸化作用、骨の健康、そして通常代謝のために重要な微量元素
1日に必要なマグネシウムの12% – 電解質のバランス、神経と筋肉の機能、そして骨強度維持のために必要
1日に必要な鉄分の9% – 健康な血液とエネルギーレベルのために必要
1日に必要なナイアシンの8% – 神経系の健康、食べ物からのエネルギー吸収、肌の健康状態の向上のために必要
1日に必要な銅の8% – 抗酸化作用、免疫システムの機能、そして肌と髪の毛の健康状態向上のために必要 引用元: マカダミアナッツの栄養成分 | オーストラリア・マカダミア協会

海外からのお土産として人気のマカダミアナッツは、ミネラル成分が豊富なナッツです。

血管の調子を整えてくれるミネラル成分は、
・マグネシウム
・カルシウム
・カリウム
・ケイ素
等をまとめた総称です。

体に吸収されない脂質で構成されているので、カロリー数を気にしなくてもいいかもしれません。

最近では健康食の食材の1つとして、マカダミアオイルなども商品展開されています。

ナッツは多彩な健康成分を持っている

コチラで紹介したナッツ以外にも数多くのナッツがあり、そのどれもが健康に有用な成分を保持しています。

・味気ない

・ニキビが気になる

・カロリーが気になる

このような不安を持っている方もいるでしょう。

ナッツ類には上記の3種類の油が含まれてはいるのですが、もっとも含まれている割合が多いのがオメガ9系脂肪酸です。

しかしオメガ脂肪酸の中で優秀な効能を持っているのはオメガ3系脂肪酸です。
そしてオメガ3もオメガ6も多く含まれているのは「くるみ」です。

あとで説明しますが、くるみは質の良い油を含んでいるのですが、高カロリーですから大量にとると肥満につながるので注意が必要なのです。 引用元:ナッツ油の効果効能|ナッツの種類と体にいい食べ方 | 健康のための情報と身体にいい食品|カラダスタイル

ナッツには脂肪酸の中でも特に上質な脂肪酸が含まれています。

これらは肥満に直結しづらい脂質になっているので、朝食や小腹が空いたときに

摂取してみると良いでしょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING