眉下切開の気になる料金とは?

眉下切開の気になる料金とは?画像

まぶたのたるみをとる目的として行われる「眉下切開」。そんな眉下切開の特徴と料金についてまとめました。加齢によるまぶたのたるみをなんとかしたい方、若い頃の目元に戻りたい方、必見です。

yasu79co 51 views 2018年6月6日

眉下切開とは?

「眉下切開」とは、眉毛の下縁に沿って皮膚を切開し、数mm~1cm程度の余分な皮膚を切り取ることでたるみを解消する方法です。 引用元:眉下切開とは?の疑問にお答え!

一度の手術で一気にたるみを取ることができ、さらにその効果は半永久的に持続します。

元々の目の形を変えることなく、たるみだけを自然に取り除けるのも大きな特徴です。 引用元:眉下切開とは?の疑問にお答え!

眉下切開は、整形して顔を変えるのではなく、「元々の美しさを取り戻す手術」です。そのため、まぶたのたるみをとりたいけど整形とばれたくないという方にもおすすめの方法です。

眉下切開のメリット

①たるみを一気に解消できる

眉下切開の大きなメリットのひとつに、“目の上のたるみを一気に解消できる”という点があります。 引用元:眉下切開のメリットを調査|眉下切開とは?

目の上のたるみをとる手術は他にもありますが、一度の手術で一気にたるみを解消できるのは、この眉下切開だけです。

②傷跡が目立ちにくい

「毛包斜切開」という切開法を取り入れている先生であれば、より傷が目立ちにくくなります。

この毛包除切開とは、眉毛の中から下側に向けて斜めに切開を行ない、毛根を切断する方法。この方法だと毛根を傷めなくて済むため、手術後に眉毛が生えてきます。つまり、生えてきたまゆ毛によって、より傷跡が目立たなくなるというわけです。 引用元:眉下切開のメリットを調査|眉下切開とは?

せっかく眉下切開の手術を受けるなら、この「毛包斜切開」ができる医師にお願いするのがおすすめです。

③自然な仕上がり

眉下切開は、一重の人が一重のままたるみだけとることができるというのも大きなメリットです。そのくらい自然に仕上がるため、整形したことがばれたくないという方にもおすすめの方法です。

眉下切開の料金

眉下切開の料金は、他の美容施術と同じようにクリニックよって大きな差がありますが、だいたい20万円前半~40万円弱くらいの間(両目)で設定されていることが多いようです。 引用元:気になる料金をチェック|眉下切開とは?

眉下切開の手術はいくつか種類があるため、それによっても料金が変わってきます。また、他の整形手術と併せて行う方もいるので、「眉下切開の料金」といっても幅広くなってしまいます。また、クリニックによってはキャンペーン価格やモニター価格を実施しているところもあるので、事前に調べてからカウンセリングに行くといいでしょう。

クリニックによっては、追加料金がかかる場合もあります。もともとの提示料金に、麻酔代や薬代、検査代などが含まれていない場合があるからです。そのため、カウンセリングの時点でしっかりと確認しておく必要があります。 引用元:気になる料金をチェック|眉下切開とは?

クリニックによって金額に大きな差が出る要因として大きいのが、「自由診療」ということです。美容外科の手術は自由診療のため、料金はクリニックが自分たちで決めることができます。そのため、「高いから良い治療を受けられる」と一概には言えません。自分に合った施術をしてもらえるか?、自分の望む効果が得られるか?ということを意識しながらクリニックを選ぶことが大切です。

クリニック選びは重要

眉下切開における失敗でとくに多いのが、皮膚の切除のし過ぎ。切れすぎてしまうとまぶたの形状が変わってしまい、不自然な印象の仕上がりになってしまいます。 引用元:眉下切開の失敗パターンをチェック|眉下切開とは?

また、傷跡が目立ってしまう失敗も多くあります。目立たない傷跡にするには、「斜め切開」ができる医師を選ぶことが大切です。
また、術前のカウンセリングも非常に大切です。カウンセリングで患者の希望やまぶたの状態をしっかりと把握し、その人に合った最適な施術を提案してくれる医師を選んでください。そして術後の効果、痛みやダウンタイムなどのリスクについてもしっかり説明してくれる医師を選びましょう。

目の上のたるみはどんな影響を及ぼすのか

まぶたのたるみの原因は加齢によるものだと思っている方も多いと思いますが、実はまぶたのたるみにも種類があるんです。

①筋肉がゆるむことによるたるみ

まぶたの開閉を行っている眼輪筋と呼ばれる筋肉が老化により正常に機能しなくなり、衰えてしまうことで、まぶたはたるんできます。 引用元:あなたのまぶた(目の上)はどのタイプ?まぶたのたるみの種類

この場合、皮膚が伸びてたるんでいる状態になるので、進行すると目の上がくぼんでしまい、表情まで変わってしまうのです。

②筋肉が切れることによるたるみ

目を開けたり閉じたりするための筋肉(眼瞼挙筋)が切れることで起こるたるみは、眼瞼下垂(がんけんかすい)という病気によるものかも知れません。 引用元:あなたのまぶた(目の上)はどのタイプ?まぶたのたるみの種類

この病気は、上まぶたが下がってしまい皮膚が目じりに被さり、目を開きにくくなってしまう病気です。先天性のものや老人性のもの、外傷性によるものなど、要因はさまざまです。そのため新生児から高齢者まで幅広い世代で起こる目の疾患です。
眼瞼下垂が進行してしまうと、疲労感、めまい、睡眠障害など、体にさまざまな異常をきたします。

③皮膚と筋肉が両方ゆるんでしまうことによるたるみ

私たち日本人は、一重の人が全体の7割います。そのため、皮膚も筋肉もたるみやすい人が多い傾向にあるのです。加齢や老化だけでなく、さまざまなことが要因となって目のたるみに繋がってしまいます。

まぶたのたるみをとるには眉下切開がおすすめ

目の上のたるみを解消する方法はいくつかありますが、一気に解消できる方法としては眉下切開がおすすめです。傷跡が目立ちにくく、腫れが少ないため切開術なのにダウンタイムが短いというメリットもあります。 引用元:眉下切開とは?手術の方法や手術中の痛みについて解説!

執刀するドクターの技術・経験によって仕上がりが大きく左右される手術でもあるので、クリニックを選ぶ際にはぜひ、経験豊富で技術力もあり、傷跡が目立ちにくい「毛包斜切開」ができる名医のいるクリニックを選ぶことをおすすめします。 引用元:眉下切開とは?手術の方法や手術中の痛みについて解説!

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING