彼氏、旦那が薄くなってきた??

彼氏、旦那が薄くなってきた??画像

彼氏や旦那の頭皮に危険が及んでいませんか?
言いにくくても食事や生活習慣で改善できる点もあるので紹介します。

bonbonzaka 542 views 2018年5月27日

彼氏や旦那の頭皮は大丈夫?

頭皮の悩みは本人も相当気にしていると思うし、気づいたとしてもかなり言いづらいですよね。。

でも、食事や生活習慣でも改善できることがあるので彼氏や旦那の頭皮改善にチャレンジしてみませんか?

育毛効果あり?ハゲ防止に良い食材

タンパク質

健康な髪を育てるためには良質なタンパク質を摂取することが大切です。タンパク質は主に動物性タンパク質と植物性タンパク質の2つに分けられます。両方とも重要な栄養素ですが、積極的に摂取したいのは植物性タンパク質です。
育毛には頭皮の血行を良くすることが大事ですが、動物性タンパク質を取りすぎると、脂肪分過多になって、頭皮の毛穴が詰まりやすくなります。
動物性と植物性、どちらかだけを取るのではなく、植物性タンパク質を中心にしながら適度に動物性タンパク質を取るようにするのが良いでしょう。
植物性タンパク質を多く含む食品としては、納豆や味噌、豆腐などの大豆製品、ピーナッツやゴマなどが有名です。

髪をつくっている主原料でもあるタンパク質。
動物性は毛穴のつまりをまねく油も多いので、できれば植物性がいいという感じです。

植物性の高タンパクは
納豆、豆腐、豆乳、などの豆製品や、ピーナッツやゴマなどなど。

ビタミンA、B2、B6、C、D、E

美容や健康に効果があるビタミンは、頭皮環境を整えるのにも役立ちます。ビタミンAは、頭皮の乾燥によるフケやかゆみを防ぎ、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。ほうれん草や人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
ビタミンB2は新陳代謝を活発にし、皮脂の過剰分泌を防ぐ働きがあります。ビタミンB6はアミノ酸の代謝に欠かすことのできない栄養素で、タンパク質の吸収をサポートします。ビタミンB2は牛乳や乳製品に多く、ビタミンB6は魚やナッツ類、バナナに豊富に含まれています。

また、ビタミンCは血行促進効果や頭皮環境を正常に保つ働きがあります。いちごやレモン、ブロッコリー、ピーマンなどに多く含まれます。ビタミンDは、毛母細胞を活性化させる効果のある栄養素です。イワシの丸干し、しらす干し、いくらなどの食品から摂取できます。ビタミンEは、高い血行促進効果があり、頭皮の老化を防いだり、抜け毛の原因である過酸化脂質を抑制したりします。ビタミンEを多く含む食品はアーモンドや魚介類、アボカドです。

必要なビタミンは
* ビタミンA
* ビタミンB2
* ビタミンB6
* ビタミンC
* ビタミンD
* ビタミンE

になります。

それぞれみていくと

* ビタミンA
ほうれん草や人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜

* ビタミンB2
牛乳や乳製品

* ビタミンB6
魚やナッツ類、バナナ

* ビタミンC
いちごやレモン、ブロッコリー、ピーマン

* ビタミンD
イワシの丸干し、しらす干し、いくら

* ビタミンE
アーモンドや魚介類、アボカド

結構漫勉なくとるひつようがありますね。

もし、好き嫌いの多い人であればマルチビタミンのサプリメントがオススメです。

亜鉛

ミネラルの一種である亜鉛は、体内に摂取したタンパク質から髪の毛を合成する際に必要な栄養素です。髪を作り出す毛母細胞を活性化するため、育毛には欠かすことができません。納豆やアーモンド、ゴマ、牡蠣などに多く含まれます。亜鉛は不足しがちな栄養素なので、意識して摂取しましょう。

納豆やアーモンド、ゴマ、牡蠣と中には高級食材もありますが、納豆やアーモンドは比較的低価格なので、これらの食品がオススメです。

逆に頭皮によくない食材は?

頭皮に悪い 刺激物

刺激物といえば香辛料系の辛い物が思い浮かびがちですが、コーヒーや紅茶なども刺激物といわれています。コーヒーに含まれるカフェインは、発毛を促進させる機能を持つ「アデノシン」を破壊するといわれています。1日に数回飲むくらいならよいのですが、過剰摂取は禁物です。またチョコレートなども実は刺激物です。チョコレートの糖分が皮脂の過剰分泌を促すことになってしまい、毛穴をつまらせてしまうので気をつけましょう。

案外身近なコーヒーやチョコレートなども実は刺激物。
すこし食べたり飲んだりするくらいは大丈夫ですが、過剰に取りすぎるのがNGということになります。

頭皮に悪い 脂肪分

動物性の脂を含んだ食べ物、肉なども食べ過ぎは注意しましょう。身体に必要なたんぱく質もありますので、食べないというわけにはいきませんが、過剰に油っぽいものは、注意しましょう。動物性脂肪の食べ物に関して、脂肪の過剰摂取という事で、毛穴をつまらせることになります。動物性脂肪は、血液中に悪玉コレステロールなどをためこむといわれ、これが毛根や毛根細胞に運ばれることになり、血液が老化を始めて、髪が抜けやすくなります。

また、ポテトチップスなどの加工食品もよくありません。油分が多く、血流を悪くし、発毛へ悪影響を与える食品添加物が多いとされるのがスナック菓子。まぎ もなく薄毛につながる要注意食品!スナック菓子は一度袋をあけるとすべて食べてしまうジャンクフード

肉やポテトチップスなどなど、スナック菓子と呼ばれるものもよくありません。
これ好きな人多いのではないでしょうか。

塩分

髪は血管が健康ではないと、発毛のための栄養素を運ぶことができず、抜け毛が起こるためです。塩分過多になると、血液をドロドロにしてしまうため、抜け毛を促進させてしまうといわれています。

ラーメンには大量の塩分が含まれています。
ラーメンが好きな男性はとても多いと思いますが、、要注意です。

高血圧に気をつけて欲しいといって控えてもらうのもありですね。

アルコール

お酒を飲むことで解毒する ために肝臓に負担をかけることです。あまり知られていないことですが、肝臓は髪に対して重要な臓器の一つであり、育毛環境を整えるたんぱく質をつくる臓器です。

お酒好きの男性も多いですよね。。
何事もほどほどが大事ですね。

まとめ

頭皮に悪い食べ物も、100%悪いというわけではなく過剰に取りすぎてはダメということでした。

なのでほどほどにして、まんべんなく食べていれば大丈夫ですね。

ダイエットも実は頭皮によくないので、本当に何事もやりすぎないことが大事です。

そして一番大事なのは睡眠なので、沢山睡眠の時間をとるなど要は健康的に生活できれば抜け毛のリスクは少なくなるということでした。
どんなに気をつけても遺伝的に抜ける時は抜けてしまうので、その場合はAGAのクリニックをすすめてみてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING