ヒゲ脱毛をする前に知っておきたい知識と費用面

ヒゲ脱毛をする前に知っておきたい知識と費用面画像

これからヒゲ脱毛に挑戦してみたい方もいるでしょう。しかしヒゲ脱毛を経験した方のなかには、後で失敗してしまう方もいるのです。ヒゲ脱毛をする前にチェックしておきたい知識と費用について紹介します。

由衣 225 views 2018年5月21日

ヒゲ脱毛前に知っておきたい知識

ヒゲ脱毛をする前に知っておきたい知識とはどんなことなのでしょうか?
まずはヒゲ脱毛の施術方法から確認しておいてください。

ニードル、医療レーザー、フラッシュ、大きく分けて3つの脱毛手段があります。 引用元:脱毛の種類を理解せよ

エステで行っているのは大きく分けて2つ。ニードル脱毛とフラッシュ脱毛。 引用元:脱毛の種類を理解せよ

クリニックや美容外科・皮膚科などの場合は、医療機関でしか扱えない高度な機器が使用可能なため、より強力な脱毛処置が可能です。

その代表格といえるのが、「医療レーザー脱毛」。 引用元:ヒゲ脱毛の4つの種類と方法を解説

脱毛効果の高さならエステで利用できるニードルや、医療機関での医療レーザーを選びましょう。
肌へのやさしさを重視する方は、エステの光脱毛を選ぶ方が多いようです。

ヒゲは毛が濃いため、脱毛の際に痛みが強くなる傾向があります。
それぞれの施術ごとの痛みの度合いもチェックしておきましょう。

光脱毛は痛みが1番少ない 脱毛法です。
わたしがヒゲを光脱毛した時は、ヒリッと熱を帯びるような感覚でした。 引用元:ヒゲ(髭)の光脱毛まとめ!フラッシュ脱毛の特徴を強みと弱みに分けて解説 | メンズ脱毛ならイケ肌男子計画

医療用レーザーは瞬間的に発する熱の出力が非常に高いため、比較的強い痛みを感じると言われています。 引用元:ヒゲ脱毛って痛すぎッ!【痛み・効果・麻酔・料金】の疑問21個を徹底解決 | だつもふ

ニードル脱毛は120年以上前から存在する脱毛方法ですが、針に電流が流れる時に強い痛みを感じると言われています。 引用元:ヒゲ脱毛って痛すぎッ!【痛み・効果・麻酔・料金】の疑問21個を徹底解決 | だつもふ

痛みの度合いでいえば光脱毛が一番痛みが少なく、次に医療レーザー脱毛、最後にニードル脱毛です。
医療行為がおこなえるクリニックでは、麻酔が使えるとろこもあるため、痛みは軽減できます。

医療脱毛の痛みを軽減するために使われる主な麻酔としては、笑気麻酔(しょうきますい)、麻酔クリーム、麻酔テープの3つがあり、痛みが強いといわれる男性のヒゲ脱毛では、静脈麻酔なども選べる場合があります。 引用元:脱毛の痛みが怖い方へ 医療脱毛ならば4つの麻酔で対策可能

痛みを完全に取除く目的で使われるのではなく、気持ちをリラックスさせて不安感をなくすことによって痛みも感じにくくなる、そういうものだと捉えておくとよいでしょう。 引用元:脱毛の痛みが怖い方へ 医療脱毛ならば4つの麻酔で対策可能

ヒゲ脱毛で痛みが怖い方は、痛みが弱いほうがいいと思ってしまいますが、痛みと効果は比例しているため、しっかり効果を実感したい方はニードルか医療用レーザーを選ぶ必要があります。

ヒゲ脱毛が危険だと言う意見の中に多いのが、「事前に知らされていた費用とは別に追加費用が発生した」とか「永久脱毛のはずが脱毛後もボウボウに生えてくる」といった体験談です。 引用元:ヒゲ脱毛で後悔する男性の特徴や理由とは?

そもそも、「医師免許の無いサロンスタッフが永久脱毛行為を行うことは禁止されている」という常識すら知らないままサロンの勧誘に乗せられてクレームをつけるケースも多いようです。 引用元:ヒゲ脱毛で後悔する男性の特徴や理由とは?

ヒゲ脱毛は部位によっても痛みの度合いが変わってくるため確認しておきましょう。

ヒゲが濃い方の場合、最も密集しやすいのが「鼻の下」。皮膚も柔らかい部分なので、中には涙が出るほど痛い!という方もいるようです。ただし、照射する範囲が小さいため、ずっとヒリヒリするような部位ではないとのこと。 引用元:ヒゲ脱毛はどのくらい痛い?

続いては、アゴの中でも特に「口の下」に当たる部分。ここもヒゲが濃くなりがちですし、照射範囲が広く施術時間が長い分、こっちの方が辛いという方もいるほど。 引用元:ヒゲ脱毛はどのくらい痛い?

ヒゲ脱毛を安くすませたい場合

ヒゲは毛が濃く回数が多くなってしまう人もいるため、価格は事前にチェックしておきましょう。
できるだけ安い費用で施術してもらうためには、次のようなポイントがあります。

回数が多いコースや無制限プランなどを検討してみると良い 引用元:ヒゲ脱毛の一般的な費用相場について

学生だけの特権ですが、学割を用意しているところもあります。



代表的な例としては、リンクスの学割脱毛です。 引用元:安くヒゲ脱毛をするための方法

ヒゲ脱毛には、クリニックのレーザー脱毛とサロンの光脱毛、ニードル脱毛がありますが、一番安くおさまるのがレーザー脱毛です。 引用元:ヒゲ脱毛の費用を徹底解説|髭脱毛で損をしないための全知識

総合的に効果と価格のバランスが整っているのが、医療用レーザー脱毛だといえそうです。
単価が少し高く感じても、照射回数が少なくなれば費用は下がります。

もっとも効果があるのは

ヒゲがかなり濃い方や、量が多い方は、効果を確実に得たいと考えるでしょう。
最も効果が期待できるの施術方法とは何なのでしょうか?

医療レーザー脱毛でヒゲを脱毛した場合、10年後もヒゲの生えないツルツルを持続します。

ただし、鼻下やアゴなど元々ヒゲの濃かった部分にうぶ毛レベルのヒゲが生える可能性があります。 引用元:【ヒゲ脱毛の10年後】ツルツルにしたヒゲは二度と生えてこないのか? | ヒゲ脱毛計画

美容電気脱毛でヒゲを脱毛した場合、10年後もヒゲが生えることはありません。
鼻下・アゴ・ほほ、全ての部位でツルツルの肌をキープできます。 引用元:【ヒゲ脱毛の10年後】ツルツルにしたヒゲは二度と生えてこないのか? | ヒゲ脱毛計画

確実に効果を得たい方に人気があるのがニードル脱毛です。
ただし痛みは一番強くなり、価格も高くなりやすいため、効果だけで比較しないようにしましょう。

ヒゲ脱毛は人によって通う回数が異なる

注意したいのがヒゲ脱毛を完了する回数は、人によって違うということです。

引用元:https://twitter.com/flying_hatosan/status/995546487932174337

引用元:https://twitter.com/dorawo212/status/995340973373702144

引用元:https://twitter.com/isaki_love/status/994461952821755913

ヒゲ脱毛を考えている方は知識をつけておこう

ヒゲ脱毛で失敗しないためには、消費者の方もある程度の情報収集は必要です。
紹介した内容をもとに、いろいろと比較してみてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING