たっぷり寝ると痩せるって本当?仕事も一緒に成功させるには毎日○時間寝るだけ!

たっぷり寝ると痩せるって本当?仕事も一緒に成功させるには毎日○時間寝るだけ!画像

毎日仕事で忙しくて、体はヘトヘト、ストレスが溜まりまくって、ついガーッと食べまくって、太ってしまう、これはもう悪循環を繰り返しているだけ。しっかり眠れたら仕事もバリバリこなせるし、間食も減るから痩せられるのにって思いますよね。実は、この2つを解消する方法は「たっぷり睡眠すること」にあったんです!

Walker31 50 views 2018年4月25日

寝不足の人は、よく眠る人よりも太りやすい!?

みなさんの普段の睡眠時間ってどれくらいですか?

世界的に見ると日本人の睡眠時間は最も短いとされています。
厚生労働省健康局の調査では、日本の成人の睡眠時間は6~8時間という方が6割という結果が出ており、一般的にはこの睡眠時間が標準とされています。 引用元:社会人の睡眠時間は平均どれくらい?学生時代との違い - 履歴書Do

結構、睡眠をとっている方が多いように見えるけど・・・

睡眠時間って人それぞれで、3~4時間の方から毎日10時間以上という方までさまざまです。 引用元:睡眠時間の平均は?適切な時間で睡眠不足を解消。昼間の睡魔を撃退! | お役立ちズム

スッキリと目覚めることができて、日中身体の重だるさや眠気がなく、ぐっすり眠ったという満足感が得られる
引用元:理想の睡眠とは?睡眠時間より大事な4つのポイント - YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

これが理想的な睡眠なんです。

でも最近は、寝るギリギリまでスマホをいじったり、夜更かししたりで十分に睡眠がとれていない方が増えています。
それって、肌にも悪いし、体の疲れも取れません。

最近では、睡眠不足が原因で「太りやすい体質になる」らしいんです!

しかも、睡眠不足はダイエットだけじゃなく、美容にも悪影響なんです。

特に目の下のクマは、睡眠不足でできてしまうので、厄介もの・・・。

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のクマやたるみは、隠したいと思っても、メイクやエステで隠すのは限界があります。
引用元:目の下のクマたるみ治療 美容クリニック徹底解剖!~あなたに合った施術法が見つかる~

睡眠不足で太る原因

睡眠不足が太る理由は、主に2つの理由が挙げられます。

①摂取カロリーの増加を招く
②消費カロリーが低下する

何故摂取カロリーや消費カロリーに変化が起きるのかというと、睡眠不足により食欲をコントロールするホルモンの分泌異常が起こるからです。 引用元:睡眠不足が太る理由5つ

受験生のとき夜中に食べるラーメンが美味しかった記憶はありませんか?
その時に食べていたラーメンってもし寝ていたら食べる必要がなかったものですよね。
睡眠をとらずにいると、夜の食事量が増えてしまい食欲を増進させるグレリンというホルモンが出てしまうのです。 引用元:睡眠不足は太りやすい!原因は何?【時間を見て回避】 | ダイエットブックBIZ

グレリンは、食欲を高めて成長ホルモンの分泌を刺激する作用があります。
このグレリンは、睡眠の質が悪くなることで分泌が増えていき、その結果、食欲が増えて太りやすい体質になるのだそうです。 引用元:太る原因は睡眠不足だった!睡眠力を身につけて痩せ体質になろう! | 美BEAUTE(ビボーテ)

これを考えると、睡眠不足はダイエットの天敵ともいえますね。

太りやすい人の睡眠は5時間以下

太りやすいと言われている睡眠時間とは・・・?

アメリカの名門コロンビア大学が約1万8000人対象に調べた研究では、平均睡眠時間が7時間のグループを基準にして、6時間だと23%、5時間だと50%、そして4時間以下だと73%も肥満になる確率が高くなる、という結果が出ました。 引用元:4時間と7時間睡眠、どっちが太る?:日経ウーマンオンライン【ダイエットにいいのはどっち?】

睡眠の長さと、食欲をコントロールするホルモンのバランスが関係しているということ。
どういうことかというと、「睡眠時間が短くなる」=「起きている時間が長くなる」ということなので、体はグレリンを増やしレプチンを減らすことで私たちに食べ物を食べるよう促し、長くなった活動時間に必要なエネルギーを確保しようとするのです。 引用元:「寝不足の人」が太りやすくなる3つのワケ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

成長ホルモンが痩せやすい体にしてくれる

成長ホルモンが分泌されやすくなると、脂肪が蓄積されにくい体になると言われているんです。

よく美肌のためにもダイエットのためにも夜の10:00~2:00は寝ている方がいいと聞きませんか?
実はこの時間が成長ホルモンの分泌が多くなると言われています。 引用元:ダイエットに必要不可欠!成長ホルモンが分泌される時間とは!?

成長ホルモンにはアンチエイジング効果があるので、しっかり眠れば肌の若返りも可能。
さらに、睡眠は食欲とも深く関わっているといいます。
「シカゴ大学の実験で、しっかり眠った人の体内にはレプチンというホルモンが増え、ムダな食欲を抑えてくれることが明らかになりました。 引用元:しっかり眠れば脂肪がどんどん燃える!寝るだけダイエット7つのルール|

必要な睡眠時間をとっている人は、自然と痩せやすい体づくりをしているということなんです。

具体的には最初の90分間で発生する徐波睡眠(もっとも深い睡眠)状態の時に分泌量が多くなりますので、できる限り最初のほうでしっかり眠れるのかがカギになるのです。

この90分を含めて最初の3時間が大切になってきますので、現代医学では「睡眠の最初の3時間を深く眠る」ことが大切と考えられるようになってきました。 引用元:成長ホルモンはダイエット効果に大きく影響!分泌には筋トレ? | ダイエットメニュー

ダイエットに良いのは7~8時間の睡眠

特別な運動や食事制限などは一切行わず、質の良い睡眠を毎日7時間半~8時間とるだけで痩せるという、なんとも夢のようなダイエット方法、それが睡眠でダイエットです。 引用元:睡眠にダイエット効果?【時間帯で痩せホルモン分泌!】 | ダイエットブックBIZ

寝ている時間は当然ながら食事をしませんから、5時間しか寝ない人よりも8時間寝る人の方がお腹にものを入れない時間が長くなるということです。

しかも、夕食を終えてからすぐに寝るわけではありませんよね。20時に夕食をとり23時に就寝、7時に起床して朝食をとるとすれば、11時間のプチ断食になります。 引用元:睡眠時間が長いと痩せる?きちんと眠れば効果大の睡眠ダイエット | 女性の美学

ダイエットだけじゃない!仕事の効率UPにもなる

厳しいダイエットをするのが辛い・・・そう思ったら、睡眠ダイエットを始めてみませんか?
睡眠不足にならないし、美肌効果にもピッタリです♪

さらに、しっかり眠ることで頭の中もスッキリ!
仕事の効率もアップします。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING